お役立ち情報
骨董品
2019/04/19

長野垤志(初代)【人間国宝/茶の湯窯】

長野垤志(ながのてつし)

 

昭和を代表する釜師の長野垤志は

 

1900年に愛知県名古屋市で生まれました。

 

当初は、洋画家を目指して上京し

 

早稲田大学付属早稲田工手学校や

 

本郷洋画研究所で学びますが、

 

関東大震災の際に研究所が消失してしまいます。

 

その後は鋳金に転じ、鋳金家の山本安曇に学び

 

後に香取秀真の「七日会」に入り

 

古美術研究、作品の指導を受けました。

 

また、31歳の頃には釜師の伊藤一正から

 

茶の湯釜の製作指導を受けています。

 

その作品は、1927年の帝展で

 

「飛躍」(銀製小箱)が初入選を果たすと

 

第11回から第13回まで連続入選し、

 

1933年には同展に出品した「青銅方盤」が

 

特選を受賞しています。

 

また、その後に日展で審査員、日本工芸会でも

 

審査員、理事などを務めました。

 

1959年には第6回日本伝統工芸展で

 

「松林の園肩衝釜」が日本放送協会会長賞を

 

受賞しています。

 

そして、1963年、63歳の時に

 

重要無形文化財「茶の湯釜」保持者に認定され、

 

67年には紫綬褒章を受章しました。

 

代表作には「砂鉄(暁山)釜」、「腰筋姥口釜」、

 

「肩筋釜」、「太藺文筒釜」、「松林の園肩衝釜」

 

などがあり、著作には『天命の釜』、

 

『あしやの釜』などがあります。

 

 

 

長野垤志(初代)の作品の特徴と技法

 

長野垤志の得意とした作品は

 

古来使われていた鋳造法で制作した

 

「和銑釜(わずくかま)」です。

 

その高い芸術性と格調ある茶釜を創出しました。

 

また釜の他にも鋳造作品として

 

銀や銅を用いた花瓶、置物なども制作しています。

 

釜に対する学問的な造詣にも深く、

 

あしや釜や天明釜などの古釜を調査・研究し

 

『茶の湯釜全集』という著書も出版しました。

 

長野垤志の活動は、

 

日本の茶の湯文化を広めることにも

 

大きく寄与しています。

 

それまでは古釜はあまり鑑賞用として

 

作られていませんでしたが、

 

美術品の域にまで高めた功績は大きいと言えます。

 

また、善光寺、輪王寺、薬師寺、建長寺など

 

梵鐘の制作も多く手掛けました。

 

 

 

長野垤志(初代)の評価される所以

 

長野垤志は、製造が難しいとされていた

 

砂鉄による「和銑釜(わずくかま)」の復元を成功し

 

大きな功績を残しました。

 

古来の釜の技法や様式を体系的に研究し

 

現代に甦らせた釜師の第一人者と言えます。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定