骨董品・美術品、遺品整理の高価買取

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

人間国宝 工芸技術 ~陶芸について~

人間国宝 工芸技術 ~陶芸について~

 

重要無形文化財に認定される分野の一つとして

 

「陶芸」があります。

 

一口に「陶芸」といっても

 

その中には多種多様な製法があり、

 

認定されている技術にも

 

多くの種類があります。

 

ここではそんな陶芸についてご紹介します。

 

 

陶磁器とは

 

一般に陶器と磁器を総称して

 

「陶磁器」と言い表しますが、

 

その違いはご存じでしょうか。

 

 

まず陶器ですが、

 

これは土を焼いて作られるものです。

 

吸水性があり、釉薬を用いて

 

表面に装飾を施すと共に

 

耐水性を高めることもできます。

 

特徴としては

 

ゴツゴツ・ザラザラとした手触りで

 

弾くと鈍い音がします。

 

 

対して磁器は非常に硬く

 

金属音の様な高い音が鳴ります。

 

石の粉末や粘土質物を

 

陶器より高い温度で焼くため

 

引き締まった硬い地となり、

 

手触りは滑らかになります。

 

吸水性はほとんどなく

 

白い石の粉末を塗ることで

 

表面が白色に仕上がるため、

 

洋食器などでよく使われています。

 

 

以上のように

 

「陶磁器」というまとまりでありながら

 

材質や焼成温度なども異なる陶器と磁器ですが

 

このほかに、粘土を窯を使わずに焼き

 

釉薬も使用しない土器、

 

陶器と磁器の中間の性質を持つ

 

吸水性のない炻器(せっき)も

 

「陶磁器」に含まれています。

 

 

陶磁器の重要無形文化財

 

重要無形文化財に認定されているものの中から

 

いくつかをご紹介します。

 

色絵磁器(いろえじき)

 

透明な釉薬をかけて焼き上げた磁器の表面に

 

色絵具で装飾をし

 

600~800℃ほどの低温で焼きつける

 

「色絵」(または上絵)の技法を用いられた磁器です。

 

色絵の総称である赤絵(または五彩)や、

 

金を使った金襴手で人気の染錦手、

 

景徳鎮窯が有名な豆彩などの技法があります。

 

人間国宝には

 

十四代今泉今右衛門氏などが

 

認定されています。

 

 

陶芸 色絵磁器-0

 

 

白磁・青白磁・青磁(はくじ・せいはくじ・せいじ)

 

白い素地に

 

無色の釉薬をかけて焼き上げた磁器が白磁、

 

この釉薬に少し鉄分が含まれたものをかけて

 

焼き上げたのが青白磁、

 

鉄分を多く含んだ素地に

 

青緑色になる釉薬を用いて

 

焼き上げた磁器が青磁です。

 

釉薬に含まれる鉄分の量や、

 

素地に彫り込まれた模様や縁に溜まった

 

その釉薬の量で青の色合いが変わることで

 

模様や形が引き立てられます。

 

井上萬二氏や福島善三氏などが

 

認定されています。

 

 

陶芸 青磁-0

 

 

柿右衛門(濁手)(かきえもんにごしで)

 

柔らかい乳白色の色味の素地に、

 

柿右衛門独特の美しい装飾がなされる技術です。

 

この作品の制作は

 

江戸時代から中断されていましたが、

 

昭和期に復元が成功しました。

 

その技術の保持団体として

 

柿右衛門製陶技術保存会が

 

認定されています。

 

 

鍋島(いろなべしま)

 

現在の佐賀県の鍋島藩で制作された

 

鍋島焼の色絵磁器のことを差します。

 

赤・黄・緑の3色を基調としており

 

独特の図柄は江戸時代の磁器の中では

 

非常に精巧な絵付けであったとされています。

 

保持団体として

 

色鍋島今右衛門技術保存会が認定されています。

 

 

陶芸 色鍋島-0

 

 

鉄釉陶器(てつゆうとうき)

 

酸化鉄を含んだ「鉄釉」とよばれる

 

釉薬を用いて焼き上げられた陶器のことです。

 

含まれている鉄の成分によって、

 

黒や茶、柿色などの色が表現でき

 

日本には中国から伝わって以来、

 

