お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
骨董品・美術品というと何のことか分からず、「ガラクタ」と考えて処分しようとしていませんか?その眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。まずはご相談ください。

偕楽園焼~茨城県の骨董品

偕楽園焼とは
―交趾焼の影響を受けた紀州藩の御庭焼―

「偕楽園焼」を知らない人は水戸の偕楽園に縁のある焼き物だと思ってしまうかもしれませんが、偕楽園焼の発祥地は現在の和歌山県です。

 

この偕楽園焼は、10代紀州藩主、徳川治宝によって和歌山城郊外の別邸、西浜殿内の偕楽園ので始められた御庭焼です。

 

・御庭焼の一つである偕楽園焼

御庭焼が行われていた江戸時代中期は、大名や彼らの家臣などが城や邸宅内の庭に陶芸の窯を造り、そこで陶工たちに自分の好みにあった焼き物を造らせていました。

 

そこで造られた陶磁器はお庭焼と呼ばれました。

 

御庭焼の一つである偕楽園焼は、幕末から明治の初め頃にかけての紀州藩で隆盛に行われていました。

 

偕楽園焼を始めた治宝は、京都から楽焼の陶工である楽旦入、啄元弥介、奥田頴川の門下である仁阿弥道八を招き、自分の好みの焼き物や交趾焼の「写し」などを中心とした焼き物を造らせていました。

 

偕楽園焼の主な材料等は京都から持ち込まれ焼き物に使われる資材の調達は、現在の三井物産の祖先である「三井高祐」の支援によって行われました。

 

また、偕楽園焼は京都から招かれた陶工の作品だけでなく、治宝や彼の側近の作品も多く残されていることです。

 

藩主だけでなく、側室や側近、藩士などが一緒になって焼き物を作る楽しみや、作った茶碗等で楽しむ茶道の文化もたのしまれました。

 

彼らが造った陶器の種類の多くは、茶道でつかわれる茶器類の茶碗、香合、蓋置などです。

 

治宝の造った作品には、徳川家の「葵の紋」が捺されています。また、彼の側近たちの作品には、個々の銘と「偕楽園製」と記されている丸印が捺されていることが多いです。

 

この時代に焼かれた偕楽園焼の焼き物の多くは、治宝や彼の側近たちの好みが焼き物に現れています。

 

偕楽園焼で作られた陶磁器はすっきりとした色彩のある茶器が多く、茶道具として使われました。

 

・交趾焼の影響を受けた偕楽園焼

偕楽園焼が影響を受けた交趾焼は、中国南部を中心として生産され、ベトナムにある交趾支那の貿易船によって運ばれ、舶来物とし広まりました。

 

交趾焼は、低火度で焼かれ、2度の焼成りをするので色彩が美しい焼き物です。

 

交趾焼の陶器や磁器は素焼きをする際、高温で焼しめます。

素焼きされた陶磁器に交趾釉を施釉し、低火温度で再度焼成りをされます。

 

交趾釉には黄や浅黄、緑、青、紫、白などがあり、施釉陶磁器の釉薬を掛けた部分にひび割れである「貫入」が入っています。今日でも、交趾焼の陶磁器は、質の高い色彩の鮮やかさがあり、安定した人気があります。

 

その後、線刻、貼り付け、泥化粧、彫刻などをした後に色釉を掛けます。

 

(まとめ)

治宝が82歳で他界した後は、偕楽園の庭園にある窯は閉じられてしまいましたが、明治時代になっても「偕楽園焼」の模倣品は造られていました。

 

幕末から明治の初期にかけて紀州藩主の徳川治宝によって始められた御庭焼である「偕楽園焼」は、紀州藩の芸術文化の向上に大きな影響を与えただけでなく、紀州藩の殖産興業として発展するきっかけとなった焼き物です。

 

 

徳川斉昭(第9代水戸藩主)

徳川斉昭とは

 

―炎のように烈しい生涯を生き抜いた第9代水戸藩主―

 

徳川斉昭は水戸藩の部屋住込みの藩士から水戸藩主になり、藩政改革や幕政に尽力し、幕末から明治維新の改革に大きな影響を与えましたが、優秀な改革力は逆に敵を増やす結果を招き、「安政の大獄」や「桜田門の変」などを引き起こす要因となりました。

 

・藩部屋住込みの藩士から第9代常陸水戸藩主へ

斉昭は第7代水戸藩主・徳川治紀の3男として生まれたので藩主になる可能性は全くなく、部屋住みの藩士の一人として生涯を終える予定でした。

 

しかしながら父親の藩主徳川治紀は、長男の斉修に万が一のことがあった場合を考慮して斉昭を藩主候補にしていたので斉修の亡き後、第9代藩主になることができました。

 

・斉昭が取り組んだ水戸藩の藩政改革―「4つの義」

斉昭が取り組んだ藩政改革の「4つの義」は、改革派家臣である藤田東湖や会沢正志斎らと共に行いました。

 

この「4つの義」の改革は、藩内の全領土を検地する「経界の義」、藩の家臣を水戸藩の領地内に土着させて軍備体制の強化を図る「土着の義」、弘道館や郷校の開校によって藩士の育成を図る「学校の義」、家臣や藩士たちの江戸常住である「定府制」の廃止を薦める「惣交代の義」でした。

 

さらに、斉昭は藩政改革の一つとして水戸の偕楽園も造りました。

 

偕楽園の「偕」は水戸藩の領民、そして「楽」は偕楽園で藩主斉昭が領民と共に楽しむことを願ったことを意味しているので、偕楽園の計画は斉昭自ら行いました。

 

また、「惣交代の義」の改革による「定府制」廃止は、幕府を敵にまわす結果となりました。

 

・敵を増やしてしまった斉昭の改革力

斉昭の改革力は優れていましたが敵を増やし、幕府との対立も強くなってきました。

 

特に将軍継嗣問題と開国政策に対する家斉と大老井伊直弼の対立は「安政の大獄」や「桜田門の変」まで引き起こしてしまいました。

 

「安政の大獄」は、1858年(安政5年)に大老井伊直弼が断行して調印した日米修好通商条約と第14代将軍の継嗣の2つの事案に反対の立場を取った家斉の尊王攘夷派グループに対する弾圧事件です。

 

開国賛成派である直弼率いる南紀派が推した家茂が第14代将軍になった後、朝廷の許可なしに直弼が「日米修好通商条約」に断行して調印したことに激怒して江戸城の乗り込んだ斉昭でしたが、逆に直弼から謹慎処分を受け、政界引退に追い込まれてしまいました。

 

しかしながら、斉昭の開国反対の尊王攘夷思想を受け継いだ水戸藩の志位達は、朝廷も斉昭と同じ攘夷の考えであることから朝廷から幕政改革を命じる勅命を下してもらうために動きました。

 

その後、朝廷が「戌午の密勅」を下しましたが、直弼の逆鱗に触れて斉昭は水戸で死ぬまで謹慎する永蟄居を命じられ、直弼の開国派との対立に完敗してしまいました。これが「安政の大獄」です。

 

「桜田門の変」は、再度、斉昭の尊王攘夷思想を受け継いだ志士たちが立ち上がり、水戸の脱藩浪士たちが1860年の3月3日に、江戸城登城に向かう井伊直弼を討ち取った事件です。

 

この「桜田門の変」の後も斉昭の幕政復帰と永蟄居の命は解かれませんでした。斉昭は桜田門の変で直弼が亡くなった年と同じ年の8月15日に61歳で水戸城にてなくなりました。

 

(まとめ)

現在の茨城県水戸市内にある千波公園内には、斉昭と七郎麿(最後の将軍である第15代将軍・徳川慶喜)親子の像があります。

 

水戸藩主の3男として生まれながら藩主になることができた斉昭は炎のように烈しい生涯をいきぬきました。

 

