お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)の歴史と概要

1913年マリオ・プラダがミラノに皮革製品店を開業しました。世界中から質の高い革や珍しい素材を集め、イタリア職人の技術で豪華なアイテムを作り、それがブルジョワの間で評判となり、イタリア王室の御用達となりました。1958年マリオの死と時代の変化に低迷期を迎えます。しかし、78年に孫娘のミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任し、事態は変革を見せます。レザー製品で有名なプラダに「ポコノ」という軽くて強い、工業用防水生地のナイロン素材のシンプルなバッグを導入させました。この合理的志向に現代女性が合い大きな話題となりました。以後、次々と新しいタイプのバッグやリュックを発表し、85年にシューズ、88年にレディースウェアを発表しました。1993年春夏からミウッチャの子供時代の愛称をブランドネームにした「ミュウミュウ」を発表し、1995年にはメンズウエアを発表します。現在のプラダグループの総帥は、ミウッチャ・プラダの夫であるパトリッツィオ・ベルテッリでミウッチャと二人三脚でブランドを成長させました。

 

90年代、財政難にあったフェンディを傘下に置きますが、その後、ブランドの経営権はLVMHに渡ります。1998年「プラダスポーツ」の展開をスタート、シンプル&スタイリッシュなデザインに高機能なスポーツウェアやスニーカーを発表し、スニーカーなどヒットアイテムが登場します。90年代の後半以降、ヘルムート ラング、ジル・サンダー、イギリスの靴ブランドのチャーチ、アズディン アライアを買収するが、2000年代半ばにチャーチ以外のブランドを手放しました。こうしてプラダグループのブランド多角化路線は縮小し、プラダ、ミュウミュウブランドを中心に高いクオリティのファッションを提案していく方向に進んでいます。事実、プラダの発表したアートをモチーフにしたコレクションなどデザイン面で高い評価を受け、多くのブランドに影響を与えています。

Yves Saint-Laurent (イヴ サン ローラン)

Yves Saint-Laurent (イヴ サン ローラン)の歴史と概要

1936年フランス領アルジェリアのオランで、保険会社で働く中産階級の両親の家庭に生まれました。1953年17歳の時にパリのシャンブル・サンディカル・ド・ラ・オート・クチュールファッションデザイン学校に入学し、IWS主催のデザインコンクールのドレス部門においてカクテルドレスを発表し、最優秀賞を受賞しました。この時の審査員であったVOGUEのディレクターであるミッシェル・デブリュノフは、無名の若い少年のポートフォリオを初めて見た時、クリスチャン・ディオールと同じAラインの線を描くことに驚き、ディオールに紹介しました。そして独創的かつ想像力に富んだ彼のデザインは、ディオールに非常に強い感銘を与えました。1957年ディオールは自身のスタッフに「ここにある30のデザインはイヴの仕事に基づく私の最新のデザインであります、彼は特別な才能です。私は彼に認められたい」と言い、次のコレクションでイヴを使うことになります。しかし、イヴがまだ若かったのでディオールのスタッフから「もう少し待たなければならない」と言われてしまいました。だが、それが同年のディオールの死によって現実のものとなり、イヴは21歳でディオールブランドを財政的な破滅から救うために主任デザイナーとなり、仕事を始めました。

 

1962年ディオールを去ったイヴは、芸術後援者で恋人のピエール・ベルジェの出資により自身のレーベル「イヴ・サンローラン(YSL)」を設立、活動を開始します。1966年「イヴ・サンローラン」のプレタポルテ(高級既製服)ラインである「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」のブティックをパリにオープンします。1970年代後半から1980年代初期まで資産家の支援により上流階級に絶大な人気を得ました。2002年に、パリでのオートクチュールコレクションを最後に引退しました。

GIVENCHY(ジバンシィ)

GIVENCHY(ジバンシィ)の歴史と概要

1927年パリ郊外のボーヴェの由緒ある貴族家系に生まれ、父親は公爵の称号を持っています。ロベール・ピゲ、ジャック・ファットのメゾンで修行を積み、エルザ スキャパレリのモデリスト兼主任となりました。1951年24歳での初コレクションでは資金面の問題もあり、コットン素材のシンプルなドレスやブラウスを発表し、中でもシャツ地で作った開襟、ラッフル袖の「ベッティーナ・ブラウス」は話題を呼びました。その斬新なアイデアとシャープな感性が絶賛され「モードの神童」と呼ばれました。そして1952年ジバンシィ社を創立しました。
1954年オードリー・ヘップバーン主演の映画「麗しのサブリナ」の衣装を手がけました。オードリー・ヘップバーンはジバンシィの象徴であり、「自由」で体のラインを強調しないスタイルが特徴です。1955年「自由なライン」として発表したウエストもヒップもないシュミーズドレスが「革命的な衣装」として反響を呼び、 1956年レディースウェアライン「GIVENCHY UNIVERSITY」を発表しました。
1962年に香水を発表し、1972年には男性用化粧品を発表、1973年メンズウェアライン「GENTLEMAN GIVENCHY」を発表しました。1995年のオートクチュール・コレクションを発表後、引退しました。

GOYARD(ゴヤール)

GOYARD(ゴヤール)の歴史と概要

創業者のフランソワ・ゴヤールは1828年フランスのブルゴーニュ地方で生まれました。ゴヤール家は、フランス・ニヴェルネ地方で200年以上前から経営している水上筏の製作会社を経営していました。1832年フランソワの父、エドメがパリに移住し、パリでトランクメーカーであるモレル社に就職したことがきっかけで、1845年フランソワもモレル社に就職しました。モレル社の経営者モレルは、頭角を現していたフランソワを会社の後継経営者に指名し、1853年モレルの死去に伴いフランソワが会社を引き継ぎ、サントノレ通り233番地に「メゾン・ゴヤール」が誕生しました。

 

1860年フランソワに息子エドモンドが生まれ、父親の後をエドモンが継ぎ、彼は多くの革新をゴヤールにもたらしました。エドモンは代々伝わる筏作りの技術を活かし、耐久性、耐水性に優れたキャンバス地を開発し、これをトランクカバーにしました。1892年3つの杉綾を併記し「Y」のイニシャルを形作っているモチーフを開始しました。これは樹木を意味するシンボルとして描かれ、ゴヤール家と人類の歴史を表現していると言われていて、現在でもゴヤールのトレードマークとなっています。また、ゴヤールの製品は品質が良く、軽量で上質のキャンバス地を使用し、また顧客のオーダーによりイニシャルを付けるサービスなど、顧客のニーズに合わせて特注品を生産することで有名です。

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)の歴史と概要

1941年ニューヨークのマンハッタンで生まれたバッグ・ブランドです。始まりはロフトを工房とした、家族経営という規模からでした。 たった6人の職人によるスタートでしたが、彼らは何代にも渡って使い続けられる高品質な革製品を作り出すことを志し、高いレベルの革小物を生み出す彼らの名は徐々に浸透していきます。革小物を中心に展開していたが、野球のグローブにインスピレーションを受け、その独特の作りを取り入れたハンドバッグを生み出しました。1960年代初期に誕生したこのバッグは、耐久性、使いやすさ、そして見た目の美しさを兼ね備え、象徴となるバッグとして語り継がれることになります。

 

1985年サラ・リー・コーポレーションに買収され、製作の領域を広げ、よりファッション性の高いブランドへと成長していきます。1996年には、トミー・ヒルフィガーからリード・クラッコフをエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターとして迎え入れ、コーチのブランディング強化に成功しました。彼は世界的なブランドへと導く事に最も貢献したと言われています。 1998年にはスイス「モバード・グループ」と共同で「ウォッチ・コレクション」を発表します。2001年からは自社のロゴをモチーフとした「シグネチャー・コレクション」スタートし、2005年には「ベビー・コレクション」を発表するなど、次々と新しい展開をみせています。また、1999年から2001年にかけてはトヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」とコラボし、コーチの皮革を内装に利用した限定高級車が販売されました。

FURLA(フルラ)

FURLA(フルラ)の歴史と概要

1927年に皮革業に精通した実業家アルド・フルラネットがアクセサリー関連のレザーを扱った企業を創業しました。その後ブランドを立ち上げ、現在でも家族経営ブランドとして人気を誇っています。1955年にボローニャにショップ1号店をオープンし、レザーグッズなどの販売をスタートします。70年代初頭にブランド「フルラ」をスタートし、イタリア国内に販売網を広げます。以後、皮革職人が伝統的な技と最高の素材を駆使して作るコレクションが人気になり、フェミニンな雰囲気にエレガンスさと程よいカジュアル感が備わっています。

 

2002年にはDeRigoVisionとライセンス契約を結び、サングラスラインを発表し、同年、日本の銀座4丁目に路面店をオープンします。2006年にはシチズンとコラボレーションでウォッチ部門の展開をスタートさせ、同年インテルとのコラボで女性向けPCバッグ「クラシック」を発表します。

 

バッグ、財布、時計といったアクセサリーを中心に靴も展開するコレクションを発表する一方、デザイナーや企業とのコラボレーションもよく発表し、若手アーティストの支援も積極的に行っています。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA