骨董品・美術品、遺品整理の高価買取

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

河鍋暁斎―幕末明治期の浮世絵の画鬼―

河鍋暁斎とは
―幕末から明治を生き抜いた浮世絵の画鬼―

 

河鍋暁斎は狩野派だけに拘らず他の流派や画法を積極的に取り入れ、激動の幕末から明治時代を生き抜いた浮世絵師ですが、狩野派の流れも汲んだ絵師でもあるのです。

 

暁斎の作品には戯画や風刺画の作品も多く写生力や筆力のレベルも高いので今日では、海外でも高く評価されている浮世絵の画鬼です。

 

・わずか7歳で浮世絵の修業に入った暁斎

暁斎は水戸藩士・河鍋喜右衛門の次男として、現在の茨城県古川市中央町で1831年に生まれました。

 

翌年には一家揃って江戸に移り、1889年に亡くなるまで江戸で絵師として活躍しました。

 

3歳ですでに蛙の絵を描いた暁斎は、わずか7歳で浮世絵師の歌川国芳に入門し、10歳になると父である喜右衛門の薦めもあり、狩野派絵師の前村洞和に再入門しました。

 

師である洞和は暁斎の画才を高く評価し、洞和が病で倒れた後は洞和の師家である駿河台狩野家当主・狩野洞白陳信の元で修業を続け、19歳になると洞白より洞郁陳之の画号を与えられ、浮世絵修業を卒業しました。

 

・修業後の苦難の時代を過ごした暁斎

暁斎が修業を終えた幕末から明治は、絵師や日本の美術界にとっても苦難の時代でした。

 

倒幕によって幕府の支援を失った多くの流派の絵師たちは路頭に迷っていましたが暁斎は、残酷な場面の絵画、真面目な仏画絵、風刺画、行燈絵、錦絵、戯画など求められればあらゆる分野の絵を描きました。

 

また、暁斎は狩野派だけでなく土佐の住吉派、円山四条派、琳派、四条派などの浮世絵も学び、文人画、中国画、西洋人体図等すべての物を吸収して描きました。

 

また、惺々狂斎、酒乱斎雷酔、酔雷坊など複数の画号も用いていました。

 

当時、暁斎は絵を描き始めると筆が早く忠実に描くため席画や戯画には人気がありました。

 

しかしながら、筆が滑って描いた政治批判の戯画が原因で筆禍事件を起こして捕らわれて釈放後に「暁斎」と画号を改めて絵師として再活動しましたが、美術史からも敬遠される一因となってしまいました。

 

・「日本最大の画家」と評された暁斎の晩年

絵師としての活動を再開した暁斎は、国内外の博覧会に積極的に作品を出展しました。

 

暁斎は1876年開催の米国のフィラデルフィア万国博覧会に肉筆作品を出展して、1881年には第2回内国勧業博覧会に「枯木寒鴉図」を出展して日本画の最高賞の「妙技二等賞牌」を受賞しました。

 

その結果、海外との交流も広がり、英国人建築家のジョサイア・コンデルが暁斎に入門し、ドイツ人医師であるエルヴィン・ベルツから「日本最大の画家」と評され、暁斎は人気の絵師になりました。

 

暁斎は岡倉天心とフェノロサらに東京美術学校の教授の依頼を受けることなく1889年に亡くなりました。

 

暁斎の弟子には実後の暁雲、暁翠、真野暁亭、島田友春、織部暁月、早川松山、荒木白雲などがいました。東京の谷中にある暁斎の墓は、遺言により暁斎が3歳の時に描いた蛙の墓石が立てられています。

 

(まとめ)

暁斎は、狩野派の流れを汲んだ道釈人物画から戯画、そして浮世絵まで幅広く活躍した絵師です。

 

暁斎は日本の美術史から敬遠された時期もありましたが、埼玉県蕨市市南町には暁斎の曾孫によって河鍋暁斎記念美術館が設立されているので、

 

暁斎の曾孫によって埼玉県蕨市市南町に設立された河鍋暁斎記念美術館には暁斎の作品や未完成作品があるので、幕末から明治を生き抜いた浮世絵の画鬼である暁斎の思いに触れることができるのではないでしょうか。

 

 

伝統こけし~蔵王系~その歴史と特徴

最古の伝統こけし

木地師制作の最古のこけしは、称徳天皇即位の時代(718年~770年)に作られた、4種類の陀羅尼経(だらにきょう)を納める容れ物の「塔婆(とうば)」であるとの説が学術分野の認識で一致しています。

 

陀羅尼経とは、サンスクリット語の経文を語音そのままに音写したものです。この「塔婆」が作られたのは、100万個という膨大な数なので、「百万塔」という別名もあります。

 

伝統こけし工人-木地師の誕生

平安時代に清和天皇の第一王子である惟喬(これたか)親王が近江国愛知(えち)郡小椋谷で、ろくろ挽きの技術を人々に伝授したのが、木地師誕生のきっかけとの説が広く知られています。

 

惟喬親王は現在でも、こけし工人や伝統こけしに関係した人たちの間で「伝統こけしの祖」として崇め奉られ続けています。

 

伝統こけしの始まり

江戸時代の末期、東北各地の山あいの湯治場、温泉地で木地師は食器の木工制作を生業としつつ、その木彫り後に残る端材を活用して、男児と女児にそれぞれ独楽や「きぼこ(こけし)」などの木地玩具を作りました。

 

それから次第に、こけしは大人にも受け入れられて美術工芸品に発達していったのです。

 

山形県の伝統こけし

山形県内の歴史の古いほとんどの家には、昔からの風習として伝統こけしが飾られています。

 

伝統こけしの系統は現在、東北地方の6県に11種類あります。

 

11系統のうちの3系統は山形県内が拠点になっています。その3系統とは山形系、蔵王系、肘折系です。

 

蔵王系伝統こけしの特徴

蔵王系こけしは、長い歴史のある湯治場、温泉地として広く認知されている蔵王温泉で作られてきました。

 

「頭部におかっぱ頭が描かれたのは、蔵王系こけしが最初である」という説もあります。

 

この蔵王系こけしは、遠刈田系こけしを源流として、その特徴を色濃く反映させて発展したと言われています。

 

蔵王系こけしの特徴は、頭部は差し込み式で大きく、その描彩は赤い放射状の髪飾りやおかっぱ頭、あるいは前髪・鬢髪(びんぱつ)が描かれている物です。

 

胴体はどっしり太く、腰がくびれている物もあります。胴体に描かれた模様は桜崩しや牡丹、重ね菊などで、色合いは華やかです。

林十江―近世を代表する水戸の南画家―

林十江とは
―近世を代表する水戸の南画家―

林十江は、江戸時代の中期から後期に活躍した水戸出身の南画家で、篆刻家としても十江は活躍しました。

 

十江は水戸の儒学者である立原翁軒によって画才を見出されましたが、江戸に移り画家としての夢が破れて再度水戸に戻り、30代の若さでこの世を去ってしまいました。

 

十江は、作品の筆遣いが大胆で自由奔放に描かれ、構図も奇抜な特徴があります。

 

水戸を代表する画家と言えば横山大観ですが、十江は萩谷遷喬、立原杏所と娘の立原春沙と並び水戸の「4画人」の一人です。

 

・水戸の儒学者、立原翁軒によって見出された十江の画才

十江は、水戸の造り酒屋を営みながら俳人でもあった高野惣兵衛之茂の長男として1778年に水戸で生まれましたが、醤油醸造屋の伊勢屋を営んでいる伯父の林一郎平衛枝繁の養子に出されてしまいます。

 

十江の画才を最初に見つけたのは、水戸藩主光圀が設立した「大日本史」編纂所の総裁であり、儒学者であった立原翠軒でした。

 

幼少の頃から画才があった十江は、12歳位なると立原翠軒の塾に遊びに行くようになりました。

 

