店舗ブログ
札幌西店
2019/12/12

北海道札幌市 断捨離 終活|柴崎重行|骨董品 木彫りの熊の買取り

柴崎重行 木彫りの熊 北海道民芸品 骨董品 買取り 買取専門店 くらや札幌西店

柴崎重行 木彫りの熊 2 北海道民芸品 骨董品 買取り 買取専門店 くらや札幌西店

 

 

断捨離終活などでご不要になったお品物の

 

買取専門店『くらや札幌西店』です。

 

 

『くらや札幌西店』の近くに住む息子さんからの

 

紹介で、ご来店くださいました。

 

その際、近隣のリサイクルショップなども、

 

いくつか併せて教えてもらったそうですが、

 

当店に査定依頼をお願いすることにしたとの事。

 

理由は、HPに〈顔写真(スタンプ)〉が

 

掲載されていたのと

 

ブログに査定をしてもらう時の様子が

 

書いてあったからだそうです。

 

事前にイメージが掴め、

 

安心できたのでご来店くださったと

 

仰っていました。

 

ご来店、誠にありがとうございます。

 

 

今回、お持ち込みいただいたのは、

 

木彫家:柴崎重行が制作した《木彫りの熊》です。

 

柴崎重行ご本人とお客様に親交があった為

 

直接制作依頼をして作っていただいた

 

大事なお品物との事でした。

 

大事な品なので、

 

本来なら家族に引き継いでもらえれば

 

一番良いのですが、

 

現在自分の血縁や親戚に

 

柴崎重行の凄さや価値を分かる者がおらず、

 

それであればご自身でキチンと

 

断捨離終活をしようと思ったのが

 

今回査定依頼をするきっかけと仰られていました。

 

 

2019年にも《木彫りの熊》の展覧会が

 

東京で開催されています。

 

近頃〈密かな〉ブームを呼んでいる《木彫りの熊》。

 

中でも代表作家であり、

 

人気作家の柴崎重行の作品であった事や

 

制作された日から

 

50年以上経過しているのにも関わらず、

 

虫食いや顕著な劣化が見られず

 

綺麗な状態だった事から高価買取となりました。

 

 

今回、お持ち込みいただいた作品は

 

色塗りされた木彫りの熊とは違い、

 

“木(オンコ)”本来の味が感じられる作りです。

 

彫刻も大胆さの中に

 

繊細な熊の表情・しぐさなどが詰め込まれており、

 

今にも動きだしそうな真に迫る作品でした。

 

野生の熊は獰猛な生物と認識されがちですが、

 

実はとても臆病で愛情深い生き物。

 

柴崎重行の彫る《木彫りの熊》は、

 

そういった熊本来の生態を

 

如実に表現しているのです。

 

 

 

◆◇◆ 北海道といえば木彫りの熊 ◆◇◆

 

 

北海道土産の民芸品といえば、

 

鮭をくわえた木彫りの熊の姿が連想されます。

 

 

木彫りの熊がメジャーになったきっかけは、

 

スイスから持ち帰った木彫りの熊

 

お手本に作られた事からでした。

 

 

明治維新により職を失った旧尾張藩士達の家族が

 

暮らせるよう新天地として

 

尾張徳川家の17代徳川慶勝が主導し、

 

八雲のユーラップへ入植させ開拓をしました。

 

 

兼ねてより農民の貧しさを憂いていた

 

尾張徳川家19代、徳川義親は

 

ペザントアート(農村美術や民芸品)に

 

ヨーロッパ旅行中のスイスで出会い

 

冬季の間の副業として、

 

家庭で民芸品の制作が出来るのでは…と考えました。

 

その中のひとつに木彫りの熊があったのです。

 

 

まず、第一号の木彫りの熊は、

 

八雲に暮らす酪農家が道具がない中で作りました。

 

目には釘が、

 

毛並みは傘の骨を研いだもので彫ったのだそう。

 

 

やがて、八雲が中心になり、

 

全国から集められた民芸品の参考品が出品される

 

品評会が開催される事になりました。

 

この時、八雲から出品されたのは木彫りの熊です。

 

余談ですが、

 

民芸品という言葉すら浸透していなかった当時、

 

全国の農民から送られてきた作品の中には、

 

切り干し大根や形の良いカボチャの農作物が

 

出品していたところもあったそうです。

 

 

民芸品の木彫りの熊

 

制作が根付いていった八雲では

 

販売にも力を入れようという事になりました。

 

北海道だけでなく、全国に木彫りの熊を持っていき

 

北海道物産展での販売や委託販売をするように

 

なったのです。

 

 

その成果もあり、戦前には八雲の木彫りの熊

 

北海道の土産品として認知されるようになり、

 

戦前の観光ブームでは、

 

たくさんの木彫りの熊が売れました。

 

 

しかし、第二次世界大戦が激しくなると激減します。

 

彫っていたのは、

 

茂木多喜治のみとなってしまいました。

 

 

戦争が終わると、柴崎重行も彫刻を再開、

 

新たに彫る人も出てくるとともに

 

八雲の木彫りの熊は受け継がれていきましたが

 

八雲に制作者は少なく、木彫りの熊の産業としては

 

成り立たなかったようです。

 

 

戦後は、旭川を中心とした作家が活躍し、

 

販売がされていきました。

 

戦前の八雲でも少し作られていたようですが

 

鮭をくわえた木彫りの熊は、

 

旭川などほかの地域でつくられた定番の形と

 

いわれています。

 

 

 

『くらや 札幌西店』では

 

経験豊富なスタッフがおります。

 

お気軽に何でもご相談ください。

 

 

 

↓↓ くらや 札幌西店はこちらです ↓↓

北海道札幌市で断捨離や終活をはじめ、遺品整理や生前整理はお任せください!!

 

<対応エリア>
北海道
札幌市中央区、南区、北区、西区、東区、白石区、厚別区、清田区、手稲区、豊平区、石狩市、石狩郡当別町、小樽市、余市郡余市町、岩内郡岩内町、岩内郡共和町、夕張郡栗山町、夕張郡長沼町、夕張市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、岩見沢市、三笠市、美唄市、樺戸郡新十津川町、深川市、赤平市、芦別市、歌志内市、滝川市、旭川市、苫小牧市、勇払郡安平町、勇払郡厚真町、勇払郡むかわ町、白老郡白老町、登別市、室蘭市、伊達市、虻田郡洞爺湖町、虻田郡喜茂別町、虻田郡倶知安町、虻田郡ニセコ町、虻田郡豊浦町、虻田郡留寿都村、虻田郡真狩村
周辺町村の方もどうぞ

 

店舗:くらや 札幌西店
住所:北海道札幌市西区西町南19丁目1-18
電話:011-215-8866
営業:10:00~19:00
定休:木曜日

一覧に戻る

この店舗別買取ブログ

  • おもちゃ・ノベルティ
    カメラ
    ダイヤモンド
    ブランド品
    ブランド家具
    ブランド時計
    刀・鎧
    切手
    勲章
    古銭
    墨・書道具
    掛け軸・絵画
    珊瑚
    着物・小物
    翡翠・鼈甲・琥珀
    茶道具・煎茶道具
    金・プラチナ
    鉄瓶・茶道具
    鉄道模型
    骨董品
    高級洋食器
    札幌南店
    札幌西店
    2018/12/06
  • 北海道室蘭市 伊達市 限定 2019年2月3日(日)4日(月) 完全予約制出張買取り
  • いつもご閲覧ありがとうございます。 骨董品、古美術の買取専門店くらや札幌西店です。   久しぶりの更新ですが、…… >>続きを読む

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定