骨董品・美術品、遺品整理の高価買取

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

米光光正【人間国宝/肥後象嵌・透】

米光光正(よねみつみつまさ)

 

米光光正は1888年に熊本県熊本市で生まれました。

 

15歳の頃、熊本高等小学校を卒業すると

 

肥後金工の神吉家の叔父・田辺吉太郎の下で

 

修行を積み、また肥後象嵌で知られた

 

祖父の田辺保平にも師事した事で、

 

江戸時代に日本刀の鐔の装飾技法として始まった

 

肥後象嵌の技術を学んでいきます。

 

その後40代になると独立を果たし

 

肥後象嵌・透や錆付け仕上げの技術が認められ

 

1965年、73歳の時に

 

人間国宝として認定されました。

 

そして1980年、92歳でこの世を去っています。

 

代表作としては、鉄地丸形破扇桜紋散象嵌鐔や

 

鉄地丸形四ツ蕨ヲ透桐唐草象嵌鐔などがあります。

 

 

 

肥後象嵌について

 

象嵌は元々、刀鐔や鉄砲に鉄地と金銀銅を

 

合わせたものを、当て込む技術として

 

知られています。

 

肥後象嵌の場合は、熊本城を築いた加藤清正と

 

その後の代、熊本を収めた細川忠興によって

 

続いていきました。

 

目立たず品の良さをしっかりと感じさせる

 

肥後象嵌の技術は

 

1876年に発付された廃刀令によって

 

刀剣の装飾だけでなく、花瓶や装飾品に

 

使われるようになりました。

 

肥後象嵌・透は、地を磨いた後に

 

下絵描きから行います。

 

他にも肥後象嵌は、金銀の重量感を出す為に

 

布目を手切りにし、地鉄には塗料を使わない

 

などといった工夫がなされています。

 

 

 

肥後金工と神吉家について

 

神吉家は江戸時代前期に

 

金工職人として名を馳せた林又七から続いています。

 

神吉家は初代を寿平正忠としていますが、

 

藩主の命令によって林家に入った事で、

 

細川家に仕える形となりました。

 

肥後象嵌はやはり熊本県(当時は肥後)を中心に栄え

 

林家の他には西垣家や志水家、平田家などがいます。

 

 

 

刀の鐔を現代でも作る事について

 

刀の鐔は、廃刀令が施行されて

 

長い年月が経った日本において

 

影の薄い存在と思われます。

 

また米光光正が人間国宝として認定されて以来

 

長らく鐔で人間国宝として認定された人物は

 

現れていないと指摘する方もいます。

 

米光光正は肥後象嵌の修業と並行して絵画や書道

 

さらに生け花についても学んでいきました。

 

よってその修業の中で

 

生け花に欠かせない道具でもある花瓶や、

 

装飾品に転移した肥後象嵌の使われ方について

 

考えていたと思われます。

 

しかし、米光光正は結果的に

 

刀の鐔を作り続けました。

 

高橋貞次や大隅俊平らが現代刀匠として

 

人間国宝に認定された事を考えても

 

米光光正以外の刀の鐔を作る職人も

 

人間国宝に認定されるべきと言った考えには

 

納得がいきます。

 

 

 

寺井直次【人間国宝/蒔絵】

寺井直次(てらいなおじ)

 

寺井直次は大正元年

 

1912年に石川県で生まれました。

 

実家は金物商を営んでいますが

 

小学生頃になると蒔絵へ強い興味を示し

 

やがて石川県立工業学校の漆工科へ入学しています。

 

その後東京美術学校へ進学した寺井は

 

漆工部にて、螺鈿や平文の技法に優れた松田権六や

 

漆工芸界の草分け的存在と言われている六角紫水

 

日展理事を務めた山崎覚太郎と言った、

 

漆芸界においての多くの著名人から教えを受けました。

 

卒業後、23歳からは

 

理化学研究所に勤めていましたが、

 

1945年に臨時召集により戦争に駆り出され

 

戻った後は自身の作品の制作に力を入れていきます。

 

そして36歳の時、第4回日展にて

 

特選を受賞しました。

 

それからは作品の制作にますます没頭していき

 

1985年、73歳の時、蒔絵の技術で

 

人間国宝として認定されています。

 

そして19983月に息を引き取りました。

 

 

 

称賛された部分

 

寺井直次が認められた部分として

 

まず卵の殻を細かく砕き張り合わせる事で

 

遠近や濃淡、色の変化を生み出す

 

独自の技術を確立した所にあります。

 

またその作品に繊細かつ

 

優雅な雰囲気を出す事にも

 

成功していると言われています。

 

また1917年、東京都文京区に設立された

 

自然科学総合研究を行っている理化学研究所にて

 

金胎漆器を生み出したほか

 

金胎漆器ではアルミニウムによる

 

電解処理での素地作りなど

 

斬新な試みも行いました。

 

 

 

各作品とその技法について

 

・黒柿造平棗鷺蒔絵での技法

 

黒柿造平棗鷺蒔絵は

 

重要無形文化財の木工芸で人間国宝に認定された

 

川北良造との合作で知られています。

 

川北良造は硬い素材の黒柿を綺麗に研磨しており

 

それを寺井直次が卵殻技法を用いて

 

卵殻で絵描きしています。

 

また卵殻技法は純白の文様を生み出す技法としても

 

知られています。

 

 

・極光について

 

寺井は卵殻技法を使った作品で

 

1956年に第12回日展の特選を獲得しています。

 

それがこの『極光』という作品です。

 

漆では再現できなかった「白」を

 

卵の殻を使うことで再現し

 

作品では卵殻の微妙な凹凸を利用して

 

3匹の白狐を見事な立体感で表現しています。

 

そのほか極光には平文技法も使われています。

 

 

・金胎漆器

 

金属部分や表面に漆が塗られた素地の事を指します。

 

中国の宋時代のものに多く見られ

 

上塗りや中塗り、錆付けなどを行います。

 

また木製とは違い

 

温度変化に耐えられると言った特徴があります。

 

 

・平文(ひょうもん)

 

中国の唐時代に始まった漆工芸の技法です。

 

(日本では奈良時代に該当)

 

文様状に金や銀の板金を切り

 

漆の素地に貼り付けてから、上に漆を塗り

 

後から部分的に漆を研いでいく技法です。

 

この平文技法は人間国宝でもある

 

大場松魚も有名です。

 

 

 

後世に技術を残した寺井直次

 

1987年に文化庁工芸技術記録映画として

 

「蒔絵-寺井直次の卵殻のわざ-」が上映。

 

また寺井直次は石川県立工業学校でも指導を行ったり

 

石川権利輪島漆芸技術研究所の

 

初代所長に就任したりしています。

 

このようにして寺井は

 

独自に培ってきた技術を後世に残しました。

 

 

 

山下義人【人間国宝/蒟醤】

山下義人(やましたよしと)

 

漆芸家の山下義人は

 

1951年に香川県高松市で生まれました。

 

19歳の時から重要無形文化財「蒟醤」保持者である

 

磯井正美氏に師事し

 

漆芸の加飾技法である蒟醤技術を学んでいます。

 

また、その後、重要無形文化財「蒔絵」保持者の

 

田口善国にも師事し

 

様々な技術を体得していきました。

 

1980年には日本工芸会正会員になると同時に

 

45回香川県美術展覧会で知事賞、

 

1986年の第3回日本伝統漆芸展では

 

朝日新聞社賞の受賞を果たしています。

 

さらに1989年の第36回日本伝統工芸展に

 

出品した作品は、文化庁の買い上げ作品となり

 

そのほかにも数々の受賞作品を発表しました。

 

平成12年から平成16年の間には

 

金刀比羅宮の式年遷座祭で本宮天井画

 

「桜樹木地蒔絵」の復元の監修にも従事し

 

自身の制作活動と共に

 

文化財の保護にも力を注いでいます。

 

 

山下義人は独自に漆芸の表現方法を会得しながら

 

富士や月など具象物を漆芸に用い

 

意匠には水紋、砂丘など

 

抽象作品にも斬新で多彩な表現方法を取り入れ

 

芸術性を高めました。

 

 

 

山下義人の作品の特徴と技法

 

山下義人の蒟醤作品の特徴は

 

色漆の濃淡を使った、繊細で緻密な彫りと色埋めで

 

作品に気品をもたらしている点と言えるでしょう。

 

その漆色は数十色にもおよぶ場合もあります。

 

また、作品のモチーフには

 

自然をテーマとしたものが多いですが

 

特に炎のような抽象的な具象を扱うことには

 

特別な情熱を注ぎ込んでいます。

 

その多彩なゆらめきを表現することには

 

とても苦労しており、朱漆、金粉で描いた

 

蒟醤丸箱「炎」は

 

10年かけて制作されたと言われています。

 

 

 

山下義人の評価される所以

 

山下義人は制作活動の傍ら

 

香川県漆芸研究所工芸指導員や

 

石川県立輪島漆芸技術研修所講師など

 

長年に渡り後進の指導に努めています。

 

また、平成12年から16年に従事した

 

金刀比羅宮の式年遷座祭に本宮天井画

 

「桜樹木地蒔絵」の復元の監修も行うなど、

 

文化財の保存にも力を注いでいます。

 

さらに海外での活動も積極的に行い

 

ニューヨーク、台湾、パリ、デンバーなどの

 

海外展覧会にも招待出品を行い

 

日本の伝統文化を広く紹介しています。

 

 

 

黒田辰秋【人間国宝/木工芸】

黒田辰秋(くろだたつあき)

 

木芸家で初めて人間国宝となった黒田辰秋は

 

1904年に京都市に生まれました。

 

父は漆匠の黒田亀吉で轆轤、椀、盆などを

 

手掛けていました。

 

20歳の時には河井寛次郎に影響を受けたことで

 

柳宗悦らと共に民藝運動に参加し

 

25歳で上賀茂民芸協団を組織しています。

 

その後30歳で初めての個展の開催に成功し

 

1968年には皇居新宮殿の拭漆樟大飾棚、扉、

 

椅子、卓の制作も手がけました。

 

これらの功績が評価され、1970年、66歳の時に

 

木工芸における初の重要無形文化財保持者に

 

認定されました。

 

また、翌年には紫綬褒章を受章しています。

 

 

 

黒田辰秋の作品の特徴と技法

 

もともと漆芸は、轆轤で木を挽く木地師、

 

漆を塗る塗師、

 

金や銀、螺鈿で装飾を施す蒔絵師による

 

分業制が多かったのですが、黒田辰秋は

 

素地から仕上げまでを一貫して手掛けることに

 

こだわっていました。

 

黒田辰秋の作品に見られる特徴は

 

拭漆、朱漆、螺鈿、乾漆など

 

その多岐に及ぶ技を駆使した

 

力強い存在感と美しい佇まいです。

 

「乾漆耀貝螺鈿飾筐」ではメキシコ産のアワビ貝

 

を使い華麗な螺鈿細工を駆使しました。

 

「金鎌倉四稜捻茶器」や「赤漆捻紋蓋物」の作品では

 

朱漆の艶やかさ、美しい曲線美が

 

見事なまでに表現されています。

 

「螺鈿黒漆大名縞手筥」は漆地に螺鈿で大名縞

 

つまり、細い縦縞を表しています。

 

黒漆の端正な箱に日本鮑の白味を帯びた螺鈿装飾は

 

爽やかな光が放射状に映える

 

大胆なデザインになっており

 

黒田辰秋の熟練した75歳時の作品です。

 

また、「赤漆流稜文飾手筺」では

 

四角形の箱に螺旋文様を施し

 

力強い直線的な箱形に

 

螺旋の曲線を融合させています。

 

「古今を貫く名工」とまで呼ばれるまでになった

 

黒田辰秋の作品は、

 

古典的な美とモダンを融合させた

 

真骨頂と言えます。

 

 

 

黒田辰秋の作品の愛用者

 

黒田辰秋の小箱や紙刀、食器などその美しい作品は

 

川端康成や小林秀雄、武者小路実篤などの文士にも

 

愛用されました。

 

また、白州正子も黒田辰秋の品々を

 

食器として愛用するなど

 

多くの人々を魅了するものがあります。

 

映画監督の黒澤明もその一人で、

 

黒田辰秋に家具を一式発注したといいます。

 

 

 

五世早川尚古斎【人間国宝・竹工芸】

五世早川尚古斎(ごせい・はやかわしょうこさい)

 

五世早川尚古斎は1932年に大阪で生まれます。

 

19歳で京都府立山城高等学校を卒業したのちに

 

父四世早川尚古斎のもとで修行を行い

 

ここで早川家に代々伝わる鎧組、

 

そろばん粒形花籃、興福寺形牡丹籃の形を

 

習得しました。

 

独立後、33際の時には大阪三越で個展を初開催し

 

翌年、第13回日本伝統工芸展に出品した

 

「重ね編広口花籃」は初入選を果たしています。

 

また、1976年には日本伝統工芸展に

 

「切込透文様盛籃」を出品し

 

日本工芸会奨励賞を受賞し、翌年、

 

父四世早川尚古斎の三回忌に

 

五世早川尚古斎を襲名しました。

 

 

その後は日本各地で個展の開催や

 

日本伝統工芸展での鑑査委員を務めるなどし

 

1992年に京都府指定無形文化財

 

「竹工芸」保持者に認定されます。

 

そして2003年、71歳の時に、同分野で

 

人間国宝に認定されました。

 

 

 

五世早川尚古斎の作品の特徴と技法

 

竹工芸は、細く切ったひごを「編組」して

 

造形する技法や円筒形のままの竹を用いる

 

「丸竹物」などに分けられますが

 

五世早川尚古斎が得意とする技法は

 

「切込透文様」という幅の広い竹材に

 

部分的に切り込みを入れ、菱形や楕円など

 

複雑な透かし文様を作り出す技法を用いています。

 

また、編組み技法も得意としており

 

直線的な美しさと弾力性を生かした

 

重厚感のある花器や茶道具などの

 

作品に用いられています。

 

 

 

五世早川尚古斎の評価される所以

 

従来、竹は先人たちにより

 

「編む」ことに重きを置かれ

 

技法はほぼ確立されていますが

 

五世早川尚古斎の技法は横回りの線を極力省き

 

縦の直線を美しく見せることに

 

重きを置いています。

 

五世早川尚古斎が

 

独自に編み出した技法として評価され、

 

繊細な仕事と大胆な意匠はとても奥深く、

 

欧米のコレクターにも人気があります。

 

 

 

灰外達夫【人間国宝/逸曲】

灰外達夫(はいそとたつお)

 

木工芸家の灰外達夫は、1941年に

 

石川県珠洲市で生まれました。

 

1956年には中学校を卒業して

 

正院町で建具の修行をし

 

30歳からは独立して健具店を営み始めます。

 

平行して自身の制作活動を行っていた灰外は

 

39歳の時、日本一大皿(1.82m)の焼き上げを行い

 

ギネスブックに登録されるなど

 

木工芸以外にも様々な作品に着手していました。

 

その後も、1981年に日本伝統工芸展での

 

初入選を果たし、その2年後には

 

日本一大陶版の焼き上げを行っています。

 

48歳で日本伝統工芸展正会員になったのちは

 

金沢大和画廊アートサロン個展の開催や

 

金沢市に寄贈した1.82mの春秋花蝶図大皿の制作、

 

1993年には総理官邸で行われた

 

「芸術・文化関係者懇親のつどい」で

 

内閣総理大臣の招待を受けました。

 

以後も石川県立輪島漆芸技術研究所講師や

 

日本伝統工芸木竹展鑑査委員を務めながら

 

作成した作品が文化庁や宮内庁の

 

買い上げとなるなどし、

 

67歳で紫綬褒章を受章しています。

 

そして、2012年、71歳の時に「逸曲」の分野で

 

人間国宝に認定されました。

 

 

 

灰外達夫の作品の特徴と技法

 

灰外達夫の作品は、「挽き曲げ」という

 

技法が使われている点が特徴とされています。

 

この、自身で編み出した技法は

 

木板を円形に曲げる加工技術の一つで、

 

木板に鋸で挽き目を入れて

 

折り曲げて形を作り上げていく技法です。

 

例えば、「神代杉挽曲造眼色紙箱」という作品では

 

薄い木の板の裏側の、皮一枚を残して

 

切れ込みを入れ、折り曲げて

 

箱の形に仕上げています。

 

高度な「挽き曲げ」の技が駆使された作品です。

 

 

 

灰外達夫の評価される所以

 

また、灰外達夫は本業である木工だけに限らず

 

自身の心の赴くままの

 

色々な作品造りを行っています。

 

その一つに、珪藻土を研究し

 

珪藻土を使った茶碗の制作があります。

 

珪藻土は化石からできた土なので

 

とても軽いことで知られていますが

 

見た目は普通の焼き物と変わりませんが

 

この珪藻土で出来た茶碗は他の陶土で作った茶碗より

 

格段に軽いのが特徴です。

 

その他にも、ギネスに登録されている

 

3.5m×2.5mの陶版や世界一の大皿の制作など

 

とてもユニークな取り組みが

 

灰外達夫の幅広い創作活動を表しています。

 

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定