お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

生野祥雲斎【人間国宝/竹芸】

生野祥雲斎(しょうのしょううんさい)

 

竹工芸家の生野祥雲斎は

 

1904年、大分県に生まれました。

 

石城尋常高等小学校を卒業した後

 

19歳の時に佐藤竹邑斎に師事して

 

竹工芸を学んでいます。

 

2年後には独立し、夢雀斎楽雲と称しましたが

 

後に京都妙心寺管長の神月徹宗に

 

生野祥雲斎と名付けてもらいました。

 

その後34歳からは8年間

 

大分県の工業試験場で商工技手として勤務しています。

 

その間にも自身の作品の制作は続け

 

1940年に文展で初入選を果たしました。

 

1943年には同展で「銘心華賦」が特選を受賞します。

 

また52歳で日展に出品した作品は日展北斗賞を受賞し

 

翌年には作品「炎」が

 

日展特選・北斗賞を受賞しました。

 

これらの功績が認められ、

 

1977年、73.歳で竹工芸では初めての

 

重要無形文化財保持者に認定されています。

 

 

 

生野祥雲斎の作品の特徴と技法

 

生野祥雲斎は、初期の作品では精密で技巧的な

 

職人気質を感じられるものを

 

主に制作していましたが

 

展覧会に出品を始めた頃から

 

個性的で芸術性を兼ね備えた

 

造形表現に秀でた作品を

 

発表するようになりました。

 

後年になると、曲線を意識した造形美に加えて

 

使い心地も重視した作品を制作します。

 

芸術性と機能性を両立させ

 

より完成度の高い作品を目指しました。

 

主に、透編組物や筒物などが得意で

 

竹の持つしなやかなさ、強靭さ、清楚感を

 

上手く使いこなした作品が特徴的です。

 

 

 

生野祥雲斎の評価される所以

 

生野祥雲斎の作品は

 

その極めて高い技術が評価されています。

 

特に「したたれ編仿古花籠」という作品は

 

胴の部分はしたたれ編み、肩から首にかけては

 

数種類の伝統的な編組法が駆使されており

 

生野祥雲斎の緻密な編組技術が

 

凝縮されているものと言えます。

 

この作品をはじめとして、独自の創作力で竹工芸を

 

このような高い芸術性ある域にまで引き上げた

 

生野祥雲斎の功績は、高く評価されました。

 

そして、初めて竹工芸で人間国宝に認定された生野は

 

全国の竹細工職人の先駆けとなったと共に

 

日本の竹文化における

 

道標的な存在であると言えるでしょう。

 

 

 

秋山信子【人間国宝/衣装人形】

秋山信子(あきやまのぶこ)

 

秋山信子は1928年に大阪市に生まれました。

 

27歳から人形作家の大林蘇乃に師事し

 

その技術を学んでいます。

 

秋山はその4年後、日本伝統工芸展で出品した

 

「望郷」が早くも初入選を果たしたのを皮切りに

 

そこから同展で受賞を繰り返して行くと共に

 

全日本女流人形展での受賞や、

 

個展の開催などに成功して行きました。

 

そのほか、日本伝統工芸展に出品した作品が

 

50歳の時から2年連続で文化庁の所蔵となり

 

1981年には韓国の芸術家との共同展を

 

韓国で開催するなど、海外でも活躍しています。

 

65歳の時には皇太子殿下への献上品「迦陸贅」の

 

人形の制作なども行い、3年後の1996

 

「衣装人形」の分野で人間国宝に認定されました。

 

 

 

秋山信子の作品の特徴と技法

 

桐塑(とうそ)人形とは、桐塑という桐の木の粉を

 

糊に混ぜて粘土状にしたものを、

 

桐の木の芯に付けて成形していきます。

 

乾燥するまでは、柔らかく自由に形を変えたり

 

整えたりできます。

 

その後によく乾燥させて硬化させます。

 

また、和紙貼、木目込みなどの技法で

 

人形全体を仕上げていきます。

 

秋山信子の作品の特徴は、愛らしさの中にも

 

内面的な芯の強さが表現されている点です。

 

作品のモチーフには

 

沖縄八重山の風俗、芸能をはじめとして

 

各地の祭礼行事の1コマが取り入れられており

 

情緒豊かな独自の世界観を演出しています。

 

 

 

秋山信子の評価される所以

 

秋山信子は、沖縄やアイヌを題材とするだけでなく

 

アジアやシルクロードなど

 

その主題は海外のものにまで及んでいます。

 

様々な国の風俗や文化にも着目し

 

表情豊かな人形制作を通して

 

様々な人々の日常生活を紹介しています。

 

 

 

秋山逸生【人間国宝/木象嵌】

秋山逸生(あきやまいっせい)

 

木工芸家の秋山逸生は

 

1901年に東京都に生まれました。

 

10代の頃から芝山象嵌師の島田逸山に師事し

 

芝山象嵌技術を習得します。

 

また、兄である秋山聴古から木画技法、

 

彫金師の桂光春にも学び、21歳の時に

 

島田と一緒に千葉県市川市に移住しました。

 

1949年に千葉県美術展覧会に出品した

 

「透輪文象嵌箱」が千葉県教育賞を受賞すると

 

その後も受賞を重ね、69歳の時には

 

千葉県指定無形文化財保持者に認定されています。

 

そして1987年、86歳の時に木象嵌の分野で

 

重要無形文化財保持者に認定されました。

 

また、同年、紺綬褒章を受章しています。

 

 

 

秋山逸生の作品の特徴と技法

 

秋山逸生の作品には、

 

芝山象嵌技術が多用されています。

 

江戸時代の後期に

 

上総国芝山村(現千葉県山武郡芝山町)出身の

 

大野専蔵により考案されました。

 

芝山細工は漆工芸の一つで象牙や紫檀の素地に

 

牙や角、サンゴ、鼈甲、翡翠、螺鈿などを装飾し

 

文様を作り出す技法です。

 

象嵌とは象り(かたどり)、嵌める(はめる)の意味で

 

木工芸の技法の一つです。

 

その技法は正倉院の宝物などにも多く使われています。

 

秋山逸生の作品の特徴は、紫檀、黒檀、欅などの

 

木地に象嵌装飾を施す技法を用いる作品で、

 

とても繊細で華やかな作風を得意としています。

 

 

 

秋山逸生の評価される所以

 

秋山逸生は、木象嵌の分野では初めての

 

人間国宝の認定者になりました。

 

奈良時代の木画の技法を用い、貝や象牙、

 

さらに金、銀、赤銅などを用いたその作品は

 

近世の精緻な木象嵌技法に古典的な木画の技法を加え

 

その技法を高め確立させたものです。

 

さらに、金などの金属を用いた木象嵌なども創案し

 

独創的な世界観を創りだしました。

 

今日、芝山象嵌の技法を伝承する者は極めて少なく

 

秋山逸生の作品は伝統の美と独自の技術を兼ね備えた

 

貴重なものと言えます。

 

 

 

室瀬和美【人間国宝/蒔絵】

室瀬和美(むろせかずみ)

 

漆芸家の室瀬和美は、1950年東京都で生まれました。

 

父は同じく漆芸家の室瀬春二です。

 

1970年に東京芸術大学美術学部工芸科に入学し

 

在学中に安宅賞を受賞すると、

 

その2年後の1975年には第22回日本伝統工芸展に

 

「冬華文蒔絵飾箱」を出品し初入選を果たしました。

 

34歳の時に池袋西武百貨店本店での

 

1回個展開催に成功すると、翌年には

 

32回日本伝統工芸展で蒔絵飾箱「麦穂」が

 

奨励賞を受賞しています。

 

その後、第2回の個展の開催にも成功し

 

1991年に目白漆芸文化財研究所を開設しました。

 

また、46歳からは

 

三嶋大社蔵国宝「梅蒔絵手箱」を模造制作しています。

 

それからも個展の開催や作品の制作、

 

数々の展覧会での受賞を重ね、

 

2008年、58歳の時に、蒔絵の分野で

 

人間国宝に認定されました。

 

同年に紫綬褒章も受章します。

 

ちなみに、「漆の文化」(角川選書)、

 

「室瀬和美作品集」(新潮社図書編集室)

 

などの著書もあります。

 

 

 

室瀬和美の作品の特徴と技法

 

室瀬和美が得意とする技法は

 

「研出蒔絵」という技法です。

 

漆地の表面に漆で文様を描いて

 

