お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

浮世絵師~歌川国芳について

歌川国芳(1797年・寛政9年 〜 1861年・文久元年 享年65歳)

 

国芳は1797年寛政9年に江戸日本橋本銀(ほんしろがね)に生まれ、父は染物屋を営んでおり絵が好きになる環境は整っていたと思われます。

七、八歳の頃より人物描法を学んでいて、十二歳の頃に描いた鍾馗像を見た初代歌川豊国に入門を進められ文化八年(1811年)に初代豊国の門下にはいりました。

兄弟子には国直、国貞がおり才能溢れる兄弟子に追いつくべく研鑽を努めていきます。

 

国芳は「採芳舎国芳」と名乗っていた時代があり国貞などの兄弟子を上回ることのできない悩みなどで迷いがあった時代とされているが「平知盛亡霊図」などの作品で評価を受け始め後の代表作となる水滸伝にも続く構図の「隠岐次郎広有」も採芳舎国芳落款で描いています。

 

武者絵に才覚を表しはじめた国芳は風景版画、狂画、風刺画、動物画でも庶民の指示を受けはじめ、その頃パトロンとなる梅屋鶴寿と出会い一気に国芳の名が世に広まっていくのであります。

 

そして文政十年頃、中国の豪傑物語「水滸伝」が大流行し版元である加賀屋は大判錦絵シリーズに国芳を指名し、また国芳もそのチャンスに果敢に挑みその人気を決定的にした「通説水滸伝豪傑百八人之一個」が誕生しこれを機に画壇に確固たる地位を築くこととなります。

 

国芳は人気に胡座をかくことなく、その後も美人画や西洋様式を取り入れた風景版画の作画など貪欲に活動を続けていきます。

 

国芳の迫力のある画風の水滸伝や武者絵はそれまで主に筋彫りであった入れ墨文化にも影響を与え、国芳の画と同様のものをいれるのが流行したと言われています。

 

天保八年頃国芳は結婚を気に向島に移り住み多くの弟子をとるようになり、その中にまだ子供だった河鍋暁斎がいたことも有名です。

 

この頃幕府の倹約令による過料に科せられたり、幕府の改革を風刺したとされ、当局より咎められたりもしましたが、その風刺画とされた「源頼光公館土蜘作妖怪図」、「朧月猫の草紙」「縞揃女弁慶」など傑作が次々と生まれます。

 

50歳を越えても国芳の創作意欲は衰えなず、通常の絵師は限られたサイズの中で制作を行いましたが、国芳は通常一枚ずつ鑑賞できるように描く三枚続を一つのテーマで三枚に渡って書き綴る巨大絵を発表していました。その構図は今みても圧巻と形容できる見事なものであります。

 

そんな国芳も60歳を過ぎると体に異変をきたす様になり中風に倒れますが、病を引きずりながらそれでも制作を続けかなりの数の作品を残していっていました。

しかし文久元年(一八六一年)六十五歳で没しました。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)の歴史と概要

1881年イタリア・フィレンツェ生まれのグッチオ・グッチによって創業しました。1898年ロンドンに移り、イギリス貴族の洗練された感性に刺激を受け、1901年にフィレンツェへ帰り第一次世界大戦後の1921年に起業しました。以後、乗馬をモチーフとした皮革製品が人気となり、数年間で成功を収めました。

 

第二次世界大戦が始まるとイタリアでも皮革は統制品となり革が使えなくなってしまったため、代用品としてキャンバス地にコーティングを施して使うことになり、その配色が思わぬ人気を博しました。同時期に竹素材も使用され、バンブーの名でアイコンとして認識されています。グッチオ・グッチは1953年夏、72年の生涯を閉じました。

 

現在ではケリンググループの中核をなすブランドで、同系列にサン・ローラン、バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタ、セルジオ・ロッシ、ブシュロン、プーマなどのブランドがあります。以前は「グッチ・グループ」として系列各社を代表する存在でしたが、1990年代に創業家のお家騒動と外資の買収に翻弄された経緯が関係し、フランスの流通大手企業であるPPRの保有会社となりました。2011年にグループそのものがPPRグループの100%子会社化されたことで、系列会社を含めて「PPRラグジュアリー・グループ」に所属し「ケリンググループ」の構成企業となりました。

ブランドの元祖と呼ばれ、品質保証のために世界で初めてデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。

CHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)の歴史と概要

1910年ココ・シャネルがパリのカンボン通り21番地にシャネル・モードという帽子専門店を開店したのが始まりです。1913年リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店、続いて1915年ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、シャネルはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューしました。1916年には第1回オートクチュール・コレクションを発表しました。安くシンプルで着心地がよく、無駄のないジャージ素材を取り入れたドレスが話題となりました。1921年本店をカンボン通り31番地に移転。調香師のエルネスト・ボーにより、シャネル初の香水「No.5」を同年の5月5日に発売、脂肪族アルデヒドを大胆に使用した香調で話題となりました。

 

1939年第二次世界大戦の勃発とともに、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖しました。シャネルはドイツによるフランス北部占領中、ドイツ軍将校のヴァルター・シェレンベルクと愛人関係にあったため、1944年の連合国軍によるフランス解放後は「売国奴」として非難されスイスへの逃亡を余儀なくされました。1954年にカンボン通りの店を再開し、閉鎖店舗が復活し始め、同時にオートクチュール・コレクションも復活させました。

