お役立ち情報
骨董品
2019/02/14

濤川惣助【帝室技芸員/七宝】

濤川惣助(なみかわそうすけ)

 

濤川惣助は、1847年に下総国(千葉県)で

 

農家の子として生まれました。

 

その後、陶磁器の貿易商となり

 

1877年の第1回内国勧業博覧会で

 

七宝を観て感銘を受け、七宝家の道に進みました。

 

同年に東京亀戸にあった七宝工場を買収して、

 

1879年に新しい技法である

 

「無線七宝」を編み出しています。

 

やがて30代のときには第2回内国勧業博覧会において

 

名誉金牌を受賞し、審査員も務めるまでとなりました。

 

その後もアムステルダム万国博覧会や、

 

ロンドン万国博覧会では金牌を受賞、

 

42歳のときにパリ万国博覧会に出品した作品は

 

大賞を受賞しています。

 

そして、1890年に第3回内国勧業博覧会に

 

「七宝貼込屏風」が妙技二等賞を受賞し、

 

1896年、49歳のときに

 

帝室技芸員に任命されています。

 

その後1900年の第5回パリ万国博覧会では

 

水墨画調の「七宝製墨画月夜森林図額」と

 

色彩豊かな「岩上孔雀図額」にて

 

大賞を受賞しました。

 

 

 

濤川惣助の作品の特徴と技法

 

濤川惣助の作品の特徴は、自身で開発した

 

「無線七宝」の技法を用いる点にあります。

 

従来の「有線七宝」では釉薬を挿す際、

 

色の間仕切りを兼ねて金線や銀線を用いて

 

図柄の輪郭線を描いていましたが、

 

「無線七宝」では、釉薬を焼き付ける前に植線を外し

 

図柄の輪郭線を無くして

 

絶妙な色彩のグラデーションを作り出しています。

 

それは写実的でありながら

 

柔らかな立体感を醸し出す表現を

 

生み出しています。

 

また、一つの作品において

 

「有線七宝」、「無線七宝」を織り交ぜる事によって

 

水面に映る影や遠近感を出す事が

 

出来るようになりました。

 

濤川惣助の作品は乳白色や淡い色彩地を生かして、

 

日本画風な図柄に仕上げているものが多いのも

 

特徴のひとつです。

 

 

 

濤川惣助の評価される所以

 

濤川惣助が評価される点は、やはり

 

「無線七宝」の技法を編み出したことでしょう。

 

尾張七宝でよく見受けられる、

 

「有線七宝」とは異なる趣を新しく作り出しました。

 

その作品は、一見すると七宝焼とは思えない程の

 

美しく絵画的な表現で図柄が表現されています。

 

また、七宝の部門で帝室技芸員として選ばれたのは

 

濤川惣助と並河靖之の2人だけであり、

 

彼らは「東京の濤川、京都の並河」と称せられ、

 

国内外の美術愛好家に人気がありました。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定