お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

BVLGARI(ブルガリ)

BVLGARI(ブルガリ)の歴史と概要

1857年創始者「ソティオ・ブルガリ」はギリシャのカラリテス地方ギリシャエピルスで、先祖代々の技術を受け継いだ銀細工師の一族に生まれました。1876年にバルカン戦争が勃発すると、安全を求めイタリアに移住することになり、新たな地でも順調に事業を進めました。1884年に最初の店をローマのシスティーナ通りに構えました。1905年にブルガリの本店をローマのコンドッティ通りに移転し、現在に至っています。二十世紀初頭にはソティリオの息子である、コンスタンティノとジョルジョ兄弟は、当時の宝飾界を支配していたアール・デコ、アール・ヌヴォー、ロココといったフランスの宝飾様式とは違う、ギリシャやローマの古典主義の作品を発表します。ペンダントヘッドなどのモチーフとして多用される星座は、ギリシャ神話がそのルーツとなっていて、歴史の素晴らしさを受け継ぎながら、モダンなデザインにして蘇らせ「ブルガリスタイル」がここで確立されました。代表作は、ゴールドやシルバーの素材をコイル状に巻くという工芸技術を用いたトゥボガスラインや、蛇をモチーフにしたスネークリング、括弧をモチーフにしたパレンテシ、オニキスなどの宝石をはめ込んだブルガリ・ブルガリシリーズなどがあげられます。

 

1977年に世界中で人気を誇る最初の腕時計のシリーズ「ブルガリ・ブルガリ」を発表しました。ロゴを先駆けて使用したのも特徴のひとつで、デザインに関しては時代を大きくリードし、装飾要素になっています。1980年に腕時計分野に本格的に参入するため、スイスに腕時計製造専門のブルガリ・タイム社を設立し、複雑時計の自社一貫製造までも手掛け、世界でも数少ないブランドの一つとなりました。宝飾品に比べ腕時計製造の歴史は浅いが、その洗練されたデザイン力が高く評価され、本格参入から20余年の間に、時計ブランドとしても名を馳せるようになりました。

現在では時計、宝飾品、香水、バッグはもちろん、ホテル業などとブルガリは総合ブランドとしての地位を確立しつつあります。

CELINE(セリーヌ)

CELINE(セリーヌ)の歴史と概要

1945年女性実業家セリーヌ・ヴィピアナが夫リチャードと子供靴専門店をオープンしました。この子供靴が上流階級を中心に支持を広げ、婦人靴、香水、スカーフ、バッグとアイテムを追加していきました。そして1967年にはプレタポルテ(高級既製服)の販売を開始しました。

 

ハンドバッグを始めた60年代後半からは、セリーヌのモチーフである馬車の柄と、バックルのバッグ「サルキー」や、馬具の金具をモチーフにしたモカシンが人気を呼びました。1988年にLVMHグループの一員となり、1997年にはマイケル・コースやロベルト・メニケッティがセリーヌのデザイナーを務めたこともあります。現在のクリエイティブ・ディレクターは元クロエのフィービー・フィロ氏です。彼女はクロエでパディントンバッグの大ヒットを飛ばし、セリーヌ就任後に発表したラゲージもセレブリティの間で人気が広まり、「第二のバーキン」との呼び声も高くなりました。

 

日本では、東京都港区南青山に本社事務所を置き、販売・プロモーションの拠点としています。バッグや財布、靴などの小物がよく知られ、シャネル、バレンシアガと並んで、国内外の芸能人スナップ記事で度々目にするブランドとして認識されています。

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)の歴史と概要

1966年ミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロによって創業されました。ブランド名の由来は「ベネチアの工房」を意味します。ボッテガ・ヴェネタの特徴は、職人とデザイナーが協力し合い、ともにインスピレーションを高めていくというアプローチをとっています。職人たちが熟練の伝統技能と革新性を組み合わせ、技術を発揮するアトリエを守り続けています。職人技の重要性を認識し、伝統的な生活様式が壊れていくことを危ぶみ、2006年夏には次世代の革職人を養成、支援するための学校を開校しました。

 

2001年2月にグッチ・グループの傘下に入り、同年の6月にクリエイティブ・ディレクターとしてトーマス・マイヤーが就任しました。マイヤーによる初のコレクションとなる2002年春夏コレクションは、評論家から高い称賛を得ました。グッチ・グループが2004年7月にPPR社の傘下に入ってからは、宝飾品、時計、家具など、服飾・バッグ・小物類以外の分野でも幅を広げています。2011年にはインター・パルファム社によるライセンス生産で香水の展開を開始しました。

 

