骨董品・美術品、遺品整理の高価買取

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

店舗ブログ

  • TOP
  • 店舗ブログ
骨董、美術品、アンティーク、掛け軸、絵画、茶道具、貴金属、切手、美術品、小物、古銭など 全国で遺品整理・倉庫・蔵などの片付け・回収処分全国で高価買取を続けています。

福島県田村市 中国骨董品の買取り|唐時代の八花鏡|古美術骨董の高価買取!

2017.07.09kooriyama(中国骨董品)#古鏡#買取り#海獣葡萄鏡#八陵鏡#中国古玩

 

こんにちは、骨董品の買取り専門店「くらや郡山店」です。

 

こちらは唐時代の中国骨董品「伯牙弾琴八花鏡」になります。

 

「骨董品 買取り」でGoogle検索されたお客様からのご依頼で、出張買取にいったところ、先代お爺さんの骨董品コレクションを徐々に片付けるということでしたので、まずはこちらの「古鏡」の買取りとなりました。

 

「古鏡」とは??

 

中国では遠い昔の殷の時代(紀元前1,600年)後期から化粧道具として、また呪術道具として珍重されていたのが「銅鏡」で、いまでは「古鏡」と呼んでいます。

 

今回の品物は、中国の唐時代における鏡のひとつ

「伯牙彈琴八花鏡(はくがだんきんはっかきょう)」

です。

 

鋳銅製の円鏡の周りに、浅く8つの花びらのようにかたどられ、当時はこの種の鏡が愛好されていました。

 

日本でも、奈良・平安時代によく使われていた鏡です。

 

唐伯牙彈琴八花鏡の伯牙とは、中国における春秋時代の晋(紀元前11世紀 ~ 紀元前376年)の大名の家老で、伯雅とも呼ばれ古琴の名手でした。

 

伯牙と友人の鐘子期との故事は「伯牙絶絃」と伝えられ、この故事をもとにした画題がこの鏡の図柄になっています。

 

伯牙  高い山に登るような気持ちで琴を弾くと♪

鍾子期 「すばらしい!まるで切り立った泰山のようだ!」

 

伯牙  川の流れを思いめぐらしながら弾くと♪

鍾子期 「すばらしい!まるで果てしなく広がる長江か黄河のようだ!」

 

鐘子期は伯牙の演奏のよき理解者でした。

 

よき理解者がゆえに鍾子期が死ぬと、伯牙は聞かせる人がいない、琴を弾く意味なんてないと思い琴を壊してしまい、生涯琴に触れることはなかったそうです。

 

伯牙は竹を割ったような人柄のようにもみえますが、鍾子期との深い絆を感じさせられるお話です。

 

隋~唐時代につくられた鏡は,文様(人工的につくられた模様)がさまざまで種類も非常に豊富です。

 

様式はオリジナリティ性があり、絶品ものが数多く存在します。

 

鏡はおおむねしっかりとした厚みがあり、鏡の色は、白銅質で白銀色のものが多いですが、黒い褐色のものもあります。

 

鏡のサイズは直径20cmくらいが多いですが、下は10cm未満から上は50cm近くあるものまであります。

 

記載した写真は鏡の裏側にあたり、基本的にはこの裏側にさまざまな文様が施されています。

 

この鏡には、左のほうに琴を奏でる伯牙と机。右の方には羽を広げ羽ばたこうとする鳳凰の姿が鋳出されています。

 

銅鏡は高価買取りとなるものがあります!!

 

自宅に銅鏡などございませんか?

 

ひとくちに骨董品といっても様々なジャンルがあり、経過した時代だけをとってみても、1000年以上前のものからビンテージと言われる数十年前のものまで幅広い分野があります

 

「骨董品」の買取りには豊富な知識と経験が不可欠です!!

 

ご自宅に眠っている「これなんだろう??」とか、

「古く見えるものだけど価値はあるのかな??」、

といった疑問に「くらや郡山店」はお答え致します。

 

専門の鑑定士が古美術・骨董品の高価買取を致します。

 

 

↓↓ くらや郡山店はこちらです ↓↓

福島県で古美術・骨董品の高価買取!!はお任せ下さい!!

 

 

郡山市周辺から、須賀川市、会津若松市、喜多方市、福島市、伊達市、いわき市、相馬市、南相馬市、伊達郡桑折町、伊達郡国見町、伊達郡川俣町、安達郡大玉村、岩瀬郡、南会津郡、耶麻郡猪苗代町、耶麻郡磐梯町、耶麻郡西会津町、耶麻郡北塩原村、河沼郡、大沼郡、石川郡、二本松市、田村市、本宮市、田村郡三春町、田村郡小野町、白河市、などにお住いのお客様は出張買取りも対応しています!!

 

店舗: くらや 郡山店
住所: 福島県郡山店朝日2-1-16
電話: 024-953-7725
営業時間: 10:00~19:00

 

 

秋田県秋田市 古銭の高価買取り |寛永通宝、天保通宝、二朱判金、古南陵銀

2017.07.08akita(古銭)#買取り#寛永通宝#天保通宝#二朱板金#古南陵銀

 

こんにちは、秋田市大町の古銭買取り専門「くらや秋田店」です。

 

お客様が広告をご覧になってのご来店でした。

 

祖母がタンスの片付けをしていて出てきたものらしく、

「昔から家にあったものだと思いますが・・・」価値が全く分からず、捨ててしまうのも勿体ないということで、お持込下さいました。

 

紐でまとめてあるのが「穴銭」といわれる古銭です。

主に一文銭の「寛永通宝」が多いのですが、たまに「渡来銭」といわれる室町時代や江戸時代に中国から輸入した古銭も混ざっていることがあります。

 

楕円形の古銭は「天保通宝」で、こちらは江戸後期天保6年(1835年)から鋳造されたもので、百文(寛永通宝100枚)価値を認めた銭貨として流通していました。

 

他に「二朱判金」と「古南陵銀」といった金銀貨幣もあります。

 

お客様は「こんな汚い状態ですいませんね・・」と仰っていましたが、じつは古銭は出てきたそのままの状態の方が価値が損なわれません!!

 

古銭の中でも、金貨や銀貨は経年のクスみや変色が認められることがありますが、これは「トーン」と言って自然の経年変色で、かえって喜ばれています。

 

銅貨も同様に十円玉のように磨くとピカピカになりますが、それでは時代の古色もなくなり、全く魅力的ではなくなります。

 

「古銭」を磨いてしまうと価値は半減してしまいます!!

 

同様に「わら挿し」といって、画像の古銭のように藁紐などで纏めてある場合も、紐を切らずにそのままの方が高額買取りになります。

 

 

古銭収集が趣味の方のなかには、一枚一枚パッケージされている方もいらっしゃいますが、これはパッケージされたままの方が良い評価が期待できます。

 

実際に「せっかく買取りに出すので綺麗にしよう」と思ってらっしゃるお客様は多いので、査定・買取りに出す場合は、是非「そのままの状態」でお持ちになって下さい。

 

古銭の高価買取りには、豊富な知識と経験が必要です!!

 

「くらや秋田店」では専門の鑑定士が、古銭の査定買取りを行なっています。

 

美術品、骨董品、古銭、古切手など古物の買取りはお任せ下さい!

 

 

↓↓ くらや秋田店はこちらです ↓↓

秋田県秋田市で古銭の高価買取!!はお任せ下さい!!

 

 

秋田市周辺だけでなく、鹿角市、鹿角郡小坂町、大館市、北秋田市、北秋田市、北秋田郡上小阿仁村、能代市、山本郡三種町、山本郡八峰町、山本郡藤里町、男鹿市、南秋田郡五城目町、南秋田郡八郎潟町、潟上市、南秋田郡井川町、南秋田郡大潟村、由利本荘市、にかほ市、大仙市、仙北市、横手市、湯沢市、雄勝郡羽後町、雄勝郡東成瀬村、にお住いのお客からのお問い合わせもお待ちしております!!

 

店舗: くらや 秋田店
住所: 秋田県秋田市大町2-5-40
電話: 018-867-2220
営業時間:10:00~18:00

 

 

 

札幌市中央区 板垣退助100円札/千枚/赤帯|古銭・古紙幣の買取り強化中!!