金粉や色乾漆粉を蒔き付けます。

 

漆が固まったらその上からまた漆を塗り

 

硬化させて研ぎ、そして磨いていきます。

 

ここで最初に描いた文様や金粉などを

 

微妙な加減で浮き上がらせていくのです。

 

幾層にも漆で塗り固められた文様や金粉を、

 

研ぎと磨きで立体的な図柄に仕上げていく技法です。

 

 

 

室瀬和美の評価される所以

 

昔の作品は平面的な蒔絵が多かったのですが

 

室瀬和美の蒔絵は特に立体的に描かれています。

 

金粉をたくさん使った金色の部分と

 

沈んだ漆の飴色を上手く利用して

 

濃淡を付けて立体的に描いていくためです。

 

このような伝統的な技法を応用して濃淡を出す反面

 

現代的な感覚で図柄を描いく技術は

 

高く評価されています。

 

また、室瀬和美は漆芸文化財の修復も行っています。

 

金刀比羅天井画の復元や琉球古楽器復元など

 

絶えていた技法の復活にも貢献しました。

 

 

 

鹿児島寿蔵【人間国宝/紙塑人形】

鹿児島寿蔵(かごしまじゅぞう)

 

人形作家、そしてアララギ派の歌人であった

 

鹿児島寿蔵は、1898年に福岡市で生まれました。

 

15歳で小学校を卒業後、

 

教育関係の材料を取り扱う製作所に就き

 

博多人形に彩色を施す仕事をしていました。

 

その当時、同僚であった有岡米次郎の独立に伴い

 

彼を師事して本格的な人形制作に

 

力を注いでいきました。

 

1917年に福岡市内に窯を構えると

 

テラコッタ風の手稔り人形などを制作し、

 

22歳の時には個展を開きました。

 

この制作活動中にも、岡田三郎助からデッサンを学び

 

技術向上も休みなく続けていたと言われています。

 

同年、上京すると1930年に人形美術団体「甲戊会」を

 

掘柳女、野口光彦らと共に結成しました。

 

この頃から、紙塑の研究に没頭し

 

「紙塑人形」の技法を創案しました。

 

その後35歳の時には日本紙塑芸術研究所を開設し

 

1936年の第1回帝展に「黄葉」を出品、

 

1938年に「桐塑」を創案しています。

 

また歌人での活動は、「アララギ」で

 

土屋文明、島木赤彦らを師事。

 

1928年から「歌壇風聞記」を「アララギ」に

 

10年ほど連載し、1945年に潮汐会を結成

 

「潮汐」を機関誌として発行しました。

 

やがて1961年、63歳の時に

 

重要無形文化財保持者「紙塑人形」(人間国宝)に

 

認定されます。

 

また、69歳の時には文化財保護審議会専門委員を務め

 

同年、紫綬褒章を受章しました。

 

 

 

【鹿児島寿蔵の作品の特徴と技法】

 

鹿児島寿蔵の得意とする紙塑の技法は

 

和紙を原料に楮、三椏などの繊維を煮て溶かし、

 

糊、桐粉、胡粉などを加えていくものです。

 

長時間かけてつき混ぜて粘土状にします。

 

この粘土状のものを肉付けすることで

 

人形に成形していきます。

 

もともと紙塑人形は鹿児島寿蔵が考案した技法で

 

その和紙の持つ柔らかさ、温かさや、

 

衝撃や湿度などにも耐えうる

 

堅牢さなどの利点を持っています。

 

 

 

【鹿児島寿蔵の評価される所以】

 

鹿児島寿蔵は楮やパルプなどを素材にして

 

自身で染めた和紙を用いて塗り重ねる

 

「紙塑人形」の技法を確立させました。

 

また、アララギ派の詩人としても活動しており

 

詩人と人形作家の創造性が深く関わり合った

 

独自の感性で、幻想的な作風を築いています。

 

 

 

市橋とし子【人間国宝/桐塑人形】

市橋とし子(いちはしとしこ)

 

人形作家の市橋とし子は

 

1907年に東京都で生まれました。

 

やがて18歳で東京女子高等師範学校

 

保育実習科を卒業し、横浜へ移住します。

 

その際に近隣に飾ってあった

 

人形作家の今村繁子の人形に感銘を受け

 

今村の弟子となり、人形制作を学び始めました。

 

その後1949年に、第1回現代人形展に出品した

 

「午下がり」が特選第一席を受賞。

 

桐塑(とうそ)技法を用いて日常生活に即した人物の姿を

 

愛情溢れる清廉な作風で表現しました。

 

1954年には、全日本女流美術展に出品、

 

この頃の作品には人肌感をより出すために

 

仕上げに紙はりの手法を

 

用いるようになったといいます。

 

その後も多くの美術展に出品を続け

 

日本工芸会人形部長、理事なども務めています。

 

さらに、50歳を過ぎても

 

工芸家としての探究心を絶やさず、

 

1965年には彫刻家金子篤司に師事し

 

木彫りや彫刻デッサンの技術を学びながら

 

人形制作の糧としました。

 

これらの功績を認められ、78歳の時には

 

勲四等瑞宝章を受章します。

 

そして1989年、82歳の時に桐塑人形の分野で

 

人間国宝に認定されました。

 

 

 

市橋とし子の作品の特徴と技法

 

桐塑は、桐のおがくずで団子をこねるような要領で

 

煮えた糊を桐粉の中でこねていき

 

糊粉仕上げ、和紙貼り、布貼りなどの仕上げで

 

出来上がっていきます。

 

もともと江戸時代の雛人形などの制作の際に

 

衣装人形の頭部や手足などを大量に作る

 

型抜きのために使われていた技法です。

 

市橋とし子は、この桐塑の技法を用いて

 

衣装人形など多くの人形を制作しましたが

 

木彫り人形なども手掛けるなど

 

その創作力の多彩さが特徴でもあります。

 

作品の主題には、日常生活の中にある、幼児や少女、

 

老人などの自然な表情をとりあげており

 

繊細で詩情豊かな風貌をいきいきと表現した

 

その作品は、的確な構成力と、

 

彫刻デッサンを用いたしっかりとした造形力で

 

形成されています。

 

 

 

市橋とし子の評価される所以

 

人形作家市橋とし子は、女性の目線と感覚で

 

生活の中の自然な風景を

 

しっかりと地に足をつけた姿勢で見据え

 

人形制作を行いました。

 

その作品には人間を愛し

 

向き合う姿が表現されています。

 

それこそが人形制作を芸術の域にまで高めた

 

市橋とし子の評価される所以と言えるでしょう。

 

 

 

田口善国【人間国宝/蒔絵】

田口善国(たぐちよしくに)

 

漆芸家の田口善国は、1923年に

 

東京都で生まれました。

 

元々生家は医者でしたが、幼い頃から

 

尾形光琳の作品に惹かれ、田口は16歳の時に

 

父の知り合いであった漆芸家の松田権六に

 

弟子入りしています。

 

また、奥村土牛には日本画

 

吉野富雄には古美術を学んでいます。

 

その後1946年の第2回日展に

 

「風呂先屏風みのりの朝」で初入選を果たしてからは

 

同展で多くの賞を受賞して行きました。

 

この間、27歳からの2年間は

 

東京芸術大学研究生として、紋様学者であった

 

小場恒吉に日本文様を学び

 

図案研究に没頭しています。

 

以降も自身の作品制作を行いながら

 

日光東照宮拝殿蒔絵扉や、

 

大倉集古館所蔵の蒔絵「夾紵大鑑」の

 

復元修理にも携わりました。

 

これらの功績が評価され、1989年、66歳の時に

 

「蒔絵」の分野で重要無形文化財保持者に

 

認定されています。

 

 

 

田口善国の作品の特徴と技法

 

田口善国の作品には

 

漆芸家の松田権六に師事したことが

 

大きく影響を及ぼしています。

 

漆芸をしっかりと習得できたことと

 

東京芸術大学研究生の頃に小場恒吉から

 

日本の文様を学びその図案を考案していたことが

 

作品から感じられます。

 

元々は、尾形光琳の漆作品に惹かれ

 

漆芸家の道に進みましたが、奥村土牛から日本画、

 

吉野富雄からは古美術を学んだことで

 

日本美術の造詣についての理解には

 

とても深いものがあり、それらが田口善国の作風に

 

影響を与えています。

 

作品のモチーフには自然や動物、植物などが選ばれ

 

作品には日本の情緒や気品が表現されています。

 

 

 

田口善国の評価される所以

 

田口善国の作品に対する評価は

 

伝統的な漆芸を高度に再現した「蒔絵」、

 

「螺鈿」などの技術に裏打ちされています。

 

加えて、自身が高めた「研切蒔絵技法」も

 

評価の一部となっています。

 

「研切蒔絵技法」とは研出蒔絵の一種で

 

金錫粉地に木炭粉や銀粉を用いて墨絵のように

 

濃淡を浮き上がらす技法です。

 

これは元々は、室町時代に宋元の水墨画を

 

蒔絵に再現しようとしたもので

 

それらの技術が融合して田口善国の作品は

 

評価されていると言えるでしょう。

 

 

 

北村昭斎【人間国宝/螺鈿】

北村昭斎(きたむらしょうさい)

 

漆芸家北村昭斎は、1938年に奈良県に生まれました。

 

父の北村大通に師事し、漆芸や漆工品の

 

保存修理の技術を学びます。

 

そして文化財の修理や復元に携わりながら

 

漆芸家としての活動も積極的に行いました。

 

北村は22歳のときに東京芸術大学美術学部

 

工芸科漆芸専攻を卒業すると、1980年に

 

27回日本工芸展で東京都知事賞を受賞します。

 

その後1981年からは高島屋大阪店で

 

継続的に個展を開催しました。

 

 

また56歳の時には選定保存技術保持者に

 

認定されたことで、漆工品修理に携わるようになり

 

同時に自身の制作活動を進め

 

日本伝統工芸展で文部大臣賞や

 

朝日新聞社賞など数々の賞を受賞しています。

 

これらの功績が評価され、1998年に紫綬褒章を受賞。

 

また1999年、61歳の時には「螺鈿」の分野で

 

重要無形文化財保持者に認定されました。

 

 

 

北村昭斎の作品の特徴と技法

 

北村昭斎の得意とする「螺鈿」という技法は

 

美しい輝きを放つ夜光貝を削り取り

 

板状に加工して木や鼈甲に装飾していくものです。

 

これには非常に精緻な技術を必要とされ、

 

糸鋸などを使用して加工します。

 

北村は特に「厚貝螺鈿技法」という技法おいて

 

高い技術を会得しており、伝統技法も踏まえながら

 

独自の工夫を加えた作風を確立しています。

 

作品は菱文や花文を併用した大胆な意匠が特色であり

 

「厚貝螺鈿技法」を用いた現代的美の表現は

 

高く評価されています。

 

 

 

北村昭斎の評価される所以

 

北村昭斎はその「螺鈿」技術を使って

 

正倉院宝物漆工品「伎楽面」や

 

国宝「出雲大社秋野鹿蒔絵手箱」などの保存修理、

 

復元模造などの文化財の保護にも力を入れてきました。

 

文化財の修理や模造は

 

それぞれの時代に使われていた材料や

 

蒔絵、螺鈿などの装飾技法を熟知していなければ

 

出来ない作業であり

 

北村昭斎のその高度な技術と知識は

 

高く評価されています。

 

 

 

中野孝一【人間国宝/蒔絵】

中野孝一(なかのこういち)

 

漆芸家中野孝一は、1947年に石川県で生まれました。

 

20歳で東京デザイン研究所商業デザイン学科を卒業し

 

その2年後、大場松魚に師事しています。

 

その後1971年には

 

第18回日本伝統工芸展に初出品した作品が

 

日本工芸会会長賞を受賞したのをきっかけに

 

数々の賞を受賞して行きました。

 

また、42歳の時には

 

石川県立輪島漆芸技術研修所の講師、

 

50歳の時には石川県挽物轆轤技術研修所

 

非常勤講師に就任しています。

 

これらの鉱石が評価され、2005年に紫綬褒章を受賞し

 

2010年、63歳の時に「蒔絵」の分野で

 

重要無形文化財保持者に認定されました。

 

 

 

中野孝一の作品の特徴と技法

 

中野孝一が得意とする「蒔絵」は

 

漆芸の装飾技法の一つですが

 

これは漆で描いた下絵に

 

金粉や銀粉などを蒔き付けていき

 

文様を描いていくものです。

 

描いた模様には貝を使って絵柄を描く「螺鈿」や

 

金属板を使用する平文(ひょうもん)、

 

卵の殻を使う「卵殻」など様々な技法を

 

駆使して装飾をし、絵柄を表現します。

 

その中でも中野孝一は、特に

 

「高蒔絵」を用いることが特徴的で、

 

変り塗を独自に応用した蒔絵や

 

研出蒔絵、平文、螺鈿、卵殻などを駆使した

 

多彩な表現を得意としています。

 

蒔絵のモチーフには、栗鼠(りす)や兎などの

 

可憐な小動物を用いることが多く

 

躍動感のある生き生きとした小動物を

 

軽妙に表現しています。

 

 

 

中野孝一の評価される所以

 

中野孝一は木地作りから下地作り

 

蒔絵までの工程を一貫して自身で行っており、

 

その漆芸の風合いを大切にしています。

 

特に、漆がもつその美しく柔らかな黒を

 

引き立たせる為に巻絵には金粉を用いています。

 

また、漆を盛り上げて塗り込み立体的な蒔絵を施す

 

「高蒔絵」の技術は、その作品の気品を

 

一層際立たせます。

 

これは高い評価を受けており

 

中野はその高度な漆芸の技術を

 

日本のみならず海外にも広く紹介しています。

 

 

 

大西勲【人間国宝/髹漆】

大西勲(おおにしいさお)

 

漆芸家の大西勲は、1944年に福岡県で生まれました。

 

中学卒業後は大工や自動車整備工、電気工など

 

様々な職に就きましたが、25歳の時に

 

鎌倉彫刻師の木内晴岳に師事します。

 

また1974年には赤地友哉の弟子になり、

 

曲輪造(まげわづくり)など

 

髹漆、漆塗などの技法を学びました。

 

その後は石川県立輪島漆芸技術研究所で

 

長年後進の育成にも尽力するなど

 

漆芸の伝承に力を注ぎました。

 

2000年には日本伝統工芸展に出品した

 

「曲輪造黒溜盛器」が日本工芸会総裁賞を受賞し、

 

2014年、77歳の時に「髹漆」の分野で

 

重要無形文化財保持者に認定されています。

 

 

 

大西勲の作品の特徴と技法

 

漆芸には蒔絵や螺鈿のような

 

煌びやかで華やかな加飾の技法がありますが

 

大西勲が得意とするのは漆を塗る「髹漆」という

 

装飾を極力排した技法です。

 

特に表面を磨かずに仕上げていく「塗立」には

 

こだわりを持って取り組んでいます。

 

通常は漆を塗って乾燥させてから

 

磨きをかけて艶を出していきますが、

 

大西勲が用いる「塗立」は磨かずに仕上げます。

 

これはとても高度な技や目利きが必要になる技法です。

 

また、素地には薄い檜板を曲げた板を何枚も重ねていく

 

「曲輪造」という素地を使用します。

 

この作業には硬い材質である木を

 

複雑に組み合わせる高度な技術と、

 

木の性質を生かす目利きが必要になり

 

大西勲が用いる漆芸はどちらも

 

とても手間と時間が掛かる貴重な技法と言えます。

 

 

大西は漆にも強いこだわりを持って選定しています。

 

茨城県で採れた漆を使用しており

 

これは「裏目漆」と呼ばれる漆の木から

 

最後に採れる漆で、上塗りにも使用できるほどの

 

強く上質な漆です。

 

強い漆はその性質上、研ぐ作業が大変で

 

とても手間暇がかかりますが

 

仕上がりは美しく耐久性があります。

 

 

 

大西勲の評価される所以

 

大西勲の漆芸の真骨頂はやはり

 

「曲輪造」に凝縮されていると言えるでしょう。

 

太さの異なる檜の輪を幾重にも組み合わせる素地造り

 

生漆の精製から塗りへの全ての工程を

 

自身で行う制作姿勢は

 

漆芸への強いこだわりの表れです。

 

特に、素地を造りあげる「曲輪造」の技術は

 

その中でも高い評価を受けています。

 

また、石川県立輪島漆芸技術研究所で

 

長年後進の指導にあたり、その類い稀な

 

技法の伝授にも尽力するなど

 

漆芸の発展にも寄与しています。

 

 

 

1 / 1412345...10...最後 »
ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定