日本での販売代理店はブルーベル・ジャパンとコティ・プレステージ・ジャパンで、直営店および厳選された百貨店にて販売を展開をしています。

Miu Miu(ミュウミュウ)

Miu Miu(ミュウミュウ)の歴史と概要

1993年プラダの創始者であるマリオ・プラダの孫娘のミウッチャ・プラダが創立しました。ミュウミュウとはミウッチャの子供の頃の愛称で、プラダと同じくにシンプルでありながら、女の子特有の甘さや可愛らしさを表現しています。以来、ミュウミュウは強い個性が持ち味のブランドとなり、これまでにない斬新なスタイルを作り出すミウッチャ・プラダのヴィジョンを表現し続けて、独自のクリエイティブな発展を遂げています。デザインから素材の選択、職人技から一つ一つのディテールに対するこだわりに至るまで、また、生産過程の各ステップにおいても徹底しています。

 

店舗デザインも斬新で、ブランドの価値観を反映した動きと明るさに対する独自の認識を表現しています。コントラストと予想外かつ、非凡な素材の組み合わせによって、コンセプチュアルな遊びを取り入れています。また、壁やソファ、テーブルは精巧なゴールドのダマスク織りで覆われて、穴の開いたスチールと鋳鉄といった対照的な要素を加え、時代を超越した空間になっています。照明、ミラー、そしてゴールドのダマスク織りのカーテンを固めた壁で作られた内装が、繭のような雰囲気を醸し出しているのが特徴です。

BALENCIAGA(バレンシアガ)

BALENCIAGA(バレンシアガ)の歴史と概要

創業者は1895年スペインに生まれのクリストバル・バレンシアガです。仕立てとドレスメイクを母親から習い、独学で裁断と縫製を学びました。スーツをリメイクした服で才能を認められ、マドリードの仕立て屋で修業しました。1918年スペインのサン・セバスティアンに最初のオートクチュールハウスをオープンします。バレンシアガのデザインはスペイン国内で高い評価を受け、2番目にマドリッド、3番目をバルセロナに店をオープンさせ王室も顧客になるなど、スペインのファッション界をリードする存在になりました。クリストバル・バレンシアガは、スペインの内乱を機にパリへ渡ります。1937年パリのジョルジュサンク・アベニュー10番地に旗艦店をオープン、現在も同じ場所にあります。

 

バレンシアガのシルエットは高く評価され、パリのエレガンスを体現する存在になります。30年代から50年代にかけては、シンプリシティを追求した「サック・ドレス」などを発表します。特に1955年に発表したチュニックラインと言われるスタイルは、クリスチャン ディオールの「Aライン」と共に話題を独占し、その後のファッション業界のトレンドに大きな影響を与えました。1946年初めて発表した香水を「ル・ディス」と名付けました。

 

1968年突然バレンシアガはクチュールハウスを閉店し、顧客はもちろんファッション業界を大いに落胆させました。1972年クリストバル・バレンシアガは、生まれ故郷であるスペインにて死去し、甥が事業を引き継ぐことになりました。1978年ブランドとしてのバレンシアガは、フレグランス事業も含め、いくつかの企業に移譲され、ライセンスビジネスのみでブランドの名前を継続させました。1986年までは、香水ブランドとして継続させ、1987年「バレンシアガ」のプレタポルテ(高級既製服)コレクションがスタートしました。

Chloé(クロエ)

Chloé(クロエ)の歴史と概要

1952年エジプト系パリジャンのギャビー・アギョンによってク創業しました。パートナーのジャック・ルノワールと共に、オートクチュールとプレタポルテ(高級既製服)の統合したコレクションに需要が高まっていることに最初に気付き、既製服市場の草分け的存在とされています。パリのペルシエ通りに本社があります。

 

クロエの登場する以前、高級店ではオートクチュール(注文服)のみを取り扱っていました。富裕層にはオートクチュールで十分であったが、一般層は地方の裁縫師が作る質の劣るコピー商品を着ていました。ギャビー・アギョンは1950年代のファッションの堅苦しさを嫌い、また市場とのギャップも感じたことから「ラグジュアリー・プレタポルテ」と称して、高品質でかつソフトでボディコンシャスな既製服を高級生地を使って作ることを思い立ちます。1970年代パリのグリボーバル通り3番に第1号店をオープンさせ、70年代を象徴させるブランドの一つになります。以降、有望なアートデレクターと積極的に作品を展開し、2008年より香水を展開しました。当初は「クロエ」のみであったが、2013年より「シー・バイ・クロエ」も登場し、いずれも20代女性を中心に日本でも幅広い支持を集めています。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA