お役立ち情報
骨董品
2019/05/09

岩橋英遠【文化勲章・日本画】

岩橋英遠(いわはしえいえん)

 

岩橋英遠は19031月に北海道空知郡で生まれます。

 

農業をしながら独学で油絵の修行を行っていたものの

 

21歳の時に上京すると

 

狩野派の日本画家の山内多門主催の画塾に入りました。

 

やがて1934年には吉岡堅二や福田豊四郎らと共に

 

新日本画研究会を結成し、またその翌年には

 

大和絵をベースとした歴史画作品で知られる

 

安田靫彦から学んでいます。

 

また同年、日本美術院再興第21回展覧会において初入選。

 

その後も帝国美術院展覧会などで活躍を見せています。

 

1937年には歴程美術協会を立ち上げ、

 

安田靫彦門下の研究会である火曜会にも参加しました。

 

これらの功績から1994年、91歳の時には

 

文化勲章を受章しています。

 

代表作には『虹輪』や『彩雲』、

 

日本芸術院賞を受賞した『鳴門』などがあります。

 

 

 

作風の特徴

 

岩橋英遠の特徴は正統派の日本画をベースとしながらも

 

独創的な作風である事で知られています。

 

故郷の北海道の大自然を壮大なスケールで描き

 

また洋画の作風も組み込んでいることから

 

岩橋の作品は幻想的で美しいと言われています。

 

 

 

ゆかりのある人物や団体

 

吉岡堅二

 

西洋的な描き方をベースに、

 

正統派の日本画を組み込んでいる画家です。

 

最初は正統的な作品を描いていたのものの

 

冒険的な型の作風にシフトし画壇を賑わせました。

 

福田豊四郎

 

新聞に連載される小説の挿絵などで

 

有名な日本画家です。

 

郷土愛溢れる穏やかな作風を特徴としています。

 

歴程美術協会

 

新しい日本画のあり方について

 

模索していた団体です。

 

 

 

北海道の大自然を描いた岩橋英遠

 

岩橋英遠は1958年に東京芸術大学講師となり

 

1965年には東京芸術大学助教授を務めています。

 

また60代半ばには法隆寺金堂壁画の模写も行いました。

 

岩橋英遠の独自の作風は

 

法隆寺金堂壁画の模写も行っている所にある

 

と指摘されていますが、そういった経験のベースも

 

北海道の大自然を描いた作品作りに

 

投影されていると考えられます。

 

岩橋英遠は残念ながら故郷ではない

 

神奈川県の相模原で亡くなっていますが

 

岩橋の描いた大自然は北海道外の人達をも

 

今でも惹き付ける力があります。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定