店舗ブログ
松戸店
2019/07/17

千葉県松戸市 日本画家 竹下夢二 女性画リトグラフの買取り|遺品整理|絵画コレクション 片付け

遺品整理 日本画家 竹久夢二_くらや松戸店

 

初めての方も、

 

いつもご観覧いただいている方も

 

ありがとうございます。

 

『くらや松戸店』でございます。

 

 

さて、少し前ですが、遺品整理のご相談があり、

 

お客様のお宅に伺いました。

 

遺品整理を進めるさ中、

 

生前集めていたコレクションが数点見つかり、

 

その中には、

 

日本画家 竹久夢二の女性画のリトグラフが

 

ありました。

 

形見として残すお品物とそうでないお品物を分け、

 

このリトグラフに関しては

 

買取りをさせていただきました。

 

 

そんなご縁があったので、

 

今回は日本画家 竹久夢二について

 

お話したいと思います。

 

 

日本画家 竹久夢二と聞くとまず思い浮かぶのは、

 

あの独特な雰囲気が漂う美人画でしょう。

 

日本人であれば

 

一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

当時は〈大正の浮世絵師〉や〈大正の歌麿〉と

 

呼ばれるほどの絵師でした。

 

それまでの美人画に見られた切れ長の目に、

 

かっちりと決まった美しさではなく、

 

ぱっちりとした目を描き、

 

女性を感じさせるしなやかさや

 

曲線といった自然体の美しさを描きました。

 

これらの特徴を持つ日本画家 竹久夢二の美人画は、

 

夢二式美人画と呼ばれています。

 

 

また、美しさだけではなく、その表情からは

 

“やさしさ”や“はかなさ”というものが

 

混在しているのが見て取れます。

 

センチメンタルという言葉が

 

ぴったりかもしれません。

 

単なる美人画の枠に納まらず、

 

見ている側に訴えてくるものがあるのも

 

日本画家 竹久夢二の作品の特徴です。

 

絵画のみならず、雑誌の挿絵やポスター、

 

お菓子のパッケージデザイン等、

 

幅広く活動し数々の作品を残しました。

 

 

日本画家 竹久夢二の作品の中でも

 

最高傑作といわれるのが

 

《黒船屋》という作品です。

 

この作品は、

 

黒猫を抱いた女性が描かれている構図なのですが、

 

黒猫の存在感が非常に強く、

 

どちらが主役なのかと思ってしまうほどです。

 

日本画家 竹久夢二の作品は女性が主役なので、

 

この作品の構図は異形と言えます。

 

なぜこのような構図になったのかを

 

紐解いていきましょう。

 

 

まず、日本画家 竹久夢二

 

東京の日本橋にてお店を開いていた頃、

 

日本画家 竹久夢二のファンとして通う

 

若い女性がいました。

 

女性の名は笠井彦乃。

 

日本画家 竹久夢二は彼女のことを

 

“しの”と呼びました。

 

運命的なものだったのでしょうか、

 

二人はすぐに惹かれ合うようになりました。

 

しかし、“しの”の父親は二人の交際を

 

一切認めようとはしませんでした。

 

押さえつけられれば押さえつけられる程、

 

二人の気持ちは高まり半ば駆け落ちするように

 

京都で一緒に暮らし始めます。

 

やっと手に入れた幸せな暮らしだったのですが、

 

突如“しの”が体調を崩してしまいます。

 

療養のため、

 

すぐさま東京の父親の元に戻されてしまい、

 

二人は離れ離れに。

 

面会さえも許されず、

 

会えない日々が続きました。

 

 

「逢いたくても逢えない。」

 

どうしようもなく落ちてしまった気持ちの中、

 

日本画家 竹久夢二は一枚の絵を描き始めます。

 

それが最高傑作と謳われる《黒船屋》です。

 

“お葉”という女性がモデルを務めたのですが、

 

描かれているのはその女性ではありません。

 

おわかりかと思いますが、

 

そのモデルを通して描かれているのは“しの”です。

 

そして黒猫は日本画家 竹久夢二自身を映した化身

 

といわれています。

 

「今すぐにでも“しの”に逢いたい、

 

そしてすがりつきたい」

 

そんな気持ちで描き上げたのではないでしょうか。

 

 

しかし、残念なことに作品が完成して間もなく、

 

“しの”は亡くなってしまいます。

 

当時は不治の病と恐れられた肺結核だったのです。

 

悲しい結末を迎えてしまいましたが、

 

これが《黒船屋》にまつわる物語です。

 

 

 

今回お話しした日本画家 竹久夢二の作品に限らず、

 

いたるところに価値のあるお品物はあふれています。

 

 

「他のお店に行ったら買取れませんと言われた。」

 

一度、当店にお電話にてご相談ください。

 

他で断られたお品物でも

 

買取りできる可能性が高いです。

 

 

「家まで来て査定してもらうことはできるの?」

 

もちろんです!

 

出張買取も行っておりますので、

 

一度ご相談ください。

 

査定でなくとも、

 

お品物の処分や遺品整理等の

 

ご相談も承っております。

 

お気軽にお電話ください。

 

 

みなさまからのお電話、

 

ご来店をお待ち申し上げております。

 

 

 

↓↓ くらや 松戸店はこちらです ↓↓

千葉県松戸市で美術品・骨董品の高価買取り

 

松戸市周辺の出張査定、出張買取も対応いたします!!
柏市、鎌ヶ谷市、市川市、白井市、印西市、船橋市、流山市、習志野市、我孫子市、八千代市、千葉市、浦安市、新松戸、馬橋、新八柱、北小金、南柏、流山おおたかの森、新鎌ヶ谷、本八幡、西船橋、京成西船橋、京成船橋、津田沼、京成津田沼、新津田沼、海浜幕張、稲毛、新浦安、舞浜、妙典、行徳、南行徳、勝田台

などにお住いのお客様は出張買取も対応しています!!

 

店舗:くらや 松戸店
住所:千葉県松戸市常盤平3丁目9-19

電話:047-712-0215

営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日

一覧に戻る

この店舗別買取ブログ

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定