お役立ち情報
骨董品
2019/07/18

新村撰吉【工芸作家・漆芸】

新村選吉(しんむらせんきち)

 

新村撰吉 (号: 長閑子)は、1907年8月に

 

石川県金沢市で生まれます。

 

東京美術学校に入学し、蒔絵で人間国宝となった

 

松田権六から学びました。

 

また同校の卒業と同年に

 

福島県立会津工業学校の教諭を務め

 

その後石川県工芸指導所漆工科長となるなど

 

様々な立場において技術を伝えていったのが

 

新村撰吉自身の特徴と言えます。

 

やがて漆芸家として活躍し始めると

 

『漆皮宝相華文経箱』や『漆皮台盤』と言った

 

漆皮の作品を多く発表。

 

なお作品のサインには、本名の撰吉と

 

屋号の長閑子の両方が使われています。

 

新村選吉の伝統的で上品な作風には多くの支持が集まり

 

1960年には日本工芸会会長賞を受賞しました。

 

 

 

■漆皮について

 

牛や鹿などの皮を湿らせた後、

 

容器の型にしてから漆を塗ったものです。

 

漆皮では箱や靴も作ります。

 

飛鳥時代から技法が確認されており、

 

奈良時代に作られたものが法隆寺や四天王寺に

 

収められています。

 

また正倉院にも漆皮の作品である

 

金銀絵漆皮箱第3号が保管されています。

 

蒔絵や螺鈿の装飾が施されているのも漆皮の特徴です。

 

 

 

■漆皮技法を駆使している人間国宝の作家

 

漆皮を使った作品作りで人間国宝となっている作家としては

 

増村益城を父に持ち乾漆や縄胎技法を用いた

 

きゅう漆も有名な、埼玉県春日部出身の

 

増村紀一郎がいます。

 

 

 

■石川県工芸指導所について

 

石川県工芸指導所は1938年に落成式を行っています。

 

それ以外の詳しい記述は特に見当たりませんが

 

昔から伝統工芸で栄えている石川県金沢市なので

 

そう言った文化を育てる場所の一つとして

 

機能していた事は想像に難くありません。

 

実際に石川県工芸指導所には、

 

石川県小松市の錦山窯にて

 

九谷上絵付を営んだ吉田美統も参加しています。

 

 

 

■漆皮台盤について

 

まず台盤とは平安時代の貴族文化について使われていた

 

料理を乗せるための台の事を指します。

 

漆皮台盤は鷺脚を付けた円形の形をしており

 

猪目透かしと言った技法を使っています。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定