2017.07.08sapporo(古紙幣)#買取り#100円札#古銭

 

こんにちは、古銭買取り専門「くらや札幌南店」です。

 

本日、お買取りをさせて頂きました「板垣退助100円札/千枚/赤帯」のご紹介をさせて頂きます。

 

この「板垣退助100円札/千枚/赤帯」はお客様のご実家が古くから海鮮問屋を営んでいて、建物の老朽化に伴い建て替えをする際に押し入れにあった「開かずの金庫」を開けたところ、出てきたそうです。

 

札束が出てくるなんて、大きな取引が頻繁にあったことが伺えます。びっくりです!!

 

戦後間もないころの日本はインフレを抑制するために新円切替を行っていましたが、それまでに発行されていた紙幣が粗悪な印刷によって発行されていたため、偽造が横行していました。

 

戦後の混乱期の様子がわかりますね!

 

昭和25年から始まった新円切替も、流通量が多かった100円札の発行には3年もの年月がかかり、旧札の切り替えを一気に進めました。

 

昭和32年には銀貨にかわり昭和42年には白銅貨に変わり、昭和49年を最後に日銀からの支払いが停止しました。

 

さて板垣退助の100円札は表面に板垣退助、裏面に国会議事堂が印刷され、初期、前期と後期の3種類があり、初期のものは昭和28年に発行されました。

 

初期の100円札は紙幣№の頭のアルファベットが1桁

前期の100円札は紙幣№の頭のアルファベットが2桁で印刷の色が茶褐色

後期の100円札は紙幣№の頭のアルファベットが2桁で印刷の色が白が濃く、くっきりしています。また、紙質も徐々に良くなり、現行の紙幣に近くなっています。

 

各々プレミアがついていますが、束になると更にプレミアがつくこともあります!

 

額面100円は100円ですので、現行通貨なので使うことができますが、コンビニで使うとビックリされます!!(笑)

 

銀行で両替もできますが、額面100円は100円のなるだけです!!

 

「くらや札幌南店」ではプレミアをしっかりつけます!!

 

このような古い紙幣は、額面金額以上のプレミア価値が付いている「古銭」としての評価があるものがあります。

 

古銭・古紙幣」の査定買取りは、豊富な知識を要すると思いますので、経験豊富な鑑定士のいる「くらや札幌南店」まで是非ご相談下さい。

 

 

↓↓ くらや札幌南店はこちらです ↓↓

北海道札幌市で古銭・古紙幣の高価買取!!はお任せ下さい!!

 

 

札幌市中央区、南区、北区、西区、東区、白石区、厚別区、清田区、手稲区、豊平区、石狩市、石狩郡当別町、小樽市、余市郡余市町、岩内郡岩内町、岩内郡共和町、夕張郡栗山町、夕張郡長沼町、夕張市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、岩見沢市、三笠市、美唄市、樺戸郡新十津川町、深川市、赤平市、芦別市、歌志内市、滝川市、旭川市、苫小牧市、勇払郡安平町、勇払郡厚真町、勇払郡むかわ町、白老郡白老町、登別市、室蘭市、伊達市、虻田郡洞爺湖町、虻田郡喜茂別町、虻田郡倶知安町、虻田郡ニセコ町、虻田郡豊浦町、虻田郡留寿都村、虻田郡真狩村、など札幌市近郊で出張査定買取りに対応しています!!

 

店舗: くらや 札幌南店
住所: 北海道札幌市中央区南19条西8丁目1-21
電話: 011-211-5558
営業時間:10:00~19:00

 

 

 

秋田県秋田市 中国倣古墨の買取り||書道具・中国骨董品の高価買取!!

2017.07.07akita(書道具)#中国倣古墨#買取り#紅星牌#硯

 

こんにちは、書道具の買取り専門「くらや秋田店」です。

 

今回、大量の書道具や墨を店頭へお持込になったお客様は、引っ越しの為、収集した品物を整理するためでした。

 

上海や香港に行かれるたびに、気に入った骨董品や書道具を買い、随分とボリュームのある収集になっていったそうです。

 

これらの墨は「倣古墨」といって、

中国の明時代(500年位前)の有名な墨匠の作品や名前をとって、当時の作品に敬意をもって造られた近年の墨のことです。

 

「倣古」の歴史は古く、200~300年前の清朝時代にはすでに明時代の倣古品はありましたし、民国時代には清朝時代の倣古品が多くありました。

 

それは決して偽物というわけではなく、ある種憧れのような文化的なものでした。

 

古い倣古墨の中には、非常に高価な墨も沢山あります!!

 

古墨には「程君房」「曹素功」「胡開文」などの人気銘柄があり、時代や状態によって価値値段は変わってきます。

 

この倣古品は、墨以外の書道具にも沢山あります。

 

書道具といえば「文房四宝」。

硯・墨・紙・筆

 

 

書道具、文房具であれば殆どのアイテムが買取り対象です。

 

書道家の方の処分のお手伝い実績も多数あります!!

 

書道を熱心にされていた方、中国や香港に旅行や仕事で行った際に「硯」や「墨」を買った方、不要な書道具を高価買取しています。

 

なんだか分からないけど昔から家にある書道具の鑑定・査定・買取りは、経験豊富な鑑定士のいる「くらや秋田店」まで是非ご相談下さい。

 

 

↓↓ くらや秋田店はこちらです ↓↓

秋田県で書道具の高価買取!!はお任せ下さい!!

 

 

秋田市周辺だけでなく、鹿角市、鹿角郡小坂町、大館市、北秋田市、北秋田市、北秋田郡上小阿仁村、能代市、山本郡三種町、山本郡八峰町、山本郡藤里町、男鹿市、南秋田郡五城目町、南秋田郡八郎潟町、潟上市、南秋田郡井川町、南秋田郡大潟村、由利本荘市、にかほ市、大仙市、仙北市、横手市、湯沢市、雄勝郡羽後町、雄勝郡東成瀬村、にお住いのお客からのお問い合わせもお待ちしております!!

 

店舗: くらや 秋田店
住所: 秋田県秋田市大町2-5-40
電話: 018-867-2220
営業時間:10:00~18:00

 

 

札幌市厚別区 フィルムカメラ PETRI HALF ペトリハーフ の買取り

2017.07.07(カメラ)#古いカメラ#高価買取2017.07.07(古いカメラ)

 

こんにちは、札幌市中央区の「くらや札幌南店」です。

 

当店は、カメラ買取り専門のスタッフによる高額買取りを行なっています。

 

この「PETRI HALF ペトリハーフ1:2.8 f=28mm」は写真館の廃業整理に行った際にお買取りをさせて頂きました。

 

お爺様の時代から写真館を営まれていて、今回、時代の流れにより廃業することになったそうです。

 

さすが写真館だけに、商売道具であるカメラの保管状態やメンテナンスには手をかけていらっしゃいました。カメラ全てが、廃業されていたのにもかかわらず防湿庫に保管されていて、今すぐにでも写真が取れそうな状態でした。

 

さて、この「PETRI HALF ペトリハーフ1:2.8 f=28mm」は1960年(昭和35年)に栗林写真機械製作所が製造をしたものです。

 

1917年(大正6年)、当時としては小西六工業(現コニカミノルタ)につぐ早さで写真機の製造を開始し、1959年(昭和34年)一眼レフの製造を開始し、翌年1960年(昭和35年)からわずか2年間に3機種を発売しています。

 

1962年(昭和37年)には「ペトリカメラ」に社名を変更し、1977年(昭和52年)に倒産となりました。

 

このカメラの一番の特徴は、フィルムの巻き上げレバーがレンズの下から伸びているところで、フィルムの巻き上げが早くなることで連続してシャッターが切れるようになっています。また、ファインダーが緑色になっていて斬新です。

 

今のデジタルカメラからは想像もできない、全てがマニュアルのフィルム式のカメラですが、写真が出来上がるまでの時間はワクワクして良いかもしれませんね!!

 

「くらや札幌南店」では古いカメラも高価買取!!

 

高額買取りを見込める代表的なメーカーとして、

「キャノン」

「ニコン」

「ペンタックス」

「ライカ」

「ハッセルブラッド」

「コンタックス」

「マミヤ」

等があります。

 

勿論、このほかの「オリンパス」「リコー」「ヤシカ」など有名メーカーの古いカメラや、レンズ、三脚等の付属品の査定買取りも得意としています。

 

皆さんの積み上げてきた時代を高価買取いたします!!

 

お電話、ご来店をお待ちいたしております。

 

 

↓↓ くらや札幌南店はこちらです ↓↓

北海道札幌市でフィルムカメラの高価買取!!はお任せ下さい!!

 

 

札幌市中央区、南区、北区、西区、東区、白石区、厚別区、清田区、手稲区、豊平区、石狩市、石狩郡当別町、小樽市、余市郡余市町、岩内郡岩内町、岩内郡共和町、夕張郡栗山町、夕張郡長沼町、夕張市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、岩見沢市、三笠市、美唄市、樺戸郡新十津川町、深川市、赤平市、芦別市、歌志内市、滝川市、旭川市、苫小牧市、勇払郡安平町、勇払郡厚真町、勇払郡むかわ町、白老郡白老町、登別市、室蘭市、伊達市、虻田郡洞爺湖町、虻田郡喜茂別町、虻田郡倶知安町、虻田郡ニセコ町、虻田郡豊浦町、虻田郡留寿都村、虻田郡真狩村、など札幌市近郊で出張査定買取りに対応しています!!

 

店舗: くらや 札幌南店
住所: 北海道札幌市中央区南19条西8丁目1-21
電話: 011-211-5558
営業時間:10:00~19:00

 

 

福島県郡山市 南京赤絵壺の買取り|中国骨董品の高価買取はお任せ下さい!!

2017.07.07kooriyama(中国骨董品)#康煕赤絵#高価買取#古美術品

 

こんにちは、古美術骨董品の高価買取専門「くらや郡山店」です。

 

本日ご紹介するのは、箱入りの「南京赤絵獅子牡丹文壺」の買取りになります。

 

引越しのため断捨離していたところ、遺品の相続品が出てきたそうで、この先も倉庫に眠らせるだけならば・・・とお問い合わせいただきました。

 

箱入り、唐木の台座付で保存状態も良いもので、思いもよらぬ買取り価格にお客様も大変満足されていました。

  

南京赤絵は、中国の陶磁器の一種で、350年くらい前の中国明時代末期から清王朝初期に掛けて景徳鎮の民窯でつくられたものです。

 

各地で農民の反乱がひっきりなしに続いて明王朝が衰退した17世紀はじめ、景徳鎮の官窯が消滅したなか民窯は粘り強く生き残り、のびのびとした発想の赤絵をつくり始めました。

 

南京赤絵の生地の多くは、オリジナルの青味が強い白ではなく乳白色を帯びていて、色彩を一層際立たせる効果があります。

 

今回お買取りいたしました南京赤絵は後期のものなので、中国で五彩と呼ばれている色使い(朱色・緑色・黄色・青色・黒色)がなされていますが、初期の南京赤絵の色数は朱色・緑色・黄色と少なかったようです。

 

色の数は少なくても作風はきわめて大胆です。

 

獅子と牡丹は組み合わせて描かれることが多い中国では、

花王(花の中で最も美しいもの)=牡丹

として富貴の象徴とされています。

 

当時、輸出された南京赤絵は、壺などの大作は西欧諸国へ渡り、日本へは茶道具や鉢や小皿が輸出されました。

 

戦前、中国骨董品ブームがあったこともあり、日本には数多くの中国古陶が存在します。

 

古そうで実用的でないからごみの日に捨てようと思っている方。

 

いつの時代ものなのか、どこのものなのか分からない、コレクションの売却は初めてで不安で一歩踏み出せない、などとお思いの方は多いと思います。

 

心配無用です。

 

一点からでもシミや傷があるものでも、ひとつひとつ経験豊富な専門の鑑定士が鑑定いたします。

 

査定費用は無料です。

 

古い陶磁器や骨董品の売却にあたりご不安な事などございましたら、どうぞ事前にご相談ください。

 

 

↓↓ くらや郡山店はこちらです ↓↓

福島県郡山市で骨董品の高価買取!!はお任せ下さい!!

 

 

郡山市周辺から、須賀川市、会津若松市、喜多方市、福島市、伊達市、いわき市、相馬市、南相馬市、伊達郡桑折町、伊達郡国見町、伊達郡川俣町、安達郡大玉村、岩瀬郡、南会津郡、耶麻郡猪苗代町、耶麻郡磐梯町、耶麻郡西会津町、耶麻郡北塩原村、河沼郡、大沼郡、石川郡、二本松市、田村市、本宮市、田村郡三春町、田村郡小野町、白河市、などにお住いのお客様は出張買取りも対応しています!!

 

店舗: くらや 郡山店
住所: 福島県郡山店朝日2-1-16
電話: 024-953-7725
営業時間: 10:00~19:00

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定