お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

ロイヤルアルバート ~Royal Albert~

ロイヤルアルバート ~Royal Albert~ とは

 

ロイヤルアルバートは、1904年に誕生した

 

イギリスの洋食器メーカーです。

 

1896年、トーマス・ワイルドと

 

トーマス・クラーク・ワイルド親子が

 

イギリスのストーク・オン・トレントで

 

創業しました。

 

「アルバート」というブランド名は

 

ワイルド親子がイギリス王室を愛するあまり

 

ヴィクトリア女王の夫アルバート公と

 

女王夫妻の孫アルバート・ジョージ王子に

 

ちなんで付けられたものです。

 

 

創業の翌年、1897年には

 

ヴィクトリア女王のダイヤモンド・ジュビリー

 

(即位60周年記念)

 

の記念品を依頼され、1904年に

 

「ロイヤル」の称号を名乗ることを許されます。

 

こうして、現在の

 

「ロイヤルアルバート」が誕生しました。

 

 

英国の代表的な花々がデザインに取り入れられ

 

鮮やかな彩りや惜しげもなく使われた金彩

 

また優雅で美しいシェイプは

 

王室御用達にふさわしいデザインとなっています。

 

その一方で、リーズナブルな価格で提供する

 

という方針を持ち、

 

近代では有名人とコラボレーションするなど

 

人気を集めています。

 

 

紅茶のためのカップ

 

ロイヤルアルバートの代表作の中でも

 

特に有名なのが

 

「オールド・カントリー・ローズ」と呼ばれる

 

バラが咲き誇るデザインの、

 

モントローズシェイプ」という形の

 

ティーカップセットです。

 

これは

 

『紅茶を最もおいしく飲むための究極のシェイプ』

 

と言われています。

 

 

ロイヤルアルバート モントローズシェイプ2-0

 

 

紅茶を楽しむために作られたこのシェイプには

 

様々な工夫が施されており

 

その一つにカップ上部が広がっている、

 

という点があります。

 

熱湯で抽出することが理想的とされる紅茶を

 

淹れたての状態からできるだけ早く冷ますために、

 

表面積を広げてあるのです。

 

また、カップの下部が膨らみ、

 

真ん中がくびれたデザインは

 

カップの中に対流をつくり、

 

温度とうまみを保ちます。

 

さらに高台(スカート。カップの足の部分)

 

ソーサーからの冷たさを

 

紅茶に伝わりにくくしており、

 

1962年にこのデザインが登場して以来、

 

ベストセラー商品とされています。

 

 

代表作

 

オールド・カントリー・ローズ以外の

 

代表作をご紹介します。

 

100周年記念コレクション

 

1906年「ロイヤルアルバート」の社名を

 

登録してから100周年記念として

 

制作されたコレクションです。

 

過去100年を10年毎に、

 

それぞれの時代に製作された

 

デザインから着想を得て

 

様々なデザインの作品が制作されました。

 

 

ロイヤルアルバート 100周年コレクション ロイヤルアルバート 100周年コレクション 2

 

 

レディカーライル

 

1946年に発表されたデザインです。

 

18世紀のロココスタイルを基調としており

 

忘れな草、ブルーベルなどの

 

小花やバラの美しい花柄

 

そして金彩のスクロール(渦巻き)を取り入れた

 

豪華な模様が特徴です。

 

 

ロイヤルアルバート レディーカーライル

 

 

リチャード・ジノリ ~Richard Ginori~

リチャード・ジノリ ~Richard Ginori~ とは

 

ジノリはイタリアの陶磁器メーカーです。

 

白い陶器を作り出すのが難しかった

 

17世紀から18世紀にかけてのヨーロッパで、

 

ドイツやオーストリアに続き

 

磁器窯を創設しました。

 

 

創業者であるカルロ・ジノリ侯爵は

 

1735年、自身の領であるドッチアに窯を開くと

 

鉱物学の知識を活かし

 

原料土や発色の研究を重ね、

 

イタリア初の白い磁器を完成させました。

 

当初は豪華な1点ものの作品に

 

力を注いでいましたが

 

その後東洋の磁器や

 

フィレンツェの果物や花から

 

インスピレーションを得て、

 