茶道などと共にその技術が発展しました。

 

人間国宝には原清氏や

 

清水卯一氏が認定されています。

 

 

陶芸 鉄釉陶器-0

 

 

人間国宝について

人間国宝とは

 

生活の中で耳にする『人間国宝』という言葉は

 

正式名称ではなく

 

実は通称である、ということを知っている方は

 

多くはないのではないでしょうか。

 

人間国宝とは正確には

 

「重要無形文化財の保持者」を差し、

 

「人」そのものではなく

 

その人や集団が体得する高度な「技」が

 

重要無形文化財に認定された状態です。

 

この重要無形文化財保持者を

 

通称『人間国宝』と呼んでいるのです。

 

 

人間国宝の認定

 

無形文化財保持者の認定が制定されたのは

 

1954年のことです。

 

1950年に文化財保護法が施行され

 

衰亡の恐れがある無形文化財が

 

国によって保護される様になり

 

1954年にこの無形文化財保持者の

 

認定制度が決定されました。

 

ちなみに最初に認定が行われたのは

 

翌年の1955年で

 

30名ほどが選ばれています。

 

認定された技は保持者が亡くなると共に

 

一旦認定が解除されてしまう為、

 

文部科学省では毎年

 

新たな保持者の認定や解除を

 

行っているそうです。

 

 

認定の分野について

 

人間国宝として認定される分野には

 

「芸能」「工芸技術」と種類があり、

 

その中でさらに細分化されています。

 

また、保持者としての分類も

 

個人なのか団体なのかといった形で

 

「各個認定」「総合認定」「保持団体認定」の

 

3種類があります。

 

ここでは大まかに

 

それぞれの分類について紹介します。

 

芸能分野

 

能楽、文楽、歌舞伎、組踊、

 

音楽、舞踊、演芸、雅楽の

 

8分野に分かれています。

 

ちなみに文楽とは

 

人形浄瑠璃の系譜の1つのこと、

 

音楽は長唄や三味線、尺八などです。

 

工芸技術分野

 

陶芸、染織、金工、漆芸、木竹工、

 

人形、手漉和紙などに分かれています。

 

ここから陶芸の中でも色絵磁器・備前焼…、

 

染織物の中でも刺繍や

 

染物・織物・伊勢型紙…など

 

かなり広く分野ごとに分かれていきます。

 

 

各個認定

 

いわゆる人間国宝の認定です。

 

重要文化財に指定された技を

 

高度に体現または体得している人が認定されます。

 

 

総合認定

 

宮内庁式部職楽部や伝統長唄保存会など、

 

個人に認定される各個認定と異なり

 

2人以上で技を体得または体現する

 

団体の構成員に対して認定されます。

 

認定は主に芸能分野が中心です。

 

 

保持団体認定

 

社会法人などの団体への認定です。

 

工芸技術で挙げると

 

「柿右衛門製陶技術保存会」や

 

「輪島塗技術保存会」など、

 

その技術の性質上

 

技術を保持する人が多くいる場合に

 

その人たちが構成している団体が認定されます。

 

 

アラビア ~ARABIA~

アラビア ~ARABIA~ とは

 

アラビアはフィンランドの陶器メーカーです。

 

元々は1873年に

 

スウェーデンの陶器メーカー、ロールストランド社の

 

子会社として設立されました。

 

 

当初ロールストランド社は

 

隣国のロシア市場への進出を考えており

 

アラビア設立から10年ほどは

 

白地のシンプルなものを製造していました。

 

それから20世紀初頭ごろまでは

 

研究を重ねながらロシア向けの食器や陶器、

 

また銅版転写による

 

ディナーセットを製造していましたが

 

徐々にヨーロッパ全土で

 

民族ごとに異なるそれぞれの芸術性が

 

注目されはじめ、アラビアでも

 

高い装飾技術が生まれていきます。

 

 

1916年になると、

 

第一次世界大戦の影響によって

 

ロールストランド社に売却されたアラビアは

 

正式に独立しました。

 

初代社長となった

 

カール・グスタフ・ヘルリッツは

 

労働環境や製造過程を見直し

 

工場を拡大していき

 

「美しい日常」を

 

会社のスローガンとして掲げます。

 

また、制作方法の簡略化や

 

大量生産が重視される中で

 

彼はデザイナーたちの芸術性を

 

特に重視しました。

 

それによって美しいデザインが

 

次々と生み出されたアラビアの作品は

 

1937年、パリ万国博覧会で金賞を受賞し

 

会社は成長を続けていきました。

 

 

スローガンとなった

 

「美しい日常」という言葉は

 

1940年代の第二次世界大戦の戦時中、

 

また戦後も稼働を続けた工場と

 

フィンランドの人々を支え

 

多くのデザインを生んでいきます。

 

特に20世紀中頃は

 

アラビアにとっての黄金時代となり

 

カイ・フランクやウラ・ペロコッペといった

 

優秀なデザイナーが多く採用されました。

 

アラビアは1990年になると

 

北欧リビング商品を取り扱う

 

iittala」に買収されましたが

 

現在でも創業当初と同じ場所で

 

作品の制作を続け

 

そのデザイン性と機能性に優れた作品は

 

世界中で親しまれています。

 

 

代表作を生み出したアーティスト

 

ビルゲル・カイピアイネン

 

1969年に

 

パラティッシというデザインを制作しました。

 

黒の輪郭線に青や黄色をメインとした色使いで

 

草花とそこにたわわに実る果実を

 

大胆に描いたものです。

 

色違いで、モノクロのブラックパラティッシ

 

紫とオリーブ色を使った

 

パープルパラティッシも人気があります。

 

 

アラビア パラティッシ

 

 

カイ・フランク

 

1946年、

 

アラビアのアート部門所長となった以降も

 

自身で数々のデザインを生み出しました。

 

シンプルな白一色で無駄なものを省いたキルタ

 

また人物が描かれたエミリア

 

パストラーリシリーズの

 

フォルムデザインも手がけました。

 

 

アラビア パストラーリ

 

 

ウラ・プラコッペ

 

鮮やかなコバルトブルーで

 

独特な模様が描かれたバレンシア

 

グレーの地に

 

ぽってりとした丸みのある形で描かれたアネモネ

 

ブラウンを基調としたコスモスなど

 

温かみや深みのあるデザインを

 

多く生み出しました。

 

 

アラビア アネモネ

 

 

セーヴル ~Sevres~

セーヴル ~Sevres~ とは

 

セーヴルは

 

フランスのセーヴルで生産された磁器の事です。

 

繊細なデザインの磁器は

 

古くからフランスの王立製作所で

 

制作されています。

 

元々、セーヴルは

 

民間の企業で制作されていました。

 

自分たちが制作した軟質磁器に

 

柿右衛門や古伊万里風の絵付けをしていた

 

デュポア兄弟が

 

フランスの大蔵大臣に招かれ、

 

パリの東に位置するヴァセンヌ城で

 

窯を構えなおしたのが始まりです。

 

 

しかし、それより約30年も前に

 

硬質磁器を製造して大流行していた

 

ドイツのマイセン窯に対抗しようという

 

フランスのこの取り組みは、

 

デュポア兄弟では成功しませんでした。

 

 

その後も研究は続き

 

陶工のフランソワ・グラヴァンが先頭に立ち

 

技術を磨くと

 

「ブリュ・ド・ロワ(国王の青)」

 

と呼ばれる濃紺色や、

 

「クラウデッド・ブルー」と呼ばれる色彩など

 

新たな技術を生み出すことに成功します。

 

これらは貴族たちの関心を集め

 

やがてヴァセンヌ窯はルイ15世や

 

ポンパドゥール夫人の庇護下となりました。

 

 

1756年には、

 

ポンパドゥール夫人の尽力により

 

窯はセーヴルへ移動し、数年後には

 

「王立セーヴル製陶所」が創業されます。

 

芸術に精通していたポンパドゥール夫人は

 

自ら製造工程の改善を行ったり、

 

当時人気を得ていた画家や彫刻家を招いて

 

より芸術性の高い作品の製造に

 

力を注いでいきました。

 

この時期誕生した色彩のひとつ

 

「ローズ・ド・ポンパドゥール(ポンパドゥールの薔薇色)」は、

 

ポンパドゥール夫人が特に愛した色でしたが

 

残念ながら当

 

時の科学アカデミー総裁の死と共に

 

調合法は失われています。

 

 

