お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

ムラーノガラス ~ヴェネツィアングラス~

ムラーノガラスとは

 

ムラーノガラスはイタリアのヴェネツィア、

 

ムラーノ島の工房で作られたガラス工芸品で

 

いわゆるヴェネツィアングラスといわれているものです。

 

日本の九谷焼や有田焼の様に

 

土地の名前が入った工芸品です。

 

 

ムラーノガラス1

 

 

ヴェネツィアで作られたグラスの始まりは

 

7.8世紀頃とも、10世紀頃とも言われ

 

明確には分かっていないようですが

 

ムラーノガラスが作られているムラーノ島に

 

工房が集まったのは13世紀のことです。

 

 

当時、東方貿易で東方諸国の産物を

 

ヨーロッパに独自供給していた

 

ヴェネツィア共和国は

 

その中で最も珍重されていたガラス製品を

 

自国で生産して、利益をあげたい

 

と考えました。

 

しかし、ヴェネツィアでは原材料や燃料を

 

産出することが出来ない為、

 

原材料の仕入れ先である他国に

 

ガラス制作の技法が漏れ

 

コピーや類似品が出回ることを恐れます。

 

そこでヴェネツィア共和国は

 

最も進んだ技術を持っていた

 

アンティオキアと協定を結び、

 

1291

 

「ガラス製造業者および工人・助手、

 

家族等のすべてをムラーノ島に移住させ

 

島外に脱出する者には死罪を課す」

 

という政策を打ち出しました。

 

大胆な政策ではありますが

 

これには技術流出を防ぐだけでなく、

 

ガラスの溶解炉が火元となる火事の被害を

 

最小限に抑える目的もありました。

 

 

家族や販売者と共に

 

狭い島内に押し込められた職人たちでしたが、

 

互いに切磋琢磨し

 

ローマ帝国やイスラム時代の

 

ガラス技術を取り入れるなど

 

独自の技術が進歩していきます。

 

作品の中にはグラステーブルや鏡、

 

シャンデリアなどの名品もあり

 

その繁栄が最も高まった15.6世紀には

 

ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」を作るために

 

12人の職人が

 

島から連れ出されたといわれています。

 

 

現在では継承者が年々減っており、

 

マエストロと呼ばれる

 

ムラノガラスの上級職人は

 

わずか20数人だそうです。

 

 

ムラーノガラスの特徴

 

世界中で評価されているムラーノガラスですが

 

公式でない模造品が多く出回っています。

 

ムラーノガラスは鉛を含まない

 

ソーダ石灰を使用する事が特徴で

 

数種の鉱物を混ぜることで

 

多様な色合いを表現するものですが、

 

装飾性も非常に高く

 

吹きガラスという基本的な技法から

 

空中で吹くことにより極薄に吹き上げる技法、

 

さらにグラスを細く引き伸ばして

 

竜や花などをモチーフにした

 

複雑な装飾を施すなど

 

「軽業師の妙技」と呼ばれる

 

高度なテクニックが用いられています。

 

 

ムラーノガラス2

 

 

こういった作品が

 

確実にムラーノ島で作られたことが分かる方法としては

 

ヴェネツィアングラスのイメージ・伝統を守り

 

購入者にも本物であることを保証するための

 

職人組合プロモヴェトロ協会による

 

登録商標ラベルが付いていることを

 

確認すると良いでしょう。

 

ムラーノ島で、

 

1000年にわたって受け継がれてきた

 

伝統的な製法だけを用い、

 

マエストロの手によって作られた作品であることを証明する

 

唯一の公的証明書です。

 

 

ムラーノガラス3

 

 

深川製磁

深川製磁とは

 

深川製磁は日本の陶磁器メーカーです。

 

1894年に、有田焼で有名な

 

佐賀県有田町で創業しました。

 

創業者は、同じく陶磁器メーカー

 

『香蘭社』の創業者

 

深川栄左衛門の次男である深川忠次です。

 

深川製磁のロゴは

 

世界の工芸磁器の極みを目指した、

 

富士山に流水のマークとなっています。

 

 

1894年に忠次が会社を設立した頃は

 

まだ個人経営でしたが

 

彼は日本の有田焼を世界に広めるべく

 

1900年には当時

 

史上最大の規模で行ったといわれる

 

パリ万博博覧会に出品し

 

メダーユドールといわれる

 

最高名誉の金賞を受賞しました。

 

これをきっかけに、深川製磁は同年

 

イギリスのワット商会に直接輸入を始めます。

 

その後もワット商会を代理店として

 

ロンドン、パリ、ブリュッセル、

 

ミラノ等を始めとして

 

次々と副代理店を展開し

 

欧州貿易をスタートし、

 

「深川製磁」の名は世界に広まっていきました。

 

 

1910年には皇室に食器類を納品し

 

宮内省御用達の名を授かり

 

翌年1911年、

 

深川製磁は現在に続く株式会社となります。

 

 

忠次の

 

「精巧さのない磁器は決して工藝と呼ばない」

 

という信念の下

 

深川製磁は各工程に熟練した職人を集結させ

 

1916年には日本海軍指定工場となり

 

洋食器の納入を始め、

 

1951年にはアメリカ海軍から

 

それまでの洋食器に加え

 

ディナーセットの発注を受けるまでとなりました。

 

世界に目を向けた深川製磁の作品は

 

欧州と日本の気風を織り交ぜたデザインで

 

「深川様式」を確立し

 

現在でも国内外で大きな評価を得ています。

 

 

深川製磁1 

 

 

代表作・人気作

 

染錦金襴手丸紋鳳凰文様

 

深川製磁の名を世界に広めることとなった、

 

1900年のパリ万国博覧会で

 

金賞を受賞した作品です。

 

1350度もの高温で焼成された大花瓶で

 

通常はその制作過程で

 

へたりや破損が生じますが、それが一切なく

 

底の方に向かってすぼまった形状は

 

深川製磁の技術の高さが伺えます。

 

豪華な金地に描いた窓に

 

多くの文様を盛り込んだデザインは、忠次が

 

欧州で東洋の文様への理解が深まるようにと

 

ひとつひとつのデザインを整理し

 

美しさを強調できるよう

 

考え出したものだそうです。

 

nero

 

neroとはイタリア語で黒を意味します。

 

磁器ならではの伝統色と

 

日本の形にこだわった作品です。

 

漆を塗ったような黒と、

 

朱赤のような明るい赤、

 

そして透き通るような白の

 

3色となっています。

 

その色彩と形の美しさから、発表以来毎年

 

世界最大のデザインの祭典「ミラノサローネ」で

 

新作家具とコラボレーションしています。

 

富士山

 

創設者深川忠次が完成させたといわれる、

 

富士山がデザインされた作品です。

 

パリ万博終了後に

 

ぼかしを施した染付技法に挑戦した忠次は

 

自ら明治の天才陶工に師事し

 

職人たちに技法を伝授しました。

 

そこで確立された

 

ふりかけ技法を駆使して制作された

 

青く描かれた富士山が美しい作品です。

 

 

深川製磁2

 

 

ロイヤル・ドルトン ~Royal Doulton~

ロイヤル・ドルトン~Royal Doulton~とは 

 

ロイヤル・ドルトンは

 

イギリスの陶磁器メーカーです。

 

1815年に、ジョン・ドルトンが

 

ジョン・ワット、マーサ・ジョーンズの2人と

 

創業しました。

 

創業時には重厚な炻器で

 

水差しやビールのピッチャーなどの日用品、

 

また陶磁器の一種でできた下水管などを

 

製造していました。

 

そして1853年、社名は「Dolton」となります。

 

 

ドルトンがその名を広めていったのは

 

父から会社を受け継いだ

 

2代目ヘンリー・ドルトンの時です。

 

産業革命の最中であった当時

 

彼はまず工場の設備に蒸気機関を取り入れ

 

生産効率を向上させました。

 

また、都市部へ人口が集まることによって起きた

 

産業の過密化や

 

公衆衛生の急速な悪化を改善すべく

 

洗面器や便器などの

 

排水設備を改良する衛生用品を製品化し

 

海外への輸出なども行います。

 

しかし1870年頃からは、

 

ドルトンは高級路線を目指していきます。

 

 

1871年にはロンドンのランべスに工房を築き

 

美術学校の生徒の技術を活かした

 

「作家もの」のシリーズ

 

「アート・ポッタリー」の制作を始め

 

1877年、現在の生産拠点でもあり

 

イギリスの陶器の聖地といわれる

 

ストーク・オン・トレントのバーズレムへ

 

窯を移します。

 

ここからボーンチャイナの技術を導入し

 

高級テーブルウェアの制作を始めていきました。

 

後にドルトンの作品が

 

イギリス王室にも知られるようになると

 

ヘンリー・ドルトンは1877年に

 

ヴィクトリア女王から磁器界で初めての

 

「ナイト」の称号を授かり、

 

1901年にはエドワード7世によって

 

「ロイヤル」の称号を受け取ります。

 

こうしてドルトンは

 

「ロイヤル・ドルトン」と名乗るようになり

 

世界最大の陶磁器メーカーとなっていきました。

 

代表作

 

フェイブル

 

北欧の歴史や子供向けの民話の本をモチーフに

 

デザインされた作品です。

 

ロンドンのイラストレーター、

 

キャロライン・シュノールとのコラボレーションで制作され

 

白磁に栄える赤や青の

 

北欧風植物模様が特徴です。

 

 

ロイヤルドルトン フェイブル

 

 

ロンドンコーリング

 

ロンドン塔、バッキンガム宮殿、

 

ロンドン・アイなどの

 

イギリスのシンボル的な景色が

 

モノトーンで描かれたデザインです。

 

ロンドンのテキスタイルデザイナー

 

シャーリーン・ミューレンとのコラボレーションで制作され

 

モノトーンで描かれた町並みの中に

 

赤く小さく描かれたバスやヘリコプターが

 

アクセントとなっている作品です。

 

 

ロイヤルドルトン ロンドンコーリング

 

 

パステル

 

その名の通り、淡く優しい色使いの模様が

 

特徴的な作品です。

 

職人技が織りなす

 

繊細で美しい版画をモチーフに

 

制作されています。

 

ドット模様の「ライラック」、

 

シェブロン模様の「オレンジ」、

 

ダイヤモンド模様の「レッド」、

 

デイジー模様の「グリーン」の

 

4色のパステルカラーで色付けされています。

 

 

ロイヤルドルトン パステル

 

 

KPM ~ベルリン王立磁器製陶所~

KPM ~ベルリン王立磁器製陶所~とは

 

ベルリン王立磁器製陶所は

 

ベルリンの陶磁器メーカーです。

 

1763年フリードリヒ大王によって創立され

 

通称『KPMベルリン』と呼ばれています。

 

 

創業前、KPMベルリンは民間企業でした。

 

ヨーロッパでは制作が困難だった白い中国磁器が

 

「白い金」と呼ばれていた時代、

 

王家の資金で

 

白い磁器の制作を試みたのが始まりです。

 

 

1751年、毛織物工場主である

 

ヴィルヘルム・カスパー・ヴェーゲリーは

 

フリードリヒ大王から

 

王立磁器製陶所設立の特権を得ました。

 

設立された製陶所は技術者を迎え入れ

 

作品の制作を始めますが、

 

窯の情報が流出し倒産してしまいます。

 

その後ヴィルヘルムは

 

商人ヨハン・エルンスト・ゴッツコフスキーに

 

資材や道具を譲り、1761年、

 

ゴッツコフスキーは大王より製陶所を取得し

 

多くの技術者をスカウトして

 

技術を磨いていくと共に

 

工場の規模を拡大させていきました。

 

 

しかし7年戦争の影響で

 

工場が立ち行かなくなり

 

大王は1763年に

 

救済措置として工場を買い取ります。

 

さらに当時残っていた146名の従業員に

 

「平均以上の給与」「安定した年金制度」

 

「児童労働者の禁止」「医療基金制度」

 

「孤児や未亡人の支援」を保証し、

 

製陶所に「王室磁器製作所ベルリン」の名前と

 

選候王ブランデンブルクの紋章からとった

 

王家の笏の製品マークを与えました。

 

大王によって整えられた

 

合理的な作業手順や技術、そして

 

従業員への厚い保証のある工房経営など

 

KPMベルリンは現在に続く

 

見本工場となったのです。

 

その後も大王は技術者を集め続け

 

自ら様々な食器類セットを発注したり、

 

工房内でも食器以外に花瓶やフィギュア、

 

陶板画・ビスク焼など

 

多くの作品が制作されました。

 

当時からの優れた芸術家によるデザインや

 

絵付けの技術は現在でも保たれ、

 

その様々なレパートリーは

 

150,000以上の型があるそうです。

 

 

KPMベルリン1

 

 

KPMの絵付けマーク

 

前述した通り、KPMの製品にはマークとして

 

王家の笏のロゴが入れられています。

 

しかしこのマークを見る際に注意したいのが

 

その下にある赤い帝国宝珠のマークです。

 

これは1803年以降、

 

KPMで絵付けされた作品にのみ

 

付けられているもので

 

色は年代ごとに青や緑のものも存在します。

 

絵付けしていない白磁も生産しているKPM

 

他の工房の絵師によって絵付けされた製品と

 

区別するため付けられました。

 

 

KPM 紋

 

 

KPMの陶板画

 

食器はもちろんの事、

 

KPMはフィギュアや陶板画の制作にも

 

力を注いでおり

 

特に銅版画は上質な白磁に焼き付けた

 

緻密で美しい絵付けが

 

世界中で評価されています。

 

作品には肖像画や

 

名画を再現したものなどが多いですが、

 

絵画と異なる陶板画の滑らかな質感や

 

透き通るような色彩は、

 

絵付けと焼成を

 

10回以上繰り返さなければ完成しない

 

当時の最高の技術と製法によって

 

実現されています。

 

 

KPMベルリン2

 

 

フッチェンロイター ~HUTSCHENREUITHER~

フッチェンロイター ~HUTSCHENREUITHER~ とは

 

フッチェンロイターはドイツの陶磁器メーカーです。

 

1814年の創業以来、

 

「人間の手に勝る技術・機械は存在しない」

 

という信念で

 

手作業の絵付けにこだわっています。

 

 

創業のきっかけは、ドイツのシュタインベルクで

 

カール・マグヌス・フッチェンロイターが

 

白磁の原料である

 

カオリンを発見したことでした。

 

父親が陶磁器の絵付け工房を経営しており

 

絵付けの経験があったカールは

 

ホーエンブルグに絵付け工房を設立し

 

自ら陶磁器制作を試みます。

 

しかし、すでにドイツには

 

バイエルンのニュルンベルク王立窯や

 

ニンフェンブルク窯が創業されており

 

中央政府は王立窯と民間企業の競合を恐れた為、

 

なかなか許可を出しませんでした。

 

フッチェンロイターは

 

バイエルン王に熱意をもって懇願を続け

 

それから8年後の1822年、

 

「いかなるものよりも

 

優れた商品をつくること」を条件に

 

やっと王立以外の開窯の許可を得て

 

陶磁器の制作を始めました。

 

 

条件と共に王から授かった、

 

バイエルン州のシンボル「ライオンマーク」は

 

息子であるロレンツ・フッチェンロイターが

 

1857年に独立した際にロゴデザインとし

 

会社の成長と共に

 

他企業との合併が数回繰り返されます。

 

 

1969年、ついに

 

父のカールが創設したフッチェンロイターを買収すると、

 

新たに技術も向上し、

 

フィギュリンの制作も始められました。

 

フッチェンロイターの職人によって

 

制作されたフィギュリンは

 

その後ドイツ大統領公邸や

 

ホワイトハウスにもコレクションされています。

 

 

フッチェンロイターは

 

「人間の手にまさる技術、機械は存在しない」

 

の信念通り

 

白磁は100人以上の手を経て出来上がり

 

絵付け作業も手作業で行われているそうです。

 

2000年にローゼンタールグループの

 

傘下に加わったものの

 

その芸術性を残しながらも

 

実用性や機能性を兼ね備えたデザインは

 

現在でも世界中で親しまれています。

 

代表作

 

ブルーオニオン・プレミアム

 

1926年に正式にマイセン窯から

 

パターンを譲り受けた、

 

世界的に有名な白磁のデザインです。

 

中国磁器のザクロ模様をモチーフにしたもので

 

描かれた植物にはそれぞれ

 

東洋哲学に基づく意味が込められています。

 

 

フチェンロイター ブルーオニオンプレミアム-0

 

 

エステール

 

19世紀のベルエポック時代に

 

デザインされた作品です。

 

涼しげなブルーに

 

小花柄があしらわれているのが特徴で

 

曲線を多用した繊細で緻密な

 

ロココ調のフォルムです。

 

「エステール」の他に、

 

アレンジされた「ライトエステール」や

 

「ピンクエステール」などのデザインが

 

展開されています。

 

 

フッチェンロイター エステール-0

 

 

パピヨン

 

クリームオフホワイトの地色に描かれた、

 

黄色や青の花の間を舞う蝶が

 

デザインされている作品です。

 

 

フッチェンロイター パピヨン

 

 

ノリタケ ~Noritake~

ノリタケとは

 

ノリタケは日本の陶磁器メーカーです。

 

愛知に工場を置き、

 

洋食器の製造で培った技術を活かし

 

株式会社ノリタケカンパニーリミテドとして

 

工業機材事業、セラミック・マテリアル事業、

 

エンジニアリング事業など

 

セラミックスに関わる様々な事業に携わっています。

 

 

ノリタケは1904年に

 

森村市左衛門によって設立されました。

 

その始まりは江戸末期に、六代森村市左衛門が

 

鎖国の解かれた日本から

 

大量の貨幣が海外に流出することを

 

目の当たりにした頃です。

 

国力の衰退を憂いた市左衛門は

 

師である福沢諭吉に相談し、

 

国外に流れた金を取り戻すには

 

輸出貿易で外貨を稼ぐべきだと悟ります。

 

 

こうして1876年、

 

市左衛門は貿易商社『森村組』を設立し

 

弟の豊(とよ)をニューヨークに送ると

 

MORIMURA BROTHERS

 

(モリムラブラザーズ)』という

 

在米日系雑貨店を開業しました。

 

そこで伝統的な日本雑貨である掛軸や団扇、

 

印籠・屏風・陶磁器・漆器などが

 

アメリカ人たちに非常に人気があること、

 

またアメリカ人の間では有田焼や清水焼より

 

純白の生地に

 

洋風な絵付けが施された陶器の方が

 

人気があることに気づきます。

 

さらにパリの万国博覧会で見かけた

 

白い陶磁器にも感銘を受け、

 

森村組は美しい白磁器の制作を

 

日本で始めました。

 

 

かなりの年月を研究に費やし、

 

白生地が完成した1904

 

森村組は現在に続く形となる

 

「日本陶器合名会社」を愛知に設立します。

 

日本陶器は

 

日本で初めて高級洋食器を生産すると共に

 

明治時代から戦前にかけて

 

商品を欧米向けに大量に輸出しました。

 

制作されたデザインの食器は

 

模造品が出回るほど人気を博し

 

この時期の「オールドノリタケ」

 

と呼ばれるアイテムは

 

コレクターにも人気が高いものです。

 

ちなみに

 

1953年までに販売されたノリタケ製品は

 

現在プレミアノリタケと言われています。

 

 

オールドノリタケ

 

オールドノリタケとは、1800年代末から

 

第二次世界大戦前後までの間に

 

森村組と日本陶器で作られ

 

主にアメリカへ輸出された装飾品や

 

テーブルウェア等の総称です。

 

伝統的な感性と巧みな技術が融合し

 

非常に高い評価を受けたこの時期の作品は

 

大きく2つに分けられます。

 

1つはアールヌーボー様式と呼ばれる

 

1910年代までの作品です。

 

草木や花などの自然をモチーフにした

 

淡いパステルカラーのデザインが特徴です。

 

当時流行した

 

アールヌーボーの影響を強く受けています。

 

2つめはアールデコ様式です。

 

1922年頃から1929年頃の

 

短い間に生産されたもので

 

当時はそれまでの高級な装飾品ではなく

 

ファンシーウェアが

 

機械で大量生産されていました。

 

しかしこれらの製品は

 

ノリタケの工業的に優れた技術や筆使い、

 

色彩の完成度の高さを表したものとされ

 

オールドノリタケの中でも

 

貴重なアイテムとされています。

 

 

ノリタケ アールヌーボー-0

 

ノリタケ アールデコ

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA