お役立ち情報
骨董品
2019/07/11

玉楮象谷【工芸作家/漆芸】

玉楮象谷(たまかじぞうこく)

 

玉楮象谷(本名:藤川為造)は1805年、

 

香川県(当時は讃岐国)高松にて鞘塗師(さやぬりし)の

 

藤川理左衛門の孫として生まれました。

 

また儒学者の篠崎小竹や

 

文人書画として名を馳せた貫名海屋、

 

京都の焼物師の永樂善五郎をルーツに持つ

 

篠崎小竹と交流を持った事でも知られています。

 

玉楮象谷は代々鞘塗師を営んでいる家系で

 

父の藤川敬三から漆塗りと彫刻の技法を学びました。

 

やがて高松藩主である松平頼恕の下で

 

作品を作り続ける事となり、

 

玉楮の姓を与えられます。

 

そして存清(ぞんせい)や蒟醤(きんま)と言った

 

技法の研究から、象谷塗の技法を編み出しました。

 

それが他の将軍などへの献上物として

 

認められる形になり、

 

また香川漆芸の原型にも繋ります。

 

35歳と言う若さで亡くなりますが

 

玉楮象谷は象谷塗を生み出した後、

 

朱漆を幾度となく塗り重ねる堆朱、もしくは堆黒でも

 

作品を作りました。

 

 

代表作は『蒟醤竜文料紙箱並硯箱』や

 

『蒟醤料紙硯箱』などがあります。

 

 

 

技法の数々

 

■存清

 

沈金を使って文様を作った後、彩漆を塗ったり

 

もしくは研出も行います。

 

中国の明代に作られた技法で、日本でのこの呼び方は

 

茶人によるものとされています。

 

玉楮象谷の場合は剣を使って

 

線彫りで細かい彫刻を行い、

 

そこに金粉や金箔を入れたりします。

 

これを「鎗金細鉤描漆法」

 

(そうきんさいこうびょうしつほう)と言います。

 

また炭で研ぎ出す方法も挟む事があり

 

それは「鎗金細鉤填漆法」

 

(そうきんさいこうてんしつほう)と言われています。

 

■蒟醤

 

タイやミャンマーなどで元々行われている

 

竹で作った器の上から文様を作り

 

そこに色漆を入れてから乾いた後、

 

研ぎ出していく技法です。

 

■象谷塗

 

研磨した木材の素地に

 

下塗りと上塗りの中間である中塗りも行った後、

 

長さ1メートルほどのイネ科の大形多年草である

 

真菰(まこも)の粉を撒く技法を指します。

 

使っていく内に艷やかさが出ることで

 

侘び寂びの雰囲気も出てきます。

 

なお真菰の粉を撒いてからもさらに漆を塗るために

 

磨きの作業も発生します。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定