代表作となる「レッドコック(赤い雄鶏)」や

 

「グランデューカ」を生み出します。

 

作品はフィレンツェの権力者

 

メディチ家にも献上されたそうです。

 

 

その後カルロ・ジノリ侯爵のあとを

 

息子たちが引き継ぎ、

 

新工場の建設や磁器の質の改善を実現し、

 

ジノリは様々な作品を生み出していきます。

 

19世紀になるとフィレンツェに直営店を展開して

 

一般にもジノリは広まり、

 

神聖ローマ皇帝フランツ2世や

 

ナポレオンの妻マリー・ルイーズ、

 

エジプト総督などの

 

多くの皇族たちにも愛されました。

 

 

数々の名品を生み出したジノリは

 

1896年、企業家ジュリオ・リチャードの

 

ミラノ工場と合併し

 

現在の「リチャード・ジノリ」の形となりました。

 

 

代表作

 

ベッキオジノリホワイト

 

リチャード・ジノリを代表する

 

最古の作品です。

 

「ベッキオ」とはイタリア語で

 

「古い」を意味し、

 

バロック様式の格式高いレリーフで

 

規則正しいバスケットの編み込み模様と、

 

中心に向かって

 

大胆に入ったライン等が特徴です。

 

 

ジノリ ベッキオホワイト

 

 

グランデューガ

 

ジノリ開窯後間もない時期、

 

トスカーナ大公妃でありオーストリア女王の

 

マリア・テレジアの為

 

デザインされました。

 

リチャード・ジノリならではの白地に、

 

東洋的な大輪の花々が描かれた

 

高貴なデザインで、

 

「グランデューガ」はイタリア語で

 

「大公妃」を意味しています。

 

「東洋の庭」という別名もある作品です。

 

 

ジノリ グランデューガ-0

 

 

イタリアンフルーツ

 

1770年頃、ある貴族が

 

トスカーナに持っていた別荘用のテーブルセットとして

 

デザインされた作品です。

 

こちらもジノリの代表作で

 

ジノリならではの白地に、

 

青紫のプラムを中心にとしたフルーツや小花が

 

絶妙なバランスで描かれています。

 

絵付けは職人の判断によって

 

いくつかのパターンがあり、

 

同じシリーズでも

 

11つ柄が違っているものもあります。

 

 

ジノリ イタリアンフルーツ

 

 

アンティックローズ

 

18世紀後半に誕生しました。

 

当時のヨーロッパ貴族をはじめ

 

上流階級で絶賛され、

 

200年以上経った今も人気の高い作品です。

 

ルネサンス期の銀器の形をモチーフにしており、

 

柔らかな曲線を帯びた中に

 

デンテル模様という縁取りと、美しいバラが

 

散りばめられた可愛らしいデザインです。

 

 

ジノリ アンティックローズ

 

 

ウェッジウッドJosiahWedgwoodandSons

ウェッジウッド~Josiah Wedgwood and Sons~とは

 

ウェッジウッドは

 

イギリスを代表する洋食器メーカーで

 

食器以外にも時計等のインテリア用品や

 

紅茶の販売も手掛けています。

 

創業者であるジョサイア・ウェッジウッドは

 

陶芸工房を営む両親の元に生まれ、修行を積み

 

1759年、バーズレムにある

 

叔父の工場を引き継ぎ独立しました。

 

ここで、当時制作が難しかった

 

白い陶器の研究を重ねた後誕生したのが

 

乳白色の「クリームウェア」です。

 

 

作品はシャーロット王妃にも認められ、

 

1766年には「クイーンズウェア(女王陛下の陶器)

 

という名称の使用を許可されました。

 

これをきっかけに、ウェッジウッドは

 

世界中にその名声を広げていき、その後も

 

「これまでの陶芸を一歩進めて、

 

芸術の域まで洗練させたい。」

 

という情熱により、

 

深みのある光沢を放つ「ブラックバサルト」や、

 

マットな質感のオリジナル素地「ジャスパー」などを

 

開発しました。

 

 

ジョサイア1世の死後は

 

息子である2世が経営を引き継ぎ、

 

「ボーンチャイナ」などの製造を経て

 

1895年には社名を

 

「ジョサイア・ウェッジウッド・アンド・サンズ」として

 

現在に至っています。

 

 

ウェッジウッド ワイルドストロベリー

 

 

代表作

 

クイーンズウェア

 

ウェッジウッドの名が各国の王侯貴族に広がる

 

きっかけとなった作品です。

 

釉薬や素地の実験を

 

何度も重ね誕生したもので、

 

最も有名な作品はロシアの女帝

 

エカテリーナ2世に献上した

 

「フロッグサービス」です。

 

イギリスの様々な風景を

 

一枚一枚手描きで描いたディナーセットで、

 

数は952点にものぼります。

 

サンクトぺテルブルク近くの

 

宮殿用に注文されましたが、

 

そこが「蛙の宮殿」と呼ばれていたことから

 

このシリーズには

 

蛙の紋章が描かれているそうです。

 

現在はエルミタージュ美術館に

 

所蔵されています。

 

 

ブラックバサルト

 

芸術の風潮がロココから

 

古代への憧れを追い求める新古典主義に

 

移り変わった、18世紀後半

 

ジョサイアが「黒」に着目し生まれた作品です。

 

当時イギリスで作られていた

 

「エジプトの黒」と言われる

 

粗質で黒い陶器を改良し、

 

この「ブラックバサルト」が考案されました。

 

アンティークのブロンズのような見た目と、

 

古代の蝋画のような絵付けの技法は

 

1769年に特許を取得しています。

 

 

ウェッジウッド ブラックバサルト

 

 

ジャスパー

 

宝石のような美しい焼物を目指して

 

開発された作品です。

 

硬質の石器ですが、マットな質感と

 

気品ある色合いがその特徴とされ、

 

様々な色のものが開発されていますが

 

ウェッジウッドブルーと呼ばれる

 

ペールブルーが最も有名です。

 

 

ウェッジウッド ジャスパー(ウェッジウッドブルー)

 

 

また、この技術を用いて

 

ジョサイアが4年かけて作り上げた

 

「ポーランドの壺」は、代表作として

 

現在ロゴデザインのモチーフになっています。

 

 

ファインボーンチャイナ

 

ジョサイアより経営を引き継いだ、

 

息子である2世が作り上げた作品です。

 

品質の高さから

 

「“ファイン”ボーンチャイナ」と呼ばれ、

 

ぬくもりある乳白色に抜群の透光性、

 

釉薬による鮮やかな発色などが

 

特徴となっています。

 

 

リヤドロ ~LLADORO~

リヤドロ ~LLADORO~ とは

 

リヤドロはスペインの

 

磁器人形(フィギュリン)製造メーカーです。

 

「優しさあふれる世界を創造したい」

 

という夢のもと

 

フアン、ホセ、ビセンテという3兄弟によって誕生し、

 

創業から約50年という短期間で

 

トップブランドとなっています。

 

 

リヤドロ 1

 

 

 リヤドロの成長

 

3人の兄弟はスペインの農家に生まれると、

 

全員美術学校に進学しました。

 

絵画や陶芸、彫刻を学んだ彼らが、

 

1953年に地中海沿岸にある自宅の庭に

 

イスラム式の小さな窯を造り

 

創作活動を始めたのが、

 

ポーセリン(磁器製品)ブランド、

 

リヤドロの始まりです。

 

 

活動を始めた当初3人は

 

ランプ用の花飾りを制作していましたが、

 

これに人気が出ると磁器用の高熱窯を築き、

 

水差しや花瓶の製造も開始します。

 

その後販売専門店をバレンシアにかまえると

 

1956年には磁器人形の制作を開始しました。

 

この磁器人形は硬質な

 

白色カオリン磁土を使用したもので、

 

優しい色合いや今にも動き出しそうな表情は

 

人気を博しました。

 

1958年には工場を

 

タベルネス・ブランケスに移すと、

 

海外への進出に備えブランドロゴに

 

SPAIN」の字が加わります。

 

 

その後リヤドロは社内に

 

職業訓練学校を創設すると共に、

 

NAO」と名付けた姉妹ブランドを

 

1968年に創設し

 

シンプルなデザインと

 

リーズナブルな価格の商品の販売を

 

実現します。

 

さらには身体障害者の雇用を開始し、

 

従業員のスポーツ・レジャー施設を兼ね備えた

 

工房とオフィスビルの連合エリア

 

「ポーセリンシティ」の建設にも着手しました。

 

このポーセリンシティは

 

196910月にオープンし、

 

今や2000人を超える職人やアーティストが

 

ここで成長し

 

リヤドロの作品の全てが

 

ここで創作されています。

 

 

1993年にはフェリペ皇太子賞国際化部門、

 

1997年には

 

フェリペ皇太子賞競争力部門などを受賞し、

 

リヤドロの作品はベルギー王立美術館や

 

ロシアのエルミタージュ美術館などに

 

所蔵されているものもあります。

 

 

フィギュリン

 

リヤドロが得意とする陶器の人形は

 

細部まで手作業で作られており、

 

その表情の豊かさ

 

またこだわったデザインが好評です。

 

ふんわりとした優しい雰囲気もありながら、

 

他社の伝統的なフィギュリンと比べると

 

背が高くほっそりした形が特徴的で、

 

題材は少女や動物による

 

日常のほほえましいシーンや

 

天使や女神・ユニコーンなどの神話上の生物、

 

またシェークスピア作品の登場人物や

 

シンデレラなどの寓話のキャラクターと多種多様です。

 

 

リヤドロ 2

 

 

中でも花のデザインは人気で、

 

花びらの11枚が手造りされた、

 

リヤドロ独自の「花」を取り入れた作品

 

1983年の「公園通りの花屋さん」は

 

特に人気がありました。

 

 

リヤドロ 公園通りの花屋さん

 

 

バカラ ~Baccarat~

バカラ ~Baccarat~ とは

 

バカラはフランスのクリスタルガラスメーカーです。

 

“製造された製品の3~4割は破棄されてしまう”

 

といわれるほど高い品質基準から、

 

フランス王室はもちろん

 

各国の王室から注文をうけるなど

 

世界中で親しまれています。

 

 

バカラは、元は産業革命期のフランスの

 

小さなバカラ村で

 

人々が職業難に陥ったことから生まれました。

 

村唯一の製塩業が

 

原料不足の為廃業してしまい、

 

困り果てた人々が考えついたのが

 

ガラス工業だったのです。

 

そこで当時のロレーヌ領主は

 

村の再建の為、ルイ15世に

 

クリスタル工場設立の許可を願った

 

請願書を提出しました。

 

 

その結果1765年、バカラ村にガラス工場

 

「ルノー・ガラス工場」が出来上がり、

 

1768年になると工場は

 

「バカラ・ガラス工場」と名を変えて

 

発展していきます。

 

 

その後、数回改名や買収を繰り返しながら

 

バカラの技術はより改善され、

 

さらに生産コストの削減により

 

価格が抑えられたことで、

 

商品は上流階級だけでなく

 

中流階級にも広まっていきます。

 

これによって

 

バカラのクリスタルガラスの需要は高まり、

 

工場の規模も年々拡大していきます。

 

 

新しい開発にも力を入れたバカラは

 

日本や中国の美術様式、

 

ボヘミアン様式や西洋の名作に

 

インスピレーションを受け

 

様々な作品を制作します。

 

そして1855年

 

バカラはパリで行われた万国博覧会で

 

グラス以外にも大きな燭台、シャンデリアなど

 

1000点以上を出品し

 

金メダルを受賞しました。

 

さらに、1867年の第2回パリ万博

 

1878年の第3回パリ万博では

 

共にグランプリを受賞し

 

「バカラ」の名は世界に知れ渡っていくこととなりました。

 

 

代表作

 

多くの代表作のあるバカラですが

 

中から数点を紹介します。

 

アルクール・シリーズ

 

1825年、アルクール侯爵家のために

 

作成されたのが始まりです。

 

どっしりとした重みと

 

滑らかな触り心地をした

 

力強いフォルムが特徴です。

 

 

バカラ アルクール

 

 

ローハン・シリーズ

 

1855年の第1回パリ万国博覧会で

 

名誉大賞を受賞した作品です。

 

フランスの町の名前から名づけられました。

 

全体的に植物模様のエッチング(切り込み)

 

デザインされています。

 

 

マッセナ・シリーズ

 

「勝利の申し子」といわれた陸軍元帥

 

アンドレ・マッセナの名にちなんで

 

名付けられました。

 

丸みを帯びたグラスの下部に、

 

細かく多くのエッチングが入れられているのが

 

特徴です。

 

 

バカラ マッセナ1

 

 

パーフェクション・シリーズ

 

1933年に誕生した、

 

「完璧」というフランス語の名を

 

もったシリーズです。

 

特にブランデー用グラスは脚が細く、

 

他のグラスに比べてボウル部分が大きく

 

底は丸みを帯びているのが特徴です。

 

ブランデー用以外にも

 

ワイン用デキャンタなどの種類もあります。

 

 

バカラ パーフェクション 

 

 

 

ロイヤル・コペンハーゲン~RoyalCopenhagen~

ロイヤル・コペンハーゲン~Royal Copenhagen~とは

 

ロイヤル・コペンハーゲンは

 

デンマークの洋食器メーカーです。

 

現在、正式名称は

 

「ロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房」ですが、

 

元は18世紀のデンマーク皇太后

 

ジュリアン・マリーが作り上げた

 

「デンマーク王立磁器工場」が

 

ルーツとなっています。

 

 

未亡人となった彼女が君主として

 

国民の生活状況を改善するため

 

ヨーロッパの人脈と自国の原料、

 

そして自身の知識を駆使し出来上がりました。

 

 

 

コペンハーゲンのマーク

 

1775年に王室磁器工場ができてから

 

ロイヤル・コペンハーゲンの作品には必ず

 

3本の青いウェーブのマークが記されています。

 

 

これはジュリアン・マリー皇太后が希望したもので、

 

デンマークの最も重要な3つの水域である

 

大ベルト海峡と小ベルト海峡、

 

そしてズンド海峡を表しています。

 

また、ウェーブと共に記された王冠は

 

起業家としての精神に溢れた皇太后の下で

 

工房が創設されたことを表し、

 

初期は手でのペイント、1870年代には

 

マークが刻印されるようになりました。

 

 

この王冠とウェーブのデザインは

 

年代によって異なり、

 

初期は王冠の描かれていない年代もあります。

 

 

 コペンハーゲン 刻印

 

 

 

代表作

 

ブルーフルーテッド

 

ロイヤル・コペンハーゲンの工房が誕生して

 

最初に製作されたディナーサービスは

 

ブルーフルーテッドプレインと呼ばれました。

 

フルーテッド(横彫り)が施された皿に、

 

コペンハーゲン特有の青い顔料で

 

繊細な形状のモチーフが絵付けされたものです。

 

 

このデザインは

 

ディナーサービス以外にも多く用いられ、

 

起源は中国の陶磁器に描かれていた

 

青い模様と考えられていますが、

 

現在ではロイヤル・コペンハーゲンの

 

代名詞と言っても過言ではありません。

 

 

図案化されたシンプルな菊の形と

 

丸いキジムシロの花、

 

ナッツフラワーのツルがその特徴です。

 

 

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド

 

 

フローラ・ダニカ

 

1790年、デンマーク国王クリスチャン7世が

 

ロシアの女帝

 

エカテリーナ2世への贈り物として

 

デンマークに自生する全ての植物を

 

食器に表現する様、

 

ロイヤル・コペンハーゲンに命を下しました。

 

 

絵師が2600(当時の図鑑の植物の数)

 

書上げる前に

 

エカテリーナが他界してしまった為、

 

1802点の所で制作は中断されましたが

 

「世界一贅沢なディナーウェア」として、

 

その作品の一部は今でもデンマーク王室の

 

公式晩餐会で、使用されているそうです。

 

 

イヤープレート

 

1908年に初めて発売されてから100年以上、

 

世界中で親しまれている作品です。

 

 

日本ではイヤープレートとされていますが、

 

デンマークではクリスマスプレートとして

 

制作されており

 

発売当初と変わらずコバルトブルーの陰影を

 

見事に表現するアンダーグレイズ技法で、

 

現在でも毎年異なるデザインのものが

 

制作されています。

 

 

ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA