お役立ち情報
骨董品
2019/01/31

西山翠嶂【帝室技芸員/日本画】

西山翠嶂(にしやますいしょう)

 

1879年、日本画家の西山翠嶂は京都で生まれました。

 

14歳のときには戦前の京都の画壇の重鎮である

 

竹内栖鳳に弟子入りを果たします。

 

また竹内栖鳳からは娘を貰い、

 

京都画壇の場でも活躍しました。

 

やがて50代半ばの頃には母校である

 

京都市立美術工芸学校にて校長を務め、

 

また1921年には画塾の青甲社を設立するなど

 

後輩の指導にも力を注ぎます。

 

そして1944年、65歳のときに

 

帝室技芸員として認定されました。

 

 

 

画風と京都画壇での立ち位置

 

西山翠嶂の作品の特徴は、

 

師匠の竹内栖鳳から受け継いだ軽やかな雰囲気の

 

人物風景画でもあり、

 

また竹内栖鳳からの教えを発展させて

 

洗練された雰囲気の作風に昇華させていきました。

 

1907年の第1回文部省美術展覧会で出した

 

「広寒宮」にもその作風は現れ、

 

月の世界の宮殿を描いた「広寒宮」は三等賞を獲得し

 

以後、受賞を重ね続けていきます。

 

また1919年から始まった帝国美術院展覧会においては

 

審査員としても選ばれました。

 

西山翠嶂は竹内栖鳳がこの世を去った後も

 

京都画壇を盛り上げ、京都画壇を代表する顔として

 

存在感を確立させるようになっていきます。

 

 

 

活動背景

 

京都画壇について

 

明治以降の京都の美術界を指します。

 

やまと絵の派生である土佐派や、円山応挙の円山派と

 

呉春の四条派の2つを現す、四条円山派が生まれました。

 

明治期に活躍した京都画壇の画家としては

 

今尾景年や鈴木松年などがいます。

 

また師匠との結び付きが強いとも言われており、

 

西山翠嶂が竹内栖鳳から娘を貰い受けたのも、

 

その為とも考えられます。

 

 

青甲社

 

1921年当時に、約40人の塾生がいた事で知られています。

 

青甲社出身の作家としては、「星五位」や

 

「樹下幽禽」で知られる上村松篁。

 

「雨後」や「弘法大師」で知られる森守明。

 

「裏磐梯」や「天壇」の西山英雄などがいます。

 

 

 

存在感を確立させた西山翠嶂

 

京都画壇を代表する顔として

 

存在感を確立させた西山翠嶂。

 

その存在の大きさは

 

作品発表で盛り上げてきただけでなく、

 

後進の指導を積極的に行った所からも

 

伺うことが出来ます。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定