お役立ち情報
骨董品
2019/04/11

山本丘人【文化勲章/日本画】

山本丘人(やまもときゅうじん)

 

山本丘人は、1900年に東京で生まれました。

 

1915年に東京府立工芸学校に転入し彫金を学ぶ一方で

 

広瀬東畝、瀬田柏邦から日本画の指導を受けます。

 

やがて19歳になると東京美術学校日本画科に入学し

 

松岡映丘に師事して大和絵を学び始めました。

 

卒業後は、松岡映丘の画塾「木之華社」に入って

 

新興大和絵運動に参加します。

 

そして、1927年の第7回新興大和絵会展に

 

『画人の像(松岡映丘)』を出品し、

 

入選を果たしました。

 

2年後の同第9回展には『五月雨』を出品、

 

新興大和絵賞を受賞し、同会会友となっています。

 

また、1928年には第9回帝展に『公園の初夏』

 

を出品して初入選を果たすと、

 

その後も帝展にて入選を重ねていきました。

 

その後、34歳のときには映丘門下の同志で

 

「瑠爽画社」を結成、約10年後には川崎小虎らを中心に

 

「国士会」を結成しています。

 

翌年からは東京美術学校日本画科の助教授に就任し

 

同年に第4回野間美術賞を受賞します。

 

続いて1947年には女子美術専門学校教授に就任し

 

翌年には上村松篁、吉岡堅二らと共に「創造美術」を

 

結成して新しい日本絵画の創造を目指して活動しました。

 

以降も1950年には『草上の秋』が

 

第1回芸能選奨文部大臣賞を受賞し、

 

1951年の第1回サンパウロ・ビエンナーレ、

 

翌年に第1回日本国際美術展、

 

第26回ヴェネツィア・ビエンナーレに

 

『山麓』を出品するなど、国際展にも出品し、

 

活動を国内外に広げています。

 

1964年には『異郷落日』で日本芸術院賞を受賞し

 

1977年、77歳のときに文化勲章受章、

 

また文化功労者を顕彰しました。

 

 

 

山本丘人の作品の特徴と技法

 

山本丘人はその生涯を新しい日本画の創造に費やし、

 

近代洋画の持つ造形的で感覚的な手法を取り入れ

 

新しい作風を確立しました。

 

海や山などの厳しい自然のモチーフを中心に、

 

骨太の力強い画風で多くの優れた作品を残しています。

 

一方、晩年には詩的叙情性な作品も描きました。

 

代表作には『狭霧野』、『夕焼山水』などがあります。

 

 

 

山本丘人の評価される所以

 

山本丘人のその画家としての創作活動は、

 

山元の参加した創画会の宣言

 

「世界性に立脚する日本絵画の創造を期す」

 

との言葉が示す通り、断固たる信念を持っていました。

 

同志らと「創造美術」を立ち上げ、

 

画壇に大きな影響を与えています。

 

近代日本画の巨匠としてその地位を築きました。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定