骨董品・美術品、遺品整理の高価買取

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

松田権六【人間国宝/蒔絵】

松田権六(まつだごんろく)

 

松田権六は、1896年に石川県の農家に生まれました。

 

7歳で仏壇職人であった兄の孝作から

 

蒔絵漆芸の技術を学び始め

 

18歳の時に石川県立工業学校を卒業し

 

東京美術学校漆工科に学びます。

 

卒業後には陸軍に入隊し、1921年に除隊しています。

 

そしてその年に、東洋文庫にて

 

朝鮮楽浪遺跡跡で発掘された

 

漆遺品の修復作業に携わりました。

 

29歳になると、六角紫水教授らの勧めで

 

株式会社並木製作所に入社し、喫煙用品や

 

万年筆などの漆工加飾作業を手掛けます。

 

1927年に並木製作所を退職すると

 

東京美術学校助教授や

 

帝国議会議事堂便殿(現御休所)の漆工事を

 

手掛けるようになり、漆芸師としての名を広めます。

 

47歳の時には東京美術学校の教授となり

 

1955年、59歳で「蒔絵」の分野で

 

人間国宝に認定されました。

 

また同年に、社団法人日本工芸会を設立し

 

理事に就任、1962年には理事長となっています。

 

その後、執筆活動も積極的に行い

 

著書「うるしの話」(岩波新書)を刊行

 

毎日新聞に「漆芸十話」の連載などを行います。

 

後進の育成にも尽力し、自身も設立に深く関わった

 

輪島市漆芸技術研修所の設立に伴い

 

現石川県立輪島漆芸技術研修所の講師に着任します。

 

78歳で勲二等瑞宝章を受章、

 

80歳で文化勲章を受章しています。

 

 

 

松田権六の作品の特徴と技法

 

松田権六の作品の特徴は

 

多彩な漆芸の技法を駆使して

 

加飾素材を最大限に活かした

 

華やかで豪奢な表現方法だと言えます。

 

その作品には、螺鈿や鎌倉彫などを駆使した蒔絵に

 

金粉や色漆がしばしば使われています。

 

幼少から学んだ加賀蒔絵などの

 

古代漆芸の影響を強く受け、それを踏襲しながら

 

新しい独自の技法も取り入れた

 

豊かで格調高い新境地の漆芸を切り開いています。

 

 

 

松田権六の評価される所以

 

松田権六がその華やかな作品を多く制作できたのは

 

地道な漆芸への修練の積み重ねによる所から

 

来ているといえます。

 

7歳の頃から蒔絵を始めたほか

 

自身の制作活動と共に36年間もの長きに渡って

 

後進の育成に尽力しています。

 

一方、文化財の保存にも力を注ぎ

 

国宝中尊寺金堂や正倉院の

 

保存修理などにも従事しています。

 

 

 

小森邦衞【人間国宝/髹漆】

小森邦衞(こもりくにえ)

 

小森邦衞は、1945年に石川県で生まれました。

 

20歳の時に和家具職人から輪島塗師に転身し

 

沈金の技法を学ぶ為、樽見幸作に師事しています。

 

そして1968年には

 

輪島市立漆芸技術研修所沈金科に入学しました。

 

そこでは蒔絵師の松田権六や

 

輪島塗沈金師の前大峰らに学びます。

 

さらに、卒業すると新設された髹漆科の聴講生となり

 

乾漆を増村益城、籃胎を太田儔、

 

曲輪を赤地友哉らから学びました。

 

1980年に日本伝統工芸会正会員になり

 

また、1986年、89年には日本伝統工芸展で

 

NHK会長賞を受賞。

 

その後も数々の展覧会で受賞を重ね

 

2006年、61歳の時に「髹漆」の分野で

 

人間国宝に認定されました。

 

 

 

小森邦衞の作品の特徴と技法

 

小森邦衞の「髹漆」の技法を施した代表的な作品は

 

籃胎(らんたい)と呼ばれる細かい竹を編み込んだ

 

網代の器といえます。

 

これは細く薄く削った真竹を編み込んで

 

網代を成形し、漆を塗り重ねた「籃胎」と

 

檜の薄板を曲げて環状にして漆を塗った

 

「曲輪」を組み合わせる技法を駆使しています。

 

木と竹の材質から生じる収縮率の違いを

 

