お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

カルティエ(Cartier)の成り立ちと代表作

カルティエ誕生の歴史

1847年、フランスに宝石細工師として、師匠のアドルフ・ピカールからパリジュエリー工房を受け継いだ事でスタートしたブランドです。1904年に友人の飛行家であるサントス・デュモンのために腕時計を制作したのがきっかけになり、本格的に腕時計のブランドとして知名度を上げました。

時計の歴史

1919年、曲線を省き、シンプルな直線で構成した腕時計「タンク」を発表。

 

カルティエタンク㉓

「タンク」

 

1920年代には腕時計の需要が本格化。1930年代ニューヨーク・ウォール街の株価大暴落に始まる暗黒の時代は王侯貴族に多くの顧客を得ていたため、難を逃れることができました。この時代に宝飾防水時計として知られる「パシャ」が誕生しました。

 

カルティエパシャ㉓

「パシャ」

 

1939年、ドイツに対するイギリス、フランスの宣戦布告の声を聞くと同時に、カルティエはイギリス空軍のために写真機材や備品の製造を始めました。

戦後のカルティエは、腕時計の生産にますます力を入れるようになりました。クロノグラフなど複雑な機能を搭載した時計から、華麗な装飾を施した女性用のブレスレット・ウォッチまで、そのバリエーションは多様化を極めています。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA