お役立ち情報
骨董品
2019/07/18

清水六和【工芸作家/陶芸】

清水六和(きよみずろくわ)

 

清水六和は1875年3月に京都で生まれました。

 

父は清水焼の四代目となる京都の陶工家、清水六兵衛で

 

六和はその父から基礎的な技法を学ました。

 

また日本画を、同じく京都を代表する

 

日本画家・幸野梅嶺から教わります。

 

なお1895年に幸野梅嶺が亡くなったため

 

幸野梅嶺の弟子でもある谷口香嶠から

 

引き続き日本画の教えを受けました。

 

やがて28歳の時には京都市立陶磁器試験場にて

 

釉薬や製陶法及びマヨリカ焼きについて

 

調査や教えを受けています。

 

この間に様々な製陶場を見て回った経験は

 

のちに清水六和の特徴でもある

 

上品な清水焼にも活かされました。

 

1912年には京都遊陶園を立ち上げ

 

その翌年の1913年、30代後半に

 

5代目として清水六兵衛の名を引き継いでいます。

 

50代になると帝国美術院展覧会で審査委員を務め

 

翌年、マヨリカ焼きの研究が認められ

 

緑綬褒章を受章することとなりました。

 

 

 

■家系としての清水六兵衛について

 

京都五条坂を代表する陶芸の一家です。

 

初代は大阪の出身で京都五条坂にて、

 

京都産寧坂での茶道具作りが知られている

 

海老屋清兵衛から学んだ事がきっかけです。

 

一家は新しい作風を意識しており

 

現在8代目まで続いています。

 

 

 

■清水焼について

 

元々粟田口焼や音羽焼、八坂焼と言った

 

清水寺へのルートを中心した、

 

清水坂エリアで焼かれた焼き物全体を指しています。

 

また京焼とも呼ばれています。

 

今は広義が広くなり、東山一帯や山科

 

宇治の地域も含まれています。

 

なお京都においては原料の土が採れないので

 

他所の場所の土を使用していますが、

 

京都の歴史の重さと各作家性を反映した

 

豊かなデザイン性が支持されています。

 

 

 

■マヨリカ焼について

 

元々イタリアを代表する焼き物で

 

素地に錫白釉を掛けた状態から、

 

上絵付けを行っています。

 

ルネッサンス時代に作られ始めたと言われており

 

多彩な色合いが特徴です。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定