お役立ち情報
骨董品
2019/04/04

奥村土牛【文化勲章/日本画】

奥村土牛(おくむらとぎゅう)

 

日本画家の奥村土牛は、1889年に東京で生まれます。

 

城東尋常小学校を卒業後、16歳の時に

 

梶田半古の画塾に入門し、塾頭だった

 

小林古径に師事して日本画を学びました。

 

やがて1906年の日本絵画展覧会に

 

『菅公の幼時』を出品し入選すると、翌年の

 

東京勧業博覧会でも『敦盛』が入選を果たします。

 

そして、23歳の頃から逓信省の為替貯金局統計課で働き

 

統計図や絵葉書、ポスターなどを製作し

 

5年ほど勤務しました。

 

この間も文芸雑誌「白樺」を愛読してゴッホやセザンヌ

 

ゴーギャンなどの後期印象派の影響を受け、

 

写生を続けていました。

 

また、35歳の時には新人の登竜門であった

 

中央美術社第5回展で『家』が中央美術賞を受賞、

 

その約2年後からは速水御船の研究会に参加し

 

大いに刺激を受けました。

 

そして、1927年の第14回再興院展で

 

『胡瓜畑』が初入選し

 

38歳で本格的な画壇デビューを果たします。

 

翌年の第15回院展では『雨趣』、

 

第16回同展では『蓮池』

 

第17回同展では『枇杷と少女』と出品し、

 

晩年まで院展への出品を続けました。

 

その後1935年には帝国美術学校教授に就任、

 

また東京美術学校講師も務めています。

 

また、58歳の時には日本芸術院会員ともなり

 

1962年、73歳で文化功労者、

 

そして文化勲章を受章しています。

 

 

 

奥村土牛の作品の特徴と技法

 

奥村土牛は自らが師事した半古や古径から学んだ

 

写生や画品を重んじる制作姿勢を

 

生涯にわたって貫きました。

 

自身が語っているように

 

「絵を通して伝わってくるのは作者の人間性」

 

という信念を常に持ち続けて、

 

清らかな温かみのある作品を残しました。

 

その作風には、刷毛で胡粉などを

 

何百回と繰り返し重ね塗り、

 

微妙な色彩を表現する丹念な作業が用いられます。

 

皇居にも飾られている『富士』が有名です。

 

その他の代表作には実景を丹念に写生した

 

『鳴門』や『雪の山』、『聖牛』、

 

『城』などがあります。

 

 

 

奥村土牛の評価される所以

 

奥村土牛は、長年の地道な画業で

 

その地位を築いていきました。

 

10代から絵画に親しみ38歳で院展で初入選するなど

 

画家としては遅咲きでしたが、

 

80歳を超えてもその制作意欲は衰えることなく、

 

精進を続けています。

 

その実直な人柄から生まれる作品は

 

人々から愛されています。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定