お役立ち情報
骨董品
2019/04/11

小磯良平【文化勲章/洋画】

小磯良平(こいそりょうへい)

 

洋画家の小磯良平は、1903年に神戸市で生まれました。

 

兵庫県立第二中学校に在学している時から

 

油彩画や水彩画に親しんでおり、

 

この時には同級の友人で詩人の竹中郁とも

 

交流があったといいます。

 

そして、1922年に東京美術学校西洋画科に入学し、

 

藤島武二に師事し絵を学びました。

 

同期には牛島憲之や萩原高徳、山口長男などがいます。

 

やがて、在学中早くも1925年の第6回帝展で

 

『兄弟』が初入選を果たし、翌年の第7回帝展では

 

『T嬢の像』が特選を受賞、その画才を発揮しました。

 

そして首席で卒業すると同期らと

 

「上杜会」を結成したのち、1928年から1930年まで渡仏し

 

パリのグランド・シュミエールへ通い、

 

ヨーロッパ各地を周り多くの美術作品を見学しました。

 

この間には、ドガやロートレック、セザンヌ、

 

マティス、ドランなどに影響を受け

 

古典なども積極的に学んでいます。

 

以降、26歳のときにはサロン・ドートンヌに出品した

 

『肩掛けの女』が入選、帰国後に第13回帝展で

 

『裁縫女』が特選を受賞しました。

 

戦後1950年には東京芸術大学で教壇に立ち、

 

51歳のときに神奈川県逗子市にアトリエを構えています。

 

制作活動の末、55歳のときには

 

第5回現代日本美術展に『家族』を出品し、

 

大衆賞を受賞しました。

 

1971年には東京芸術大学の名誉教授となって

 

神戸市に移住し、約2年後には

 

愛知県立芸術大学客員教授に就任、同年に

 

赤坂迎賓館の音楽や絵画を主題にした

 

壁画制作に掛かっています。

 

これらの功績が認められ、1979年には文化功労者に選任

 

その後日本芸術院会員となりました。

 

1983年、80歳のときには文化勲章を受章しています。

 

 

 

小磯良平の作品の特徴と技法

 

小磯良平の作品は的確な線描による知的な構成力と

 

清楚な色調からなる静謐典雅な作風が特徴的です。

 

その美しい作品は洋画画壇の作家として

 

とても人気が高く、卓越した油絵の技術で

 

主に女性肖像、群像を得意としていました。

 

代表作には、『踊り子』、『舞妓』、『斉唱』

 

などがあります。

 

また、新聞小説の挿絵も多く手がけ、

 

朝日新聞に連載された川端康成の

 

「古都」などの挿絵も描いていました。

 

 

 

小磯良平の評価される所以

 

小磯良平は戦前・戦後を通じ清廉、典雅な画風で

 

気品ある婦人像を多く描き、独自の世界を確立しました。

 

その功績は大きく、神戸市名誉市民でもあり、

 

1987年には兵庫県立近代美術館に

 

「小磯良平記念室」が開設されています。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定