十江が翠軒の前で絵を書く度に翁軒は、十江の画才の素晴らしさに驚かれました。当時はまだ10代前半の十江でしたが、翠軒の息子である杏所に絵の指導をしたりして、すでに町人と画家としての2つの顔を持っていました。

 

1812年に立原翠軒と杏所一家が江戸に移ると、翌年の1813年に十江も江戸に移りましたが、なかなか十江は画才を活かすことができず、日本橋近くで街頭の絵馬描きをしながら生計を立てていました。

 

その頃、十江の画才は文人画家の谷文晁に認められるようになり、文晁の作品の代筆などをてがけるようになりました。

 

しかしながら、十江は江戸で画才を生かすことができないまま貧困生活に陥ってしまい水戸に戻り、1813年の9月19日に病気により37歳の若さで亡くなりました。

 

十江のお墓は、水戸市内元吉田町にある浄土宗清巌寺にあります。墓碑銘は翠軒が選び、息子の杏所が書いたとされています。

 

・大胆で型にはまらず自由奔放で奇抜な構図に特徴がある林十江の絵

林十江の作品の特徴は、伝統やしきたり等を無視して型にはまらず自由奔放で構図が奇抜なところです。

 

その特徴は、虫獣画や花鳥画などの作品に多く見られ、対象物へのこだわりも感じられます。

 

また、十江の画号は十江だけでなく、十江狂人、風狂野郎、草巷販夫、金眼鳥、印禅居士、懶惰山老など数多くの号を用いていました。

 

十江の絵は幼少期からの独学によるものと思われますが、桜井雪館や円山応挙が師であった尾張の画僧の月僊に影響されて、和歌、篆刻や書画などを学んだとも思われます。

 

十江の代表的な作品の中で、2匹の鰻が上から下に泳いでいる姿が描かれている「双鰻図」の墨絵があります。

 

この墨絵の構図は、墨絵の中に描かれている2匹の細長いS字型をした鰻が、泥を周りに巻き上げながらぬらぬらと泳ぐ一瞬をとらえています。

 

その構図はまるで高速レンズのカメラで捉えたような一瞬です。

 

この作品は、十江が無駄のない筆致で一気にすばやく生き生きと描き上げた絵と伝えられていますが、線に生命力と勢いがあり、墨の濃淡の差によって鰻の皮の表面のぬるぬる感と泳いでいる鰻の様子までが伝わってくるような作品です。

 

この作品には、十江の題材に対する鋭い観察力と描写の表現力の才能の素晴らしさが表れています。

 

さらに、この作品には、十江の伝統やしきたりはまらず自由奔放に描く特徴も良く表われています。

 

(まとめ)

林十江の人生を振り返ると立原翁軒との出会いは、十江が画家として歩き出すきっかけとなりました。

 

当時40歳過ぎの武家である立原翁軒が、町人である十江との交流を通して十江の画才を見出したことは、翁軒の人柄が年齢や身分だけで人を差別しない人物であったことだけでなく、幕末の水戸藩内の大らかさも伺えます。

 

その水戸藩内で幼少期を過ごした十江の作品にも、翁軒や当時の水戸藩の「良い」影響が表れているのではないでしょうか。

 

 

偕楽園焼~茨城県の骨董品

偕楽園焼とは
―交趾焼の影響を受けた紀州藩の御庭焼―

「偕楽園焼」を知らない人は水戸の偕楽園に縁のある焼き物だと思ってしまうかもしれませんが、偕楽園焼の発祥地は現在の和歌山県です。

 

この偕楽園焼は、10代紀州藩主、徳川治宝によって和歌山城郊外の別邸、西浜殿内の偕楽園ので始められた御庭焼です。

 

・御庭焼の一つである偕楽園焼

御庭焼が行われていた江戸時代中期は、大名や彼らの家臣などが城や邸宅内の庭に陶芸の窯を造り、そこで陶工たちに自分の好みにあった焼き物を造らせていました。

 

そこで造られた陶磁器はお庭焼と呼ばれました。

 

御庭焼の一つである偕楽園焼は、幕末から明治の初め頃にかけての紀州藩で隆盛に行われていました。

 

偕楽園焼を始めた治宝は、京都から楽焼の陶工である楽旦入、啄元弥介、奥田頴川の門下である仁阿弥道八を招き、自分の好みの焼き物や交趾焼の「写し」などを中心とした焼き物を造らせていました。

 

偕楽園焼の主な材料等は京都から持ち込まれ焼き物に使われる資材の調達は、現在の三井物産の祖先である「三井高祐」の支援によって行われました。

 

また、偕楽園焼は京都から招かれた陶工の作品だけでなく、治宝や彼の側近の作品も多く残されていることです。

 

藩主だけでなく、側室や側近、藩士などが一緒になって焼き物を作る楽しみや、作った茶碗等で楽しむ茶道の文化もたのしまれました。

 

彼らが造った陶器の種類の多くは、茶道でつかわれる茶器類の茶碗、香合、蓋置などです。

 

治宝の造った作品には、徳川家の「葵の紋」が捺されています。また、彼の側近たちの作品には、個々の銘と「偕楽園製」と記されている丸印が捺されていることが多いです。

 

この時代に焼かれた偕楽園焼の焼き物の多くは、治宝や彼の側近たちの好みが焼き物に現れています。

 

偕楽園焼で作られた陶磁器はすっきりとした色彩のある茶器が多く、茶道具として使われました。

 

・交趾焼の影響を受けた偕楽園焼

偕楽園焼が影響を受けた交趾焼は、中国南部を中心として生産され、ベトナムにある交趾支那の貿易船によって運ばれ、舶来物とし広まりました。

 

交趾焼は、低火度で焼かれ、2度の焼成りをするので色彩が美しい焼き物です。

 

交趾焼の陶器や磁器は素焼きをする際、高温で焼しめます。

素焼きされた陶磁器に交趾釉を施釉し、低火温度で再度焼成りをされます。

 

交趾釉には黄や浅黄、緑、青、紫、白などがあり、施釉陶磁器の釉薬を掛けた部分にひび割れである「貫入」が入っています。今日でも、交趾焼の陶磁器は、質の高い色彩の鮮やかさがあり、安定した人気があります。

 

その後、線刻、貼り付け、泥化粧、彫刻などをした後に色釉を掛けます。

 

(まとめ)

治宝が82歳で他界した後は、偕楽園の庭園にある窯は閉じられてしまいましたが、明治時代になっても「偕楽園焼」の模倣品は造られていました。

 

幕末から明治の初期にかけて紀州藩主の徳川治宝によって始められた御庭焼である「偕楽園焼」は、紀州藩の芸術文化の向上に大きな影響を与えただけでなく、紀州藩の殖産興業として発展するきっかけとなった焼き物です。

 

 

徳川斉昭(第9代水戸藩主)

徳川斉昭とは

 

―炎のように烈しい生涯を生き抜いた第9代水戸藩主―

 

徳川斉昭は水戸藩の部屋住込みの藩士から水戸藩主になり、藩政改革や幕政に尽力し、幕末から明治維新の改革に大きな影響を与えましたが、優秀な改革力は逆に敵を増やす結果を招き、「安政の大獄」や「桜田門の変」などを引き起こす要因となりました。

 

・藩部屋住込みの藩士から第9代常陸水戸藩主へ

斉昭は第7代水戸藩主・徳川治紀の3男として生まれたので藩主になる可能性は全くなく、部屋住みの藩士の一人として生涯を終える予定でした。

 

しかしながら父親の藩主徳川治紀は、長男の斉修に万が一のことがあった場合を考慮して斉昭を藩主候補にしていたので斉修の亡き後、第9代藩主になることができました。

 

・斉昭が取り組んだ水戸藩の藩政改革―「4つの義」

斉昭が取り組んだ藩政改革の「4つの義」は、改革派家臣である藤田東湖や会沢正志斎らと共に行いました。

 

この「4つの義」の改革は、藩内の全領土を検地する「経界の義」、藩の家臣を水戸藩の領地内に土着させて軍備体制の強化を図る「土着の義」、弘道館や郷校の開校によって藩士の育成を図る「学校の義」、家臣や藩士たちの江戸常住である「定府制」の廃止を薦める「惣交代の義」でした。

 

さらに、斉昭は藩政改革の一つとして水戸の偕楽園も造りました。

 

偕楽園の「偕」は水戸藩の領民、そして「楽」は偕楽園で藩主斉昭が領民と共に楽しむことを願ったことを意味しているので、偕楽園の計画は斉昭自ら行いました。

 

また、「惣交代の義」の改革による「定府制」廃止は、幕府を敵にまわす結果となりました。

 

・敵を増やしてしまった斉昭の改革力

斉昭の改革力は優れていましたが敵を増やし、幕府との対立も強くなってきました。

 

特に将軍継嗣問題と開国政策に対する家斉と大老井伊直弼の対立は「安政の大獄」や「桜田門の変」まで引き起こしてしまいました。

 

「安政の大獄」は、1858年(安政5年)に大老井伊直弼が断行して調印した日米修好通商条約と第14代将軍の継嗣の2つの事案に反対の立場を取った家斉の尊王攘夷派グループに対する弾圧事件です。

 

開国賛成派である直弼率いる南紀派が推した家茂が第14代将軍になった後、朝廷の許可なしに直弼が「日米修好通商条約」に断行して調印したことに激怒して江戸城の乗り込んだ斉昭でしたが、逆に直弼から謹慎処分を受け、政界引退に追い込まれてしまいました。

 

しかしながら、斉昭の開国反対の尊王攘夷思想を受け継いだ水戸藩の志位達は、朝廷も斉昭と同じ攘夷の考えであることから朝廷から幕政改革を命じる勅命を下してもらうために動きました。

 

その後、朝廷が「戌午の密勅」を下しましたが、直弼の逆鱗に触れて斉昭は水戸で死ぬまで謹慎する永蟄居を命じられ、直弼の開国派との対立に完敗してしまいました。これが「安政の大獄」です。

 

「桜田門の変」は、再度、斉昭の尊王攘夷思想を受け継いだ志士たちが立ち上がり、水戸の脱藩浪士たちが1860年の3月3日に、江戸城登城に向かう井伊直弼を討ち取った事件です。

 

この「桜田門の変」の後も斉昭の幕政復帰と永蟄居の命は解かれませんでした。斉昭は桜田門の変で直弼が亡くなった年と同じ年の8月15日に61歳で水戸城にてなくなりました。

 

(まとめ)

現在の茨城県水戸市内にある千波公園内には、斉昭と七郎麿(最後の将軍である第15代将軍・徳川慶喜)親子の像があります。

 

水戸藩主の3男として生まれながら藩主になることができた斉昭は炎のように烈しい生涯をいきぬきました。

 

この親子像が物語っているように息子と過ごしたこの時期が斉昭の生涯の中では、慶喜の父親として過ごせた一番良い時代ではなかったでしょうか。

 

 

海野勝珉~水戸金工の雄

海野勝珉とは

 

―明治時代の金属工芸に足跡を残した彫金家―

海野勝珉は、明治時代に活躍した水戸出身の金属工芸家です。

 

海野は金属工芸家にとって苦難な明治時代を新しい金属工芸の方向性を模索しながら、欧米諸国の博覧会に新しい作品を出展し、現地で高い評価を得て、「ジャポニズム」ブームを引き起こしました。

 

写実的に表現された海野の彫像などの作品には、力強な鏨の力に加えて優しさや伝統的な美しさがあり、海野は色彩センスが豊かな象嵌や片切彫りが得意でした。

 

・幼少の頃から影響を受けた水戸の伝統的な芸術と美意識

海野勝珉は1844年の5月15日に水戸下市肴町で生まれました。

幼名は竹次郎(弥五郎)と称し、9歳位より水戸の装剣金工家である萩谷勝平や叔父の初代海野美盛から金属工芸の技術、安達梅渓から絵、武圧次郎から書などの指導と共に水戸の伝統的な芸術を学びました。

 

海野には、芳洲、東華斉、藻税軒、基平、貞月庵、旭東、旭登など号がありました。

 

その後、東京美術学校の雇員になり、1891年(明治24年)には現在の東京芸術大学の前進である東京美術学校の教授になりました。

 

翌年には、帝室技芸員に任命され、予てから希望していた加納夏雄の門下生にもなることができ「勝珉」と改号して加納の作品の下地を手掛けながら、海野の独創性ある作風を確立していきました。

 

 

・苦難な明治時代に欧米で引き起こした「ジャポニズム」

明治元年、海野は水戸金工として頭角を出し、水戸から東京に移住しましが、この「廃刀令」により海野も刀装具から装飾具の金属工芸家に転向を余儀なくされました。

 

当時、幕末体制の崩壊により多くの刀装金工は突然職を失ってしまったので、欧米人向けに輸出される貿易用のアクセサリー、花瓶、煙草入れ等を造り始め生活の糧としていました。

 

しかし、海野勝民は欧米向けの金属工芸品は作らず、文明開化が叫ばれている明治時代に新しい金属工芸の方向性を模索しながら、欧米諸国で開催されていた万国博覧会等に新しい作品を出展していました。

 

日本は長い鎖国政策を取っていたので、当時は欧米諸国の人々に日本の美術工芸作品はあまり知られていませんでした。

 

そのため日本の美術工芸は欧米諸国で開催される万国博覧会等で人気に拍車がかかり、「ジャポニズム」ブームを引き起こし、海野の作品は現地で高い評価を得ることができました。

 

さらに、海野の作品は、19世紀に新しく展開したアールヌーヴォー運動の芸術家達に大きな影響を与えました。

 

明治の初めは「廃刀令」の交付などによって一時的に彫金などの需要は大きく減少して衰退の一途を辿り始めますが、文明開化によって新しく入ってきた西洋の生活様式の影響で再び需要が増えてきました。

 

 

・強健な鏨の力に優しさと美しさを持った海野の作品

海野の作品には強健な鏨の力に優しい美しさがあります。

 

明治の中頃になると彫金技術は種類も増えて様々な分野に用いられ、海野にとっても作品に新しい装飾の美しさが見いだされました。

 

海野の代表的な作品である「蘭陵王置物」や「太平楽置物」、「還城楽額飾」には、海野の独創性ある立体表現が表れています。

 

「蘭陵王置物」は1890年(明治23年)に開催された第三回内国勧業博覧会で一等妙技賞を受賞し、数年前に東京国立博物館で開催された「皇室の名宝展」にはこの作品が出品され、脚光を浴びました。

 

この作品のモデルとなった舞人は「蘭陵王」を伝承していた楽師である辻高節とも言われています。辻流の「蘭陵王」は、無駄な動作を極限まで省いて洗練さを極めた舞です。海野はこの作品の製作にあたり、辻氏に師事して装束、面、舞の動作や姿勢などを学んだので、作品にその背景も現れています。この作品の一番の特徴は面の眼球が動き、面を取ると舞人の顔があることです。

 

「太平楽置物」は1900年(明治33年)に開催されたパリ万国博覧会に出品されて欧米から高い評価を得た作品です。「太平楽置物」は、雅楽の太平楽を舞う舞人の姿を彫金で豪華に表現し、精巧極まりなく製作された彫像です。この彫像は象嵌、金、銀、銅、彫金を使って作られています。

 

(まとめ)

金属工芸家にとって明治の初めは苦難な時代でしたが、海野は海外に目を向けて欧米諸国で「ジャポニズム」ブームを引き起こし、日本の伝統工芸の維持に貢献しました。海野の作品には、幼年期に影響を受けた水戸の伝統芸術や美意識が根底にあるように思われます。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定