美しい彩色に加え、フランスがやっと

 

硬質磁器の焼成に成功したのは

 

1768年のことでした。

 

リモージュ近郊で

 

上質な陶磁器に必要不可欠な原料、

 

カオリンが発見されたのです。

 

セーヴル窯は、東洋磁器への憧れから誕生した

 

マイセン窯を目指して創立されましたが

 

硬質磁器完成後の作品のデザインは

 

東洋風というより

 

それまで描いていたデザインを

 

活かしたものとなりました。

 

ロココ調で、白磁に華やかな風景画や草花、

 

そして金彩を施した豪華さがその特徴です。

 

 

セーブル1

 

 

その後セーヴル窯は

 

フランス革命の影響で一度破壊されますが、

 

1804年、ナポレオン1世によって

 

「国立セーヴル製陶所」として

 

再び窯を開きます。

 

作品デザインはロココ調のものだけでなく

 

ギリシアやエジプト風の

 

荘厳なデザインも出来上がり

 

1855年のパリ万国博覧会では

 

金賞を受賞し世界に名を広めていきます。

 

 

そして1876年、

 

製陶所はセーヌ川沿いにある現在の場所に

 

「国立セーヴル陶磁器製作所」

 

として設立されました。

 

現在は生産量が限定され

 

ほとんどがフランスの

 

オフィシャルギフトとされているため

 

一般に流通することは極めて稀で

 

「幻の窯」とも呼ばれているようです。

 

 

セーブル2

 

 

ドーム ~Daum~

ドーム ~Daum~ とは

 

ドームはフランスのガラス工芸メーカーです。

 

「ドーム」とはブランド名ですが

 

これはガラス工房の

 

オーナー一族からとったもので

 

「ドーム」という呼び方の他に

 

工房名にもあった

 

Daum Frères(=ドーム兄弟)」から

 

通称『ドーム兄弟』とも言われています。

 

 

ドームは1878年に

 

ジャン・ドームによって創業しました。

 

彼は普仏戦争後、ドイツの占領を避けて

 

移住してきたフランスのナンシーで、

 

ガラス工場の経営者となりました。

 

これがのちにドームとなる工房の始まりです。

 

「ラ・ヴェルリ・ド・ナンシー」

 

と名付けられた工房では

 

1879年から長男のオーギュスト・ドームが

 

1887年から次男のアントナン・ドームが

 

働き始めました。

 

 

ドーム兄弟が工房で働き始めてしばらくすると

 

彼らはパリの万国博覧会に

 

テーブルウェアを出品します。

 

残念ながら賞は得られませんでしたが

 

そこで同じくナンシーの職人、

 

エミール・ガレの芸術性の高い作品が

 

数々のメダルを受賞しているのを目の当たりにし、

 

ドーム兄弟は1891年から

 

美術工芸品としてのガラスづくりを

 

スタートさせました。

 

 

各工程に優秀な職人を集め

 

カットや浮彫り、エナメル彩色など

 

様々な技術を駆使した作品は

 

シカゴ万博やナンシー装飾美術展を始めとして

 

数々の賞を受賞するようになりました。

 

同時期に社名を

 

Daum Frère et Cie(ドーム兄弟)」に改名し

 

その名と作品の素晴らしさは、

 

世界に広まっていきました。

 

 

1897年、1900年には万博での受賞と共に

 

オーギュストとアントナンが順に

 

レジオン・ドヌール勲章を授かります。

 

1909年に兄のオーギュストが亡くなった後も

 

弟のアントナンは社名を

 

Daum et Cie(ドーム)」とし

 

ドーム特有のアンテルカレールや

 

ヴィトリフィカシオンといった技法を活かして

 

作品を制作し続けました。

 

 

1987年に工房は

 

ドーム一族の経営ではなくなりましたが

 

現在でもドームは写実的な風景が

 

繊細に描かれたデザインを得意とし

 

作品の制作を続けています。

 

 

ドーム3-000

 

ドーム2

 

 

ドームのクリスタルの特徴・技法

 

ドームの商品は特に

 

その丁寧な造りが評価されており

 

塩入れなどの小物にも

 

繊細で美しい絵付けが施されています。

 

絵柄は自然に恵まれていたナンシーにあった

 

美しくのびのびと咲いた

 

草花や風景がメインです。

 

 

ドーム1.

 

 

また特徴的な技法としては、

 

ガラス素地に絵模様を描いて

 

さらにガラスをかぶせる技術で

 

模様の立体感を引き出すアンテルカレール

 

粉末状にした色ガラスをまぶして再加熱し、

 

素地になじませることでガラスの地に

 

より多くの色を表現する

 

ヴィトリフィカシオンなどが特徴的です。

 

 

デザインにおいては130年間の間に

 

350人以上もの芸術家たちとの

 

コラボレーションを実現しており

 

現在でも多種多様な作品が

 

造られ続けています。

 

 

モーゼル ~Moser~

モーゼル ~Moser~ とは

 

モーゼルはチェコ共和国の

 

ボヘミアンガラスメーカーです。

 

通常の酸化鉛を使ったクリスタルの製法でなく

 

ブナの木の灰を使った

 

複雑な技法を守り続けています。

 

 

1857年、モーゼルは

 

ルートヴィヒ・モーゼルによって

 

ヨーロッパの温泉保養地

 

カルロヴィ・ヴァリに設立されました。

 

ルートヴィヒは長期間自分の工房を持たず

 

他の工房の未加工品を入手して

 

それを加工していました。

 

彼の工房の作品は品質と芸術性が高く

 

カルロヴィ・ヴァリに訪れた

 

裕福な貴族たちから人気を得ていきました。

 

同時に作品をパリやウィーンをはじめ

 

影響力のある産業見本市や万国博覧会に出品し

 

1873年にはウィーン万博で

 

1889年にはパリ万博で

 

メダルを受賞しました。

 

これをきっかけにモーゼルは

 

拠点をロンドンやニューヨークなど

 

国際的に広め

 

チェコ国内では

 

フランツ・ヨーゼフ皇帝御用達としての地位も

 

確立していきます。

 

19世紀末までに

 

会社を大きく成長させたルートヴィヒは

 

仕事を始めて36年後の1893年ついに

 

自身のガラス工房を持つこととなりました。

 

 

20世紀になると工房の経営は

 

ルートヴィヒの息子たちに渡りました。

 

その後も様々なデザインの作品を

 

制作し続けていったモーゼルは、

 

ブリュッセルやパリの万博で

 

再びメダルを受賞します。

 

世界大戦のあと工場を立て直すと

 

1920年、世界で初めて

 

希少類(レアアース)を使った

 

色彩ガラスの生産に成功しました。

 

この色彩ガラスは

 

パリ装飾美術世界展で金賞を受賞し

 

モーゼルの名前を

 

改めて世界に広めていきました。

 

 

ルートヴィヒの息子レオ夫妻が亡くなると

 

モーゼルは一族の手を離れますが

 

第二次世界大戦後チェコで国有化され

 

再び自国でのガラス工場のトップとして

 

活躍していきます。

 

1991年には株式会社として独立し

 

現在でもカルロヴィ・ヴァリの工場で

 

生産を続けています。

 

 

代表作

 

貴石カラー

 

1920年に誕生したシリーズです。

 

レアアースをガラスに混ぜて

 

天然貴石に似た色を作り出したもので

 

抜群の透明感と美しい色彩、

 

そして光の屈折によって

 

様々な陰影を生み出します。

 

またガラスの厚みによって

 

微妙に変化する色彩が特徴で

 

現在ではアレキサンドライト、アクアマリン、

 

ロザリン、エルダーなど

 

7色が展開されています。

 

 

モーゼル 貴石カラー.

 

 

マハラニ

 

1895年にデザインされた作品です。

 

インドのアリラジャプール回教君主の

 

名前が由来となっています。

 

モーゼルの代表的な装飾技法、

 

カッティングや彫刻、

 

金装飾などが贅沢に用いられた、

 

全体に広がる繊細な模様が特徴です。

 

 

モーゼル マハラニ

 

 

パウラ

 

1902年に発表された作品です。

 

バラのモチーフの彫刻と、

 

縁には金のハンドペイントが

 

施されているのが特徴です。

 

アール・ヌーヴォー期の最高傑作として

 

当時の美術工芸の特徴が

 

今にも伝わっています。

 

 

モーゼル パウラ

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定