お役立ち情報
骨董品
2019/09/19

信田洋【工芸作家/金工】

信田洋(のぶたよう)

 

彫金家の信田洋は、1902年に

 

東京日本橋に生まれました。

 

15歳になると東京府立工芸学校に入学し

 

北原千鹿に学んでいます。

 

やがて東京美術学校在学中には、

 

北原千鹿を中心に山脇洋二ら新進の金工家らと

 

金工芸団体の「工人社」を結成して

 

活動を行いました。

 

信田洋らが工人社を設立したのは

 

その頃の工芸界での出品先として潮流だった、

 

博覧会の美術部門、輸出工芸振興の為の

 

商工展、帝展などへの制作活動の姿勢に

 

疑問を感じた為だと言われています。

 

こうして彫鍛金を中心とした金工界、

 

ひいては工芸界に新風を吹き込むために

 

工人社は結成されたのです。

 

しかし、工人社の展覧会は第11回を迎える頃から

 

戦争の影響もあって次第に作家たちが

 

個々に独自の活動を行うことが難しくなっていき

 

解散するに至りました。

 

そしてこれらの活動は、後の帝展や新文展、

 

日展などにおける活躍となって現れていくのです。

 

信田洋は1928年に東京美術学校彫金科を卒業すると

 

その2年後、第11回帝展に『彫金透彫筥』を出品し

 

初入選を果たします。

 

さらに32歳の時には第15回帝展に

 

『蒸発用湯沸瓶』を出品して特選に。

 

1951年には『芙蓉置物』で

 

芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。

 

50代半ばの頃には新日展会員になり

 

数年後からは評議員として作品を出品しています。

 

 

 

信田洋の作品の特徴と技法

 

信田洋は、花瓶や筥、置物などの古典的な器物を

 

好んで多く制作しました。

 

それらの作品は花鳥などの伝統的なモチーフの文様を

 

モダンな感覚で表現して

 

品格のある作風を確立しています。

 

信田洋の作品である『白銅組込花器』では

 

白銅同士の組み合わせの継ぎ目をデザインに仕立てて

 

その白とブロンズ色の対比を際立たせました。

 

近代の金工界の先駆者的として

 

存在感を示しています。

 

 

 

信田洋の評価される所以

 

信田洋は、金工界に新しい展開をもたらし

 

その発展に尽力しました。

 

信田洋が中心となって活動していた

 

工人社の展覧会は地方でも開催しており

 

その活動を全国に認知させています。

 

また、その展覧会は、最も新感覚の展覧会である

 

と評価されていました。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定