お役立ち情報
骨董品
2019/03/14

小林古径【帝室技芸員/日本画】

小林古径(こばやしこけい)

 

小林古径は、1883年2月に新潟県で生まれました。

 

1899年に上京すると

 

人物・花鳥などの挿絵で名を馳せた

 

梶田半古に弟子入りします。

 

また歴史画や人物画、花鳥画を得意とする前田青邨や

 

大和絵の技法を受け継ぐ安田靫彦と共に、

 

日本美術院の三羽ガラスと呼ばれるようになりました。

 

1910年には、独自の世界観を発揮した今村紫紅や

 

安田靫彦と共に紅児会に参加。

 

古くからの日本の文化と、現在の日本での

 

解釈の仕方について考えるようになります。

 

その後1914年には日本美術院の再興にも携わり

 

1944年、61歳のときには帝室技芸員に

 

認定されました。

 

代表作には『孔雀』や『清姫』。

 

『竹取物語』や『いでゆ』などがあります。

 

 

 

身近なテーマが特徴

 

小林古径は猫や浄心、大毘古命図など、

 

身近なものをテーマにした作品が多く

 

それを日本画の基礎を忠実に守った上で、

 

洗練かつ清潔感のあるタッチで描いている所に

 

特徴があると言われています。

 

また新古典主義とも呼ばれ、

 

色合い豊かな作風も氏の持ち味です。

 

 

 

小林古径及び作品の背景

 

■日本美術院

 

1898年に美術にも携わった思想家の岡倉天心が

 

東京美術学校校長を辞めた事で作った団体です。

 

小林古径は日本美術院の設立のメンバーとして入り

 

またその中では若手とされています。

 

■紅児会

 

当時数多く存在した絵画団体の中でも、

 

大和絵師の集まりと言われています。

 

紅児会は岡倉天心を支持し、現代における

 

新しい美術のあり方について考えていきました。

 

■新古典主義

 

18世紀後半から欧州地方で始まった考えです。

 

ダイナミックな構図やテーマよりも、

 

厳格で洗練された構図が特徴と言われています。

 

主に欧州地方であって日本ではないのですが、

 

小林古径から新古典主義の作風が感じられた事から

 

その指摘があると思われます。

 

 

 

小林古径の作風について

 

小林古径は、数多くの日本画家達と関わってきた事は

 

刺激になったと思われます。

 

身近なテーマで作品を描くにも、

 

実際に景色を見るだけでなく、他の日本画家達と

 

日々の生活の話をしてきたからとも考えられます。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定