巧みに読んだ職人の熟練した技が

 

作品の随所に織りこまれています。

 

表面が網目である為に均一ではない網代を

 

刷毛目を感じさせないなめらかな塗りに仕上げ

 

その微妙な凹凸が美しい文様となります。

 

その技には小森邦衞が和家具の職人をしていた頃の

 

のみやかんななどの扱いと、

 

木の性質を知り尽くしている経験が

 

活かされています。

 

また、伝統的に輪島塗は

 

分業化されていることが多く

 

木地作り、下塗り、研ぎ、中塗り、上塗り、加飾など

 

各工程に職種が分けられていましたが

 

小森邦衞はその全てをほとんど自身で

 

行っていることも特徴です。

 

こうして、初めて小森邦衞独自の

 

「髹漆」の作品が出来上がっています。

 

 

 

小森邦衞の評価される所以

 

小森邦衞は後進育成にも

 

とても熱心に情熱を傾けています。

 

日本全国から集まった弟子を育て

 

ただ単に輪島塗の一過程だけでなく

 

輪島塗の100近い多くの工程を全て出来るように

 

4年を掛けて独立を目指した

 

指導をしているといいます。

 

小森邦衞がこだわりを持って貫いてきた

 

一貫して輪島塗の作業を手掛けるという精神を

 

弟子たちにも伝えています。

 

 

 

中川衛【人間国宝/彫金】

中川衛(なかがわまもる)

 

中川衛は1947年、石川県にて生まれました。

 

実家は元々農業をしていましたが、

 

24歳で金沢美術工芸大学の産業美術学科を

 

卒業すると同時に、松下電工に入社します。

 

その後家庭の事情で実家に戻り、

 

農業を手伝う傍ら、石川県工業試験場にて

 

働くようになります。

 

故郷に戻る前はデザイナーとして働いていた

 

中川衛は、自身の経験を通した

 

地域貢献を考えていました。

 

そんな中であったのが、現代の加賀象嵌に

 

大きく貢献した、高橋介州です。

 

高橋介州からは加賀象眼について学び

 

1979年、日本伝統工芸展初入選したのを皮切りに

 

彫金家としての才能を見せ、2004年、57歳で

 

人間国宝として認定されています。

 

 

 

作品の特徴

 

中川衛の作品は

 

デザイナーとしての経験が活かされた

 

現代らしいスタイリッシュな雰囲気がある所が

 

特徴だと言われています。

 

高橋介州とは違う作風を模索していた中川は

 

鉄や赤銅、朧銀などを作品に使った事で

 

新しい加賀象嵌のスタイルを生み出し

 

話題となりました。

 

また平象嵌や鎧象嵌と言った

 

難しい技法を施している点も、

 

中川衛ならではの特徴と言われています。

 

 

 

加賀象嵌について

 

安土桃山・江戸前期に活躍した

 

大名の前田利長によって始まったと

 

言われています。

 

平象嵌の上から、糸状の金属を当て込む糸象嵌が

 

特徴と言われており、色金を使った鎧象嵌や

 

埋金と言った技法も使われています。

 

加賀象嵌は花瓶や香炉などにも用いられた

 

言わば嗜好品でしたが、技術者の減少や

 

高価であることで技術者の数は減り

 

第二次世界大戦が決定的となり

 

しばらく途絶えていました。

 

そこを復興させたのが、高橋介州などでした。

 

 

 

その他の細かい技法について

 

・赤銅

 

銅の中に0.3割ほどの金を入れた素材です。

 

硫酸銅やミョウバンの液で煮ると

 

黒がかった紫色へと変化します。

 

・朧銀

 

別名、四分一とも言われます。

 

銅を3割、銀を1割使った素材のことで

 

器物の蒔絵にも使われる梨子地で

 

光沢を消す技法の事も指します。

 

・平象嵌

 

金属や陶磁器などの素材に

 

別の素材を当て込む技法を指します。

 

 

 

加賀象眼を後世に伝える中川衛

 

中川衛は現在、作家として活動しながら

 

金沢美術工芸大学工芸科で非常勤講師として

 

勤務しています。

 

また金沢市制百周年記念事業として

 

1989年に立てられた

 

金沢卯辰山工芸工房でも指導しています。

 

加賀象眼の技術を多くの人に伝え

 

後進の育成にも励んでいます。

 

 

 

大場松魚【人間国宝/蒔絵】

大場松魚(おおばしょうぎょ)

 

大場松魚は大正5年に石川県金沢市に生まれました。

 

17歳で石川県立工業学校を卒業すると

 

父の宗秀の下で

 

10年間漆塗りの技術を学んでいます。

 

さらに、27歳の時に上京すると

 

加賀蒔絵をベースに

 

螺鈿や平文といった技法を使った作品で知られる

 

松田権六からも、漆工全体について

 

教わる事となりました。

 

その後、昭和21年に第1回日展で初入選し

 

以後昭和23年の『漆之宝石箱』による特選など

 

受賞を重ねていきます。

 

伊勢神宮式年遷宮の神宝制作の他

 

中尊寺金色堂の修理にも関わり

 

昭和57年、66歳の時に蒔絵の技術が認められ

 

人間国宝に認定されました。

 

そして平成24年、息を引き取っています。

 

代表作としては『漆絵富士日月夫婦椀』や

 

『平文箱富士和讃』、『漆絵富士花鳥風月椀』

 

などがあります。

 

 

 

特徴

 

大場松魚の特徴は優れたデザインセンスと

 

高い技術力で、作品に優雅な印象を

 

与えている所にあると言われています。

 

また特に注目されていたのが、平文と言う技法です。

 

平文とは文様状に切った金や銀の板を

 

素地に付ける作業の事です。

 

平文は奈良時代にピークを迎えた後

 

一旦途絶えていたのですが、

 

大場はそれを復活させただけでなく

 

独自の存在感を演出しています。

 

平文の金属板を効果的に見せると同時に

 

繊細な線形も表現し、また蒔絵や変り塗

 

螺鈿や卵殻などの技法も駆使したのです。

 

そしてそれらは伊勢神宮御遷宮の

 

御神宝製作の際に深まった技術と言われ、

 

「平文技法」とも言われています。

 

 

 

技法の簡易的な解説

 

・蒔絵

 

素地の上から金や銀、錫の粉などを掛けて

 

文様を作る技法の事です。

 

日本独自の技術で奈良時代から始まった

 

と言われています。

 

・変り塗

 

蒔絵と同じ漆工技法の一つですが

 

他にも青貝や象眼などを使うなど

 

多種多様な事からその名前が付けられています。

 

ちなみに津軽塗で知られている技法で

 

元は武士の刀の鞘に使われていました。

 

・螺鈿

 

貝殻を一つずつ文様上に切り、研磨する事で

 

さらに美しさを際立たせ、素地に貼る技法の事です。

 

・卵殻

 

鶏やウズラの卵の殻を、薄皮を取った状態で

 

割って素地に貼り付ける技法の事です。

 

 

 

このように大場松魚は様々な技法を駆使し

 

日本の自然の世界を描いており

 

それは「和光の世界」とも言われています。

 

 

 

充実していた人生と思われる大場松魚

 

大場松魚は数多くの技法を習得していますが

 

それは修行や研究の成果から

 

来るものである事が分かります。

 

またそれを実際に使うと言うのも

 

研究と同じように

 

手間がかかるものかもしれません。

 

しかし大場松魚は

 

「どこまで出来るか分からないが、

 

一生やっていきたい」

 

と言う旨の言葉を残しています。

 

大場松魚は100歳近くまで生きてきましたが

 

氏の人生はとても充実していたものだと考えられます。

 

 

 

大角幸枝【人間国宝/鍛金】

大角幸枝(おおすみゆきえ)

 

大角幸枝は昭和20年に静岡県掛川市にて生まれました。

 

24歳で東京藝術大学美術学部芸術学科を卒業したのち

 

鹿島布目の技術で有名な鹿島一谷や

 

柳川派12代目として知られている桂盛行、

 

打出や接合せの技法に突出した関谷四郎から

 

鍛金の教えを受けます。

 

昭和62年に銀打出花器の『風濤』で

 

日本伝統工芸展の日本工芸会総裁賞を受賞しました。

 

また、平成26年に銀打出し花器の『風韻』で

 

日本伝統工芸展日本工芸会保持者賞を受賞します。

 

そして平成27,70歳の時に、女性の金工家として

 

また掛川市出身としても初めて

 

人間国宝に認定されました。

 

 

 

特徴

 

大角幸枝の作品は、流れるような文様で

 

波や風、雲や流水と言った、形が定まらない

 

自然のものを現している所が

 

特徴のひとつだと言われています。

 

いくつもの技法と銀も用い

 

それらが作品の中で一体となっています。

 

制作している作品の多くは

 

花器や茶道具、書道具と言ったもので

 

生活の中で使ってもらえる事を信条としています。

 

 

 

よく使われる技法

 

・彫金

 

金属を彫ったり削ったりする作業の事です。

 

・鍛金

 

鍛金は金槌と当金を使って

 

立体物を作る作業の事を指します。

 

職人によっては叩いた跡を目立たないようにしたり

 

敢えてその跡を楽しむ為に

 

消さないと言った人もいます。

 

・象嵌

 

素材に、質感や色の違う素材を

 

嵌め込む作業の事を言います。

 

大角幸枝の場合は象嵌の作業で、波や風、雲や流水

 

と言った自然の風景を現す文様を表現し

 

氏の行う象嵌は「布目象嵌」に分類されると

 

言われています。

 

 

 

作品作りの背景

 

「鍛金による日常で使われる道具作り」と言うのは

 

大角幸枝自身が海外に目を向けてきた事が

 

起因しています。

 

駆け出しの時からシルクロードや中東と言った

 

海外の工芸品に触れ、また昭和63年に

 

文化庁芸術家在外研修員として、

 

イギリスに1年間滞在していた経験があります。

 

そう言った中で学んだのは、海外では金属製ものが

 

生活道具として当たり前に使われていると言う

 

日本にはない文化でした。

 

また結果を重視しがちでそそくさと過ごして

 

時間をゆっくりと味わっていない

 

現在の日本を、顧みてほしいと言う思いも

 

作品作りには込められているようです。

 

 

 

増村益城【人間国宝/髹漆】

増村益城(ますむらましき)

 

増村益城は1910年に熊本県で生まれました。

 

実家は農家でしたが、幼少期から

 

漆芸に興味を持っており、

 

熊本市立商工学校漆工科を卒業すると同時に

 

辻永斎から教えを受けています。

 

また1933年には漆塗りの第一人者と言われている

 

赤地友哉に師事。

 

その後実在工芸展や日本漆芸院展、

 

新文展や日展と言った展覧会に出品し

 

乾漆技法による作品作りが認められ

 

1978年、68歳の時に人間国宝に認定されました。

 

1996年に息を引き取りますが

 

14歳の頃から漆芸をしてきた増村は

 

72年もの間、制作活動を続けていました。

 

その代表作としては、乾漆盛器や

 

乾漆提盤などがあげられます。

 

 

 

特徴

 

増村益城の作品は伝統をベースにしながらも

 

洗朱という黄味がかった朱色や

 

黒色の漆によるシンプルな一色で構成された

 

洗練された雰囲気が特徴といえます。

 

また麻と漆を交互に塗り

 

複雑な造形や絵付けを行わず、

 

薄造りの木地で作り上げると言った作り方も

 

氏を代表する作り方です。

 

 

 

技法

 

・髹漆(きゅうしつ)

 

髹漆は漆塗りの一種です。

 

乾漆を含む素地造りから始まり、下地や上塗り、

 

仕上げも含める一連の工程の事を言います。

 

また、木材や竹、布や和紙と言ったものを用い

 

装飾をせずに漆りだけで行います。

 

素材の良さと漆の光沢、形の立体感を楽しむものとして

 

好まれている技法です。

 

 

・乾漆

 

乾漆とは、木材を除いた粘土や石膏などの材料で

 

素地を作る技法の事です。

 

そこに漆を塗りまた接着剤の目的も兼ねて麻布を張り

 

そして上から再度漆を塗ると言った工程も行います。

 

乾漆は自由に作りやすく

 

さらに頑丈かつ軽いと言った利点があり、

 

7世紀の奈良時代に

 

中国から伝わったと言われていますが

 

仏像造りにも活かされてきたようです。

 

増村益城はさらに縄胎や、紙胎の技法も使って

 

柔和な雰囲気の出る髹漆造りを行いました。

 

 

・紙胎

 

2000年以上前から使われている木や粘土などの原型に

 

紙を張ってから漆を塗る技法の事です。

 

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定