この親子像が物語っているように息子と過ごしたこの時期が斉昭の生涯の中では、慶喜の父親として過ごせた一番良い時代ではなかったでしょうか。

 

 

海野勝珉~水戸金工の雄

海野勝珉とは

 

―明治時代の金属工芸に足跡を残した彫金家―

海野勝珉は、明治時代に活躍した水戸出身の金属工芸家です。

 

海野は金属工芸家にとって苦難な明治時代を新しい金属工芸の方向性を模索しながら、欧米諸国の博覧会に新しい作品を出展し、現地で高い評価を得て、「ジャポニズム」ブームを引き起こしました。

 

写実的に表現された海野の彫像などの作品には、力強な鏨の力に加えて優しさや伝統的な美しさがあり、海野は色彩センスが豊かな象嵌や片切彫りが得意でした。

 

・幼少の頃から影響を受けた水戸の伝統的な芸術と美意識

海野勝珉は1844年の5月15日に水戸下市肴町で生まれました。

幼名は竹次郎(弥五郎)と称し、9歳位より水戸の装剣金工家である萩谷勝平や叔父の初代海野美盛から金属工芸の技術、安達梅渓から絵、武圧次郎から書などの指導と共に水戸の伝統的な芸術を学びました。

 

海野には、芳洲、東華斉、藻税軒、基平、貞月庵、旭東、旭登など号がありました。

 

その後、東京美術学校の雇員になり、1891年(明治24年)には現在の東京芸術大学の前進である東京美術学校の教授になりました。

 

翌年には、帝室技芸員に任命され、予てから希望していた加納夏雄の門下生にもなることができ「勝珉」と改号して加納の作品の下地を手掛けながら、海野の独創性ある作風を確立していきました。

 

 

・苦難な明治時代に欧米で引き起こした「ジャポニズム」

明治元年、海野は水戸金工として頭角を出し、水戸から東京に移住しましが、この「廃刀令」により海野も刀装具から装飾具の金属工芸家に転向を余儀なくされました。

 

当時、幕末体制の崩壊により多くの刀装金工は突然職を失ってしまったので、欧米人向けに輸出される貿易用のアクセサリー、花瓶、煙草入れ等を造り始め生活の糧としていました。

 

しかし、海野勝民は欧米向けの金属工芸品は作らず、文明開化が叫ばれている明治時代に新しい金属工芸の方向性を模索しながら、欧米諸国で開催されていた万国博覧会等に新しい作品を出展していました。

 

日本は長い鎖国政策を取っていたので、当時は欧米諸国の人々に日本の美術工芸作品はあまり知られていませんでした。

 

そのため日本の美術工芸は欧米諸国で開催される万国博覧会等で人気に拍車がかかり、「ジャポニズム」ブームを引き起こし、海野の作品は現地で高い評価を得ることができました。

 

さらに、海野の作品は、19世紀に新しく展開したアールヌーヴォー運動の芸術家達に大きな影響を与えました。

 

明治の初めは「廃刀令」の交付などによって一時的に彫金などの需要は大きく減少して衰退の一途を辿り始めますが、文明開化によって新しく入ってきた西洋の生活様式の影響で再び需要が増えてきました。

 

 

・強健な鏨の力に優しさと美しさを持った海野の作品

海野の作品には強健な鏨の力に優しい美しさがあります。

 

明治の中頃になると彫金技術は種類も増えて様々な分野に用いられ、海野にとっても作品に新しい装飾の美しさが見いだされました。

 

海野の代表的な作品である「蘭陵王置物」や「太平楽置物」、「還城楽額飾」には、海野の独創性ある立体表現が表れています。

 

「蘭陵王置物」は1890年(明治23年)に開催された第三回内国勧業博覧会で一等妙技賞を受賞し、数年前に東京国立博物館で開催された「皇室の名宝展」にはこの作品が出品され、脚光を浴びました。

 

この作品のモデルとなった舞人は「蘭陵王」を伝承していた楽師である辻高節とも言われています。辻流の「蘭陵王」は、無駄な動作を極限まで省いて洗練さを極めた舞です。海野はこの作品の製作にあたり、辻氏に師事して装束、面、舞の動作や姿勢などを学んだので、作品にその背景も現れています。この作品の一番の特徴は面の眼球が動き、面を取ると舞人の顔があることです。

 

「太平楽置物」は1900年(明治33年)に開催されたパリ万国博覧会に出品されて欧米から高い評価を得た作品です。「太平楽置物」は、雅楽の太平楽を舞う舞人の姿を彫金で豪華に表現し、精巧極まりなく製作された彫像です。この彫像は象嵌、金、銀、銅、彫金を使って作られています。

 

(まとめ)

金属工芸家にとって明治の初めは苦難な時代でしたが、海野は海外に目を向けて欧米諸国で「ジャポニズム」ブームを引き起こし、日本の伝統工芸の維持に貢献しました。海野の作品には、幼年期に影響を受けた水戸の伝統芸術や美意識が根底にあるように思われます。

浮世絵師~月岡芳年について

月岡芳年とは

 

大蘇芳年は幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師です。

 

本名は「吉岡米次郎」(のちに月岡となる)といい大蘇芳年にいたるまで「一魁斎芳年」、「魁斎」、「玉桜楼」、「咀華亭」、「子英」と号をいくつも変え大蘇芳年となります。

 

1839年に(諸説ありますが)江戸の新橋に生まれます。

 

その後養子として月岡家に入ることで月岡姓となります。

 

1850年、12歳にして「歌川国芳」の門下生になります。

 

その頃「歌川国芳」は向島に居を構え、多くの門下生をとるようになっています。

 

同門には「河鍋暁斎」や「歌川芳藤」「落合芳幾」などがいました。そこで「武者絵」「役者絵」を学びます。

 

また「国芳」は猫を用いた作品も数多くあり、猫好きからも高い評価をうけていますが、「芳年」の作品もまた多くの猫が登場しています。これも国芳の影響かと思われます。

 

15歳のときには「画本実後教童子教余師」を挿絵として描きます。このときは「吉岡芳年」を名乗ります。

 

同年初の錦絵「文治元年平家一門海中落入図」を「一魁斎芳年」の号を使っています。

 

1867年には「芳年」代表作「英名二十八衆句」を「落合芳幾」との合作として発表します。これは歌舞伎の残虐シーンから着想され顔の皮膚を包丁で剥いでいるものや天井から吊るした人間を刀で刺し殺しているものなどとても狂気なものです。これらの作品は「無惨絵・無残絵」と呼ばれ芳年は「血みどろ絵師」と評されます。

 

芳年はその後神経衰弱に陥ってしまうが、奮起し蘇りの意味した「大蘇芳年」を号とします。この頃は西洋画も研究し画法が変わっていきます。

 

それ以後は錦絵や新聞の挿絵を多く描くこととなり「郵便報知新聞」にも参加します。これは3年ほどの期間発行された「錦絵新聞」です。

 

1885年には縦二枚続きの代表作「安達ヶ原一つ家の図」などにより、当時の浮世絵の番付において筆頭に選ばれました。

 

「安達ヶ原一つ家の図」は二本松安達市の鬼婆伝説をモデルに描かれた無残絵です。

 

1891年には「新形三十六怪撰」などを手がけるが再び神経衰弱に陥っていきます。

 

1892年、脳充血のため54歳にして没します。

 

芳年の絵は多くの作家「谷崎潤一郎」「江戸川乱歩」「芥川龍之介」「三島由起夫」などに影響を与えたことで知られています。

 

 

浮世絵師~川瀬巴水について

川瀬巴水とは

川瀬巴水は大正から昭和の時代に活躍した浮世絵師、版画家です。

 

川瀬巴水は新版画というジャンルを確立した版画家で風景画を得意としていました。国内よりも先に海外で人気になり、最近ではスティーブン・ジョブスも収集していたことで話題になっています。

 

1883年、「川瀬巴水」本名「川瀬文治郎」は東京都芝(現・港区)の組紐職人の家に生まれます。

 

一度は画家になることをこころざし日本画家「青柳墨川」の門下に入るも、実家の家業を継ぐべく家に戻ります。

 

しかし、27歳にして再び画家になるべく家をでていき、日本画家の「鏑木清方」の門を叩きますが、入門を認められず「洋画」を勧められます。

 

そこで白馬会葵橋洋画研究所に入所しますが、洋画にはうまくなじめずに、再び鏑木清方」を訪ね入門を許可されます。

 

修行の後「巴水」の画号が与えられ「川瀬巴水」として活動をしていきます。

 

当初は美人画などを描いていましたが、同門の「伊藤深水」の影響を受け版画の道へと進んでいきます。

 

「伊藤深水」は美人画が多く評されていますが「川瀬巴水」が影響を受けたのは「近江百景」という風景版画でした。これは現在「滋賀県立美術館」に収蔵されています。

 

その後「歌川広重」や「小林清親」の作品を研究し、「川瀬巴水」は風景版画家として作品を多く残す様になっていきます。

 

「川瀬巴水」や「橋口五葉」らのこの時代の版画を新版画と呼び、日本の分業的な作品作りに「ヘレン・ハイド」や「エミール・オルリック」などが興味をもち来日します。

 

それにより「ジャポニズム」と評されるこれらの画法や作風は日本人のみならず洋画家や外国人作家なども参画していくこととなります。

 

「川瀬巴水」の作品は洋画の技法も用いまたその構図、配色はアニメーションを感じさせる作品で国外でも評価を受け「葛飾北斎」「歌川広重」などと並び評されています。

 

「川瀬巴水」は多くの風景画を手がけています。代表作は「東京十二題」「日本風景選集」「東京二十景」などがあります。

 

中でも「増上寺の雪」は「川瀬巴水」の代表作品として広く知られ、1952年には「無形文化財」として認定されました。

 

関東大震災や大戦中も作品を作り続けた「川瀬巴水」ですが一九五七年74歳で胃がんのため没します。

 

現在でも海外で作品展が開催されるなどの人気作家で、多くの著名人も作品を収集していると言われています。

 

 

古銭の話し~会津銀判について

会津銀判とは

 

会津銀判とは慶応末年頃会津藩内で少量が造られた地方貨幣・領国貨幣と言われています。

 

地方貨幣(領国貨幣)とは各藩内での領内通用目的の為に造られた金貨・銀貨であります。

 

例として、1784年・天明の大飢饉の際に仙台藩の仙臺通寳、1856年・日米和親条約の際に蝦夷松前地区限りの通用として箱館通寳、1862年・薩摩藩の琉球援助のための琉球通寳が造られた。他には盛岡藩の盛岡銀判・久保田藩の秋田銀判などがあります。

 

各藩の鋳造は、表向きは判内通用の目的として幕府に申請し造幣を許可されていましたが、実際はそれを隠蓑として幕府発行の通貨である天保・天明通寳密造を行っていたと言われています。

 

東北地方での地方貨幣が多いのは幕末の頃、東北地方は冷害など飢饉にあえいでいたが鉱山は多く、金属資源が豊富だった為各藩が財政立て直しのため、密造も含め鋳造したためだと言われています。

 

会津銀判はそれら領内通用目的や密造の隠蓑ではなく、当時の会津藩主である「松平容保」が18621864年まで京都の守護職を勤めていたため公武合体や鋳銭宣下の記念として祝鋳し藩内に少量が出回ったとも言われています。

 

また別の説では慶応末年の頃、軍用金のためわずかな量が作られたともいわれています。

 

これらの説以外にも會津銀判は流通量が少量のため多くの研究家が調査をおこなっていますが戊辰戦争などにより歴史にまつわる書物は戦火に焼かれてしまっているため正確な歴史をひも解くにはいたっておりません。

 

また会津若松の古銭蒐集家である福西氏が作った福西判というとても精巧につくられた復元板もありその判別もまた困難であるとされています。

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA