お役立ち情報
骨董品
2019/08/02

八木一夫【工芸作家/陶芸】

八木一夫(やぎかずお)

 

八木一夫は1918年7月京都府京都市にて生まれました。

 

父は赤土社を立ち上げ、新陶芸運動を行った

 

陶芸家の八木一艸(やぎいっそう)として知られています。

 

一夫は13歳の頃になると

 

京都市立美術工芸学校彫刻科に入り、

 

卒業後は日本人として初めて

 

フランスのセーヴル陶磁器製造所で働いた、

 

沼田一雅が開く日本陶彫会へ入会。

 

また商工省陶磁器試験所にて技術を習得します。

 

1946年には戦後の日本の陶芸界を代表する

 

鈴木治達と共に青年作陶家集団を結成。

 

翌年に青年作陶家集団の考えや

 

動機などを記した書を出し、

 

1948年には鈴木治や松井美介、叶哲夫などと共に

 

走泥社を立ち上げました。

 

1947年の第3回日本美術展覧会においては

 

『豚児闌春』が初入選を果たしています。

 

また走泥社としては1950年発表の『少女低唱』や

 

『飛翔するカマキリ』と言った作品群が

 

ニューヨーク近代美術館に展示されたことが、

 

大きな話題となりました。

 

 

 

■作風

 

八木一夫の作品の特徴は今までの型にとらわれない

 

陶芸作りを行ったところにあります。

 

特にその特徴が現れている代表的な作品の一つが

 

1950年に発表した『ザムザ氏の散歩』です。

 

ろくろでの円筒を輪切り上にした作品には

 

八木一夫のシャープな感性と知的さが

 

現れているとも言われています。

 

なお幅広い作品群などで世界的に名を馳せた

 

イサム・ノグチや前衛生花との交流が

 

『ザムザ氏の散歩』を生んだきっかけとされています。

 

1955年に差し掛かると

 

陶器を観賞用の作品として昇華させながらも

 

彫刻ではない、洒落っ気もある不思議な作風として

 

変化させていきました。

 

またこれらの作品は、抽象表現主義や

 

アンフォルメの考えを組み込んでいる経緯もある

 

と言われています。

 

 

 

■青年作陶家集団について

 

走泥社の前進の団体でもあります。

 

1948年に解散するまで

 

古くなった体制から抜け出すことを目的に

 

松井美介や叶哲夫の他、

 

ヨーロッパに渡った経験を持つ斉藤三郎や田中一郎が

 

在籍していました。

 

 

 

■赤土社

 

1948年に結成。

 

多くの青年作陶家集団の元メンバーが在籍し

 

戦時中の息苦しさを脱出した日本との勢いも相まって

 

勢いも強めていったと言われています。

 

 

 

■人との交流や時代背景によって変化した八木一夫の作風

 

八木一夫は独創性が光っていると言われていますが

 

それは多くの作家との交流によってだったり

 

また抽象表現主義やアンフォルメの考えを組み込むなど

 

時代にも対応した結果と考えられます。

 

また、走泥社の結成も

 

八木一夫の勢いに繋がったとも言われています。

 

走泥社の作品を通して影響を受けた人や

 

当時の時代背景も感じられるかもしれません。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定