 

1970年香水「No.19」を発表するが、翌1971年住居としていたオテル・リッツでシャネルが死去しました。その後、デザイナーにカール・ラガーフェルドが就任しました。シャネルのスタイルを守り、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たします。2000年代以降は「メティエダール・コレクション」と呼ばれ、通常のパリ・コレクション出展と異なるテーマのコレクションも展開しました。製品の大多数は自社工場で製造されていますが、サングラスやメガネフレームはイタリアのルックスオティカ社がライセンスを受けて生産しています。

Christian Dior(クリスチャン・ディオール)

Christian Dior(クリスチャン・ディオール)の歴史と概要

1946年マルセル・ブサック(綿のファブリック王)の後援をもとに、ディオールは自身のクチュールメゾンをパリのアヴェニュー・モンテーニュ30番地に立ち上げます。翌年1947年に最初のコレクションを発表しました。このコレクションにはコロール「花冠」を意味する名前が付けられていました。しかし「ハーパース・バザー」誌の編集長であったカーメル・スノウがこのコレクションを評価したことが切っ掛けとなり、「ニュールック」というフレーズで知られています。これはアラビア数字の「8」に似た細く絞ったウェスト、ゆったりしたフレアスカートが特徴で、戦時中の資材不足により服に使える布の面積に厳しい制限を抱えていたが、贅沢に布を使用した点にも特徴を持っていました。このディオールのニュールックは、第二次世界大戦中に主流であったボックス型よりも、女性的であると評価されました。初期においてはディオールの膝下まで覆う形のデザインに抗議する女性たちもいて、戦時中、服飾用の布地が不足していたことにより、そのようなデザインは見られなくなっていたためです。これらの抗議運動は写真として残っており、プラカードを持って抗議する女性や、中にはニュールックを身に着けた女性が街中で服を切り裂かれているものまでありました。

 

女性の服装に革命を起こし、また第二次世界大戦後のパリを再度、ファッションの中心地としてディオールは復興させました。 1947年から1957年までの11年間、戦後のファッションの指針を示したディオールはパリのオートクチュール界の頂点に君臨していました。クリスチャン・ディオール死去後、現在はLVHMの傘下に入り、服飾を中心として革製品、宝飾品、時計、コスメ、香水と、その展開分野は幅広くなっています。

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)の歴史と概要

1847年宝石細工師のアドルフ・ピカールから「ルイ=フランソワ・カルティエ」が、パリのモントルグイユ通り29番地のジュエリー工房を受け継いだ事がカルティエの始まりです。パリの王侯貴族のための宝石商としてイエロー・ピンクゴールド、エナメル、パールを懐中時計に施し、制作していました。1899年息子の「アルフレッド・カルティエ」が店を発展させ、その後アルフレッドは3人の息子「ルイ」「ピエール」「ジャック」はそれぞれに、パリ、ロンドン、ニューヨークの各都市のショップを任せました。

 

特にパリ本店の「ルイ」は「王の宝石商、宝石商の王」として、多くの王侯貴族たちを虜にしました。当時のヨーロッパはアールヌーヴォー・スタイルが主流でしたが、ルイ・カルティエはこのスタイルが気に入りませんでした。独自にフランス、東洋、イスラム古美術を収集、研究を重ね、明確なラインと対称的な構成を持つ「ガーランド・スタイル」を生み出しました。その後アールデコ・スタイルを経て、カルティエ・スタイルを生み出し、現代では世界的な宝石ブランドとして世界中の人々を魅了しています。

 

腕時計の歴史は、カルティエが生みの親とも言われています。1900年当時の時計は、懐中時計が主流であったために、飛行家であるアルベルト・サントス・デュモンが、飛行中でも操縦桿から手を離さなくて見られる時計が欲しいと要望があり、考案した物でした。この腕時計がパリの社交界で話題となり、1904年に製作された「サントス」をはじめ、腕時計は100年以上の歴史があります。

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)の歴史と概要

創業者であるサルヴァトーレ・フェラガモは、わずか11歳にして靴職人としてスタートしました。15歳で当時靴の大量生産に成功していたアメリカに渡り、はじめはボストンの工場で働いていましたが、機械で大量生産される靴に失望し、2週間で辞めてしまいました。カリフォルニアへ移り、兄弟で靴屋を開業しました。映画関連靴の制作を請け負うようになり、1923年24歳で兄たちから独立し、ハリウッド・ブーツ・ショップという店舗をオープンします。ハリウッドの俳優たちからは、サルヴァトーレの作る靴は評判が大変よく、大成功を収めます。

 

1927年にイタリアに戻り、サルヴァトーレはフィレンツェのマリネ通りに「サルヴァトーレ・フェラガモ」をオープンします。イタリアでも機械を使った靴の大量生産が行われていましたが、品質の妥協をサルヴァトーレは許しませんでした。工員をたくさん雇って、それぞれ専門部分を受け持たせる流れ作業方式をとりましたが、すべての工程は手作業でした。1933年世界大恐慌の余波を受け一度倒産し、第二次世界大戦などの危機はありましたが、その都度、王候、王妃、貴族などの顧客を獲得し、フェラガモは復活しました。また、多くの顧客はその履き心地のよさを求めて、フェラガモに戻って来ました。世界中の人々、ハリウッドのセレブに愛されたフェラガモの靴は、ファッション界における靴の地位向上にも大きな影響を与えました。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA