骨董品・美術品、遺品整理の高価買取

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

前田昭博【人間国宝/白磁】

前田昭博(まえたあきひろ)

 

前田昭博は、1954

 

鳥取県八頭郡河原町に生まれました。

 

23歳で大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻を卒業すると

 

大学時代に出会った「白磁」に没頭していきます。

 

以後、日本陶芸展や日本伝統工芸展などで

 

入選を果たしたのを皮切りに、29歳からは

 

新匠工芸展で2年連続で佳作賞を受賞

 

また、フレチャー国際陶芸展で入選するなど、

 

数々の賞を受賞していきました。

 

そのほか42歳の時には、企画展「凛」現代の陶芸美展に

 

招待作品として出品したりと

 

精力的に作品展などにも出品しています。

 

また、国際的にも活動を行っており

 

1998年にスイスで開催された

 

5回国際現代磁器トリエンナーレ展では

 

入選を果たしています。

 

これらの功績から前田は

 

53歳の時に紫綬褒章を受章し

 

2013年に白磁の技術で

 

重要無形文化財保持者に認定されました。

 

 

 

【前田昭博の作品の特徴と技法】

 

前田昭博の作品に見られる特徴は

 

その優しい造形美に象徴されています。

 

それは、前田が鳥取県の

 

自然豊かな山村に生まれ育ったことに

 

少なからず起因しています。

 

自然に対するその審美な感覚は

 

作品にも影響しており、本人も

 

自然の中に優しい美を感じていたと語っています。

 

美しい自然に溢れている光に対する感覚を

 

陶芸制作にとっても重要な位置付けとして捉えており、

 

「一般的な磁器が持つ、硬質で

 

撥ねつけるような印象ではなくて、温もりのある

 

柔らかさを感じさせる磁器を追求したい」

 

と語っています。

 

前田はそのような信念から

 

独自の磁器の表現性を確立していきました。

 

 

 

【前田昭博の評価される所以】

 

前田昭博の白磁作品は

 

美しく滑らかな白色無地の器の面や

 

しとやかなねじれ状の文様が

 

施されているのが特徴です。

 

長年培ってきた伝統的な技法を基本に

 

豊かな芸術性ある表現と

 

モダンな息吹を織り交ぜた独自の作風が

 

国内外で高く評価されています。

 

制限された要素の中に秘める

 

無限に広がる白磁の可能性に着目し

 

伝統と革新的な創造という課題に

 

正面から向かい合って創作活動に打ち込む姿からは

 

前田昭博の崇高な精神性を垣間見れます。

 

そのような創作姿勢が

 

独自の白磁の技術、世界観を築いていきました。

 

現在では自身の創作活動に加えて

 

後継者の育成にも積極的に力を注いでいます。

 

 

 

松井康成【人間国宝/練上手】

松井康成(まついこうせい)

 

1927年に長野県で生まれた陶芸家松井康成は

 

明治大学文学部を卒業した後

 

30歳の時に浄土宗月宗寺の住職となりました。

 

そしてその3年後、境内に窯を創り

 

製陶を始めています。

 

当初は日本、中国の古陶磁器を研究していましたが

 

栃木で活躍していた陶芸家の

 

田村耕一から助言を得てからは、

 

「練上」の技法を追求していきました。

 

この「練上」の独自の技法によって松井は

 

独特の世界観を創出しています。

 

又、土にもこだわりがあり

 

「同根異色」を用いて、その「練上」の技術を

 

陶磁の表現に反映させ確立しました。

 

こうして技に磨きのかかった松井の作品は

 

9回伝統工芸新作展に出品した

 

「練上上手大鉢」が奨励賞を受賞し

 

その5年後、46歳の時には日本陶芸展において

 

「練上線文鉢」が最優秀作品賞である

 

秩父宮賜杯を受賞しています。

 

その後も61歳の時には紫綬褒章を受章するなどし

 

1993年には、その「練上手」の技法が

 

昭和生まれの陶芸家として初めて

 

重要無形文化財保持者に認定されました。

 

 

 

【松井康成の作品の特徴と技法】

 

松井康成の作品には

 

「練上」の技法がしばしば使われています。

 

作陶の中で松井は

 

色々な種類の土を混ぜて焼き上げると

 

破損の原因になる為、呈色剤を使用して

 

発色効果を格段に引き上げています。

 

この「同根異色」の技術を用いて

 

練上の表現方法を高めていきました。

 

また、この松井康成の代表作と言える

 

錬上作品とは別の技術を用いた作品の制作にも

 

積極的に取り組んでいます。

 

「嘯裂(しょうれつ)」と呼ばれる技術は

 

器の表面を櫛、刷毛で荒らして生じる

 

ひび割れを文様とします。

 

また、松井康成の作品の中にある

 

「象裂瓷」と呼ばれるものは、

 

種類の違う土を幾層にも重ねて成形した後に

 

深い切り込みを入れて

 

下層の土を露出させる技法です。

 

このような技法も駆使しながら

 

その豪快な荒々しい表現を具現化しました。

 

これらの技法や表現方法が

 

松井康成の独自の表現方法として

 

評価されています。

 

 

 

【松井康成の評価される所以】

 

松井康成が評価される点は

 

その高度な「練上」技術を確立していったことと

 

轆轤成形でも「嘯裂」や「象裂」の作品を

 

独自の世界観で高め確立していった点だと言えます。

 

それにとどまらず

 

常に新しい表現方法にも挑戦していき、

 

色々な表現方法を編み出していきました。

 

 

ビニール、布などで模様を付けて成形した

 

無地の生地土の表面に転写した「堆瓷」や、

 

成形した後にブラスターで

 

荒い砂粒を吹き付けした「風白地」など、

 

新しい技術や表現方法を編み出していきました。

 

それらの作品は見ていても飽きない

 

モダンなデザイン性も見受けられます。

 

昔からの伝統を素地に

 

時代に合わせた様々な技術とデザインで

 

陶芸の新しい世界を切り開いていった

 

松井康成の足跡は、その後現れる

 

新しい陶芸家の指針にもなっています。

 

 

 

鴨下春明【人間国宝/彫金】

来歴

 

鴨下春明(かもしたしゅんめい)191510月に

 

東京で生まれました。

 

そして15歳の時から伯父に弟子入りしています。

 

鴨下の伯父は1894年の

 

明治天皇銀婚式での献上物や

 

1910年の皇室献上のための

 

純銀製金象嵌大落盛器を手掛けた事のある桂光春で

 

鴨下は彼から江戸金工の伝統的な

 

彫金技法を習いました。

 

それから35年後となる1965

 

鴨下は海蟹金具によって日本伝統工芸展に初入選し

 

1974年からは伝統工芸日本金工新作展の

 

鑑審査委員を務めます。

 

そして1999年、84歳の時には人間国宝として認定され

 

2年後となる20014月にこの世を去りました。

 

代表作には海蟹金具の他には

 

玉虫帯留金具や撫子ブローチ、栗金具などがあります。

 

 

 

作品の特徴

 

鴨下春明の作品の特徴は

 

元は刀装金具に使われていた彫金技術で

 

ブローチや帯留めにも使われる

 

小金具を作った所にあります。

 

さらに言えば江戸時代においては

 

刀装金具でも拵(こしらえ)と言う部分に使われており

 

鴨下春明は現代で使えるアクセサリーを

 

制作したことになります。

 

またモチーフとしてよく魚や植物、

 

昆虫や花を使っており

 

繊細な描写で、優雅であったり綺羅びやかであったりと

 

様々な作品を生み出しました。

 

 

 

鴨下春明と桂光春の共通点

 

鴨下春明の師となる桂光春は、10歳の頃に

 

彫金家の豊川光長から師事を受けました。

 

それから12年後の22歳の時に

 

明治天皇銀婚式での献上物の制作に取り掛かりますが

 

鴨下春明が桂光春に弟子入りするのは

 

数えで15歳の頃となります。

 

当時の時代背景もあると思いますが、

 

共に小さな頃から彫金家としての道を歩み始める

 

と言う共通点があります。

 

 

 

彫金技法について

 

彫金の技法は主に

 

複数の鏨(たがね)を使って施されます。

 

鏨で地金を彫り図案や模様、文字などを描いていき、

 

透かし彫り抜きを行い、また別の金属を当て込む

 

象眼と言う技法も行います。

 

彫金は華やかで奥が深い世界

 

と言われていますが、その分

 

高い技術力も必要な芸術品です。

 

 

 

脈々と続く彫金技術

 

自然のものをアクセサリーとして

 

彫金で作ると言うのは、他の作品にも見られる手法で

 

インドの彫金小物もあります。

 

しかし鴨下春明の場合は

 

1965年時から既に作っている事になります。

 

そして彫金技術は鴨下春明の世代で終わらず

 

細分化し、現在でも脈々と続いています。

 

 

 

三代山田常山【人間国宝/常滑焼】

三代 山田常山(さんだい やまだじょうざん)

 

三代 山田常山は、1924年に

 

愛知県常滑市で生まれました。

 

10代で愛知県立常滑工業学校の窯業科で学びながら

 

祖父である初代山田常山、

 

父である二代山田常山に師事し

 

その技術を学びます。

 

幼い頃から陶芸に親しみのあった山田は

 

こうして34歳の頃に第5回日本伝統工芸展で初入選し

 

同年、ブリュッセル万国博覧会では

 

グランプリを受賞するに至りました。

 

やがて1961年、37歳で三代山田常山を襲名すると

 

フランスで開催された

 

ビエンナーレ国際陶芸展名誉最高大賞の

 

受賞を始めとして、その名を広めていきます。

 

翌年には、常滑「手造り急須の会」の会長も務め

 

74歳の時、常滑焼・急須の技術で

 

重要無形文化財保持者に認定されました。

 

その急須作品の数々は多種多様であり

 

伝統の中に自身のオリジナリティーを融合させた

 

美しい急須の数々を世に送り出しています。

 

朱泥、紫泥、自然釉、南蛮手など、

 

あらゆる技術を駆使しながら

 

様々な常滑焼きの急須を確立していきました。

  

 

【三代 山田常山の作品の特徴と技法】

 

三代 山田常山の特徴である「常滑焼」は

 

平安時代に知多半島で

 

窯が築かれたことから始まります。

 

その古窯では甕や壺などが焼かれ

 

それらは日本全国に伝播していきました。

 

後に、中世期に入るとその器の形、窯の構造も

 

少しずつ進化していきます。

 

 

江戸時代後期の「常滑焼」には

 

「小細工物」と呼ばれるものが新たに登場しました。

 

小型の雅陶である小型の茶器、花器、酒器などが

 

それにあたり、その分野の名工を多く輩出しました。

 

 

さらに、江戸時代末期には小細工物の急須が

 

しばしば作られるようになります。

 

それから明治期にかけて急須作りも

 

産業の急速な変化と共に変化を遂げていきました。

 

この時期にも急須作りは盛んに行われ

 

初代の山田常山が活躍したのもこの時期にあたります。

 

精巧な轆轤を使用し成形することで

 

数々の名品を生み出し

 

その作品は端正なフォルムが特徴的です。

 

伝統は親子代々引き継がれていき

 

三代目 山田常山もその伝統を引き継いで

 

忠実に再現しました。

 

その一方で、現代の感覚をその伝統と共に共存させ

 

独自の急須作りを試みながら

 

新たな作風を作り出しています。

 

 

【三代 山田常山の評価される所以】

 

三代 山田常山が作る急須は一目でわかるほど

 

他の急須とは違う美しさと機能美が備わっています。

 

その美しさは昔からの伝統や

 

脈々と引き継がれてきた美しさに加えて

 

自身で培ってきた知識や技術を融合させた

 

三代 山田常山独自の「常滑焼」急須を

 

作り上げた点にある、と言えるでしょう。

 

その造詣の多様さは、その生涯で練り上げた

 

あらゆる知識と技術を昇華させた

 

引き出しの多さに比例しています。

 

 

 

三浦小平二【人間国宝/青磁】

三浦小平二(みうらこへいじ)

 

1933年に新潟県の佐渡無名異焼の窯元を営む家の

 

長男として生まれました。

 

幼い頃からやきものに親しんでいた三浦は

 

22歳の時に東京芸術大学美術部彫刻科を卒業し

 

加藤土師萌から「青磁」の技法を習得します。

 

その後は、東アフリカ、中近東、

 

中国、モンゴルなどを周り

 

中でも特に古代中国の南宋官窯に強く惹かれ

 

それらの影響を強く受けています。

 

長年にわたり研究を行いその技術を会得すると

 

その後はニューヨーク、パリなど

 

海外での個展を開催に成功し

 

国際的にその名声を高めていきました。

 

その後も28歳の頃に新日展に初入選してからは

 

数々の賞を受賞し、43歳の時に

 

日本伝統工芸展に出品した「青磁大鉢」は

 

文部大臣賞を受賞しています。

 

以後は東京芸術大学工芸科で

 

名誉教授に就任するなど後進の育成も行いながら

 

59歳の時には佐渡市に

 

「三浦小平二 小さな美術館」を設立し

 

やがて1997年、64歳の時に青磁の分野で

 

重要無形文化財保持者に認定されました。

 

 

【三浦小平二の作品の特徴と技法】

 

三浦小平二の代表作とも言える「青磁大鉢」は

 

三浦が43歳の時、

 

23回日本伝統工芸展に出品したもので

 

佐渡で産出される朱泥土の素地を

 

轆轤で薄く成形することで仕上げたものです。

 

作品の表面には青白色の青磁釉が塗布され

 

見事な青磁に仕上がっています。

 

この「青磁大鉢」は、台北の故宮博物院において

 

宋時代の青磁を研究している際に

 

自身の故郷である佐渡の朱泥土を使ってみてはどうかと

 

思い立ったことがきっかけで生み出されたそうです。

 

 

もともと佐渡には異なる性質を持った

 

「無名異」と「野坂」と呼ばれる

 

2種類の土が存在します。

 

前者は、赤土で砂質がパラパラと滑らか

 

そしてそれ自体では成形するのにとても苦労します。

 

後者は黄土で、粘土質でとても成形しやすい

 

というメリットがあります。

 

どちらも佐渡の金山周辺の地で産出され

 

焼成すると朱色になります。

 

「無名異」、「野坂」どちらの土を使用して

 

茶器を作っても「無名異焼」と呼ばれるのです。

 

佐渡では「無名異」、「野坂」の両方の土を混ぜて

 

焼き物を制作する場合が多いです。

 

しかし、茶器でお茶をいれると

 

この二つの土の特徴が出て

 

見た目にはほとんど同じですが

 

お茶の味には大きな違いが生まれてきます。

 

この異なる土の性質を生かして

 

陶芸家は土を選択する必要があるのです。

 

 

【三浦小平二の評価される所以】

 

三浦小平二の陶器の研究は

 

中国のみならず中近東など幅広いスケールで

 

世界の陶器を日本の陶器と融合させた点が

 

評価されているのでしょう。

 

それ故、海外でも幅広く

 

その作品が支持されていると言えます。

 

一方で地元の土にこだわり

 

自分にしかできない創作活動も行っており

 

腰の据わった一面もあります。

 

そのような自身の陶器の探求と並行して

 

東京芸大で新人の育成にも力を注いでいる点もまた

 

評価されています。

 

 

 

佐々木象堂【人間国宝/蝋型鋳造】

佐々木象堂(ささきしょうどう)

 

1882年に新潟県佐渡郡で生まれた鋳金家佐々木象堂は

 

初代宮田藍堂に蝋型鋳造を学び

 

鋳金家を目指しました。

 

やがて6年程の修行の後に独立し

 

31歳の時に第一回農商務省展に出品した際には

 

入選を果たしています。

 

これを皮切りに佐々木は名を広め

 

以後日本美術協会展、東京鋳金会展などに

 

出品した作品は、宮内省の買い上げとなるなど

 

数多くの展覧会で優秀な賞を受賞しました。

 

また、文展審査員や

 

日本工芸美術展の委員依属なども歴任しています。

 

50代中頃からは新潟県で越後焼窯新潟陶苑を興し

 

製陶と弟子の育成にも力を注ぎました。

 

また、60代の頃には真野町に真野山焼窯を構えるなど

 

一時陶芸にも力を注いでいます。

 

 

やがて、1953年からは日本伝統工芸展で

 

2年連続、出品した蝋型鋳銅置物が

 

文化財保護委員長賞を受賞し

 

文化財保護委員会の買上げ作品となっています。

 

これらの功績が認められ、佐々木は1960

 

78歳の時に蝋型鋳造の分野で

 

重要無形文化財に認定されました。

 

 

【佐々木象堂の作品の特徴と技法】

 

佐々木象堂の作品には、ろう型鋳金という手法が

 

しばしば用いられています。

 

この技術はまず、ロウを原料に竹へらや手で

 

作品の原型を作るところから始まります。

 

続いて、鉱物専用の真土で原型を包み込み

 

高温で焼きあげてロウを鋳型から流出させます。

 

その後に、できた空洞に溶解した金属を流し込みます。

 

こうして数時間後、鋳型を割り、流し込んで鋳造された

 

作品の原型が姿を現すしくみです。

 

このようにろう型鋳金は、一つの鋳型に対して

 

一つの作品しか製作できません。

 

そのため、機械技術の進化が進む中

 

このような製造工程を経て作品を製作している作家は

 

現在では多くありません。

 

しかし一方で、この工程を経て出来あがるろう型鋳金は

 

製作過程を利用した柔軟な造形ができることが

 

最大の利点であり、ロウを使用して鋳造する

 

伝統的な技法として知られています。

 

そのろう型鋳造の特徴を生かした作品の中でも

 

1937年に佐々木象堂が製作した「阮咸」は

 

特に素晴らしい作品として知られます。

 

漢式琵琶を飛鳥女人が奏でている姿を作品にしており

 

なめらかで、しっとりとした肌合いの飛鳥美人が

 

具現化したような出来上がりと称されています。

 

 

【佐々木象堂の評価される所以】

 

佐々木象堂は、その生涯で

 

数々のろう型鋳金の作品を制作していますが

 

その技術を自身で高い水準にまで引き上げることで

 

美しい作品を作り上げています。

 

古来のなめらかな、魅力ある造形、肌合いを具現化し

 

日本の伝統美の中に西洋のモダニズムを融合させた

 

高い美の感覚を我々に示してくれました。

 

このような面が、佐々木のろう型鋳金の技術が

 

高く評価されている点のひとつでもあります。

 

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定