お役立ち情報
骨董品
2019/04/04

上村松篁【文化勲章/日本画】

上村松篁(うえむらしょうこう)

 

上村松篁は1902年11月に、京都市で生まれました。

 

母は序の舞が知られている画家の上村松園です。

 

1920年に京都市立絵画専門学校へ入学し、

 

京都画壇を代表する西山翠嶂に弟子入りします。

 

また同年には画塾青甲社にも入ったり、

 

第3回帝国美術院展覧会において閑庭迎秋を出品し

 

初入選を果たしました。

 

それ以後は1928年の第9回帝国美術院展覧会において

 

蓮池群鴛図が特選になったり、

 

第3回日本美術展覧会において審査員となるなどして

 

名を広めていきます。

 

しかし日本美術展覧会の運営に疑問を持ち

 

1947年に脱退。

 

次の年、46歳のときには秋野不矩や福田豊四郎達と共に

 

創造美術協会を立ち上げました。

 

これらの功績が認められ、上村は1984年

 

82歳のときに文化勲章を受章しています。

 

以降は京都市立美術専門学校の教授を務めたり

 

皇居新宮殿の為の屏風絵を描くといった活動も

 

有名です。

 

 

 

作品の特徴

 

上村松篁の作品の特徴は、円山四条派に忠実ながらも

 

現代的な絵の構図や豊かな色彩感覚で、

 

花や鳥などを品位高く描いている所にあります。

 

またその特徴は

 

母の上村松園の作品と共通する所が多く、

 

上村松篁自身が母の作風を追いかけていた

 

とも言われています。

 

 

 

作品の背景

 

円山四条派

 

江戸時代中期に栄えた円山応挙からなる円山派と

 

呉春が開いた四条派の合わせたものです。

 

円山応挙は写実的でありますが

 

バランスの良い構図を目指しており、

 

上村松篁の作品にもその思想が反映されている

 

と考えられます。

 

京都市立美術専門学校

 

1880年に設立された

 

日本で初めての公立絵画専門学校です。

 

設立当初は、戦前の京都画壇を代表する竹内栖鳳や

 

同じく竹内栖鳳と共に

 

京都の重鎮として活躍した山元春挙。

 

菊池塾を設立した菊池契月などが在籍していました。

 

 

 

上村松園の遺伝子を引き継いだ上村松篁

 

上村松篁は作品はもとより、京都市立絵画専門学校にて

 

後進の指導を行った事から、母の上村松園と同じく

 

文化勲章受章を受賞したと言われています。

 

しかしその作品は上村松園の遺伝子をも

 

しっかりと引き継いだものとなっており、

 

そういった点も文化勲章受章に繋がった、

 

と充分に考えられます。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定