お役立ち情報
骨董品
2019/11/07

富永直樹【彫刻家】

富永直樹(とみながなおき)

 

富永直樹(本名:良雄)19135月に

 

長崎県長崎市で生まれました。

 

1926年に長崎県長崎中学校に入学。

 

中学五年生の時に呉服店で展示されていた

 

官設美術展出品作品の裸婦像を見たことで

 

彫刻家になりたいと言う願望を持った

 

と言われています。

 

その為、1933年には東京美術学校

 

彫刻科塑造部に入ります。

 

そこには多くの猫の作品を手掛けている朝倉文夫や

 

氏自身も制作に参加した『長崎平和祈念像』が

 

知られている北村西望。

 

写実性が高いながらも穏やかな作風で知られている

 

建畠大夢が指導を行っており、

 

富永直樹は彼らの下で教えを受けました。

 

やがて1936年の文部省美術展覧会において

 

ブロンズ像の『F子の首』が初入選。

 

2年後に卒業すると同時に

 

そのまま彫刻科研究科に入っています。

 

以降も日本美術展覧会への出品を積極的に行い

 

1950年、日本美術展覧会において

 

『殊勲者』が特選受賞すると同時に、

 

名を直樹に改めました。

 

また1952年に日本美術展覧会に出品した『主将』は

 

無鑑査かつ特選を獲得しています。

 

やがて1973年には

 

日本美術展覧会の理事を務めることとなり、

 

1990年、77歳の時に文化勲章を受章。

 

その次の年には長崎県名誉県民となりました。

 

2006月4月、93歳で息を引きとっています。

 

 

 

デザイナーとしても活躍

 

また富永直樹は同時にデザイナーでもありました。

 

三洋電機のザイン部門で常務として勤務したりするなど

 

活躍を見せ、黒電話4号機や日本で初めてのカラー電話。

 

家具調テレビのデザインも手掛けていました。

 

これらを通して日本の、戦後の電化製品のデザインを

 

語るにも欠かせない人物と言われています。

 

 

 

彫刻家としての作風

 

富永直樹は正統的写実表現でありながらも

 

穏やかでかつ力強さも持ち合わせた

 

作品展開をしてきました。

 

また、モデルの内面を再現する

 

オーギュスト・ロダンではなく、ロダンの弟子であり

 

造形性と力強さに優れているブールデルの作風を好み、

 

衣服を着た男性像の作品を多く発表しています。

 

なお1960年代の中盤に、

 

キリスト教をモチーフにした作品を多く手掛けています。

 

自身はカトリック教徒ではありませんが、

 

そうは見えないほどに

 

キリスト教をモチーフにした作品には

 

神秘性に溢れています。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定