店舗ブログ
駒沢大学駅前店
2020/11/11

東京都世田谷区 切手の買取|日本切手 外国切手|プレミアかも?エラー切手 使用済みも捨てるべからず!

4:45 am

こんにちは、切手の買取専門店『くらや駒沢大学駅前店』です。日本切手・外国切手・プレミア切手など、様々な切手の買取にご対応いたします。未使用切手だけでなく、使用済みの切手の買取も行っていますので、ご不要な切手をお持ちでしたら買取はぜひ『くらや駒沢大学駅前店』にお任せください。

 

切手は元来、〈切符手形(きりふてがた)〉と呼ばれていました。室町時代以前には現金や現物の代用となる〈為替〉として、江戸時代には〈通行手形〉や〈劇場の入場券〉として日本で広く用いられてきた切手。現在の日本国内においては、切手は郵便事業で使用されることが主ですが、昔から〈金銭を支払って得た権利を証明する〉という役割を担ってきたわけです。

 

皆様もご存じの〈郵便切手〉は、1840年にイギリスで発行されたのが世界初。イギリスの郵便制度に倣い、日本では1871年に〈郵便料金前払い証明〉として郵便切手が発行されました。竜の図案が描かれていたことから〈竜文切手〉と呼ばれ、今の様な目打や裏糊もないものでした。この当時は江戸時代の通貨による額面表示で、48文・100文・200文・500文の計4種類が発行されました。

 

1871年に制定された新貨条例で〈圓(円)〉が導入されたことをきっかけに、翌1872年に〈銭〉の単位に変わり発行されたのが〈竜銭切手〉。それ以降、〈竜文切手〉と〈竜銭切手〉は、併せて〈竜切手〉と称されました。

 

日本が倣った郵便制度は、イギリスのローランド・ヒルという人物によって考案されましたが、郵便切手の発明者はローランド・ヒルではなく、イギリスのジェームズ・チャルマーズという人物だそうです。世界初の切手には当時のイギリス国家元首であったヴィクトリア女王の肖像が印刷されていましたが、背景の刷色が黒色だったことから〈ペニー・ブラック〉という愛称がつけられました。〈竜文切手〉が一年がかりで売った枚数と、〈ペニー・ブラック〉が一日で売れた枚数は同じで、その数は約30万枚になるそうです。

 

日本の切手に初めて国名が表記されたのは1876年。〈大日本帝国郵便〉〈Imperial Japanese Post〉と印刷されていましたが、日清戦争と日露戦争の間に当たる1899年にはこの英語表記は一旦消えました。再び英語表記になったのは1966年以降のことで、これはUPU(万国郵便連合)という国際機関が、加盟各国の切手にローマ字表記を義務付け、日本政府がそれに従った結果です。

 

国名の英語表記に関しては〈JAPAN〉〈JAPON〉という案もあったそうなのですが、最終的には現在でも使われている〈NIPPON〉の表記が採用されました。1964年の東京五輪で、〈ニッポン〉という呼称が世界中に認知されたことが大きなきっかけになったのかもしれませんね。

4:45 am

日本の代表的な切手

現在切手には様々な種類があり、収集されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?そこで幾つか代表的なものをご紹介していきたいと思います。

普通切手

郵便料金の納付を主目的として発行される切手。先ほどお話しした〈竜切手〉も、これにあたります。

特殊切手

特別なイベントやキャンペーンの紹介などを目的として発行される切手。毎年同時期に発行される〈年賀切手〉や〈国際文通週間切手〉などのシリーズは収集される方も多く、愛好家の方々の間では〈恒例切手〉と呼ばれ親しまれています。アニメや鉄道などをテーマにしたものもあり、販売期間やエリア、発行数に限りがあるため大変人気です。

ふるさと切手

ふるさと振興を目的として、地域の風物や行事をテーマにして発行される切手。発行当初は発売する地域が限定されていましたが、2008年以降全国の郵便局で購入可能となりました。日本で最初に発行されたのは1989年で、長野県の〈お猿の温泉〉と山形県の〈サクランボ〉でした。

寄付金付切手

切手の額面の料金と共に、〈+10〉などと数字が表示されたものをご覧になったことはあるでしょうか?これは公的(国家的)な事業に対して支援・救済をするための寄付金額で、切手を購入するだけで国や地方へ寄付金を送付できる仕組みになっているのです。

 

この様な切手を〈寄付金付切手〉と言い、日本においては〈長野オリンピック〉〈日本万国博覧会〉〈東日本大震災〉などの時に発行されました。最近ですと、記憶に新しいのが2019年のラグビーワールドカップ。アジア初となる日本で開催されることを記念し、寄付金付切手が発行されました。

グリーティング切手

お祝い事や挨拶など、特別な場面で使える切手。慶弔用の切手の様な役割を持っていますが、カジュアルに手紙のやり取りを楽しみたい方々からの支持が高く、鳥や花の形をした切手もあります。有名なアニメキャラクターやイラストレーターの作品を使ったものなどは、販売される期間が限定されることもあるので、切手取集家の心をくすぐる切手です。

4:45 am

日本では発行されてない切手

世界の郵便制度にも様々なものがあり、日本にはその制度自体存在しないものもあります。

速達切手

速達切手は、速達料金の支払いのために発行された切手です。日本では速達送料として郵便料金に追加されるため発行されていませんが、過去に一度だけ速達切手が発行された事例があるのはご存じでしょうか?1950年、第二次世界大戦後アメリカ合衆国に統治されていた沖縄県にて、琉球郵政庁が発行した5円切手が日本で唯一の速達切手となりました。

書留切手

書留切手は、書留料金の支払いのために発行された切手です。日本では基本料金に加算される形で書留料金が徴収されるため、切手が存在しません。海外の書留切手には〈R〉という文字が表示されていますが、これは〈Registry(英語で書留の意)〉の頭文字です。

国連切手

世界に存在する様々な切手の中に、〈国連切手〉というものがあります。これは、国連の専門機関である国際連合郵便が発行している〈公用切手〉です。〈国連切手〉の提案がなされたのは1947年のこと。

 

その後1951年にニューヨーク国連本部にて発行が開始され、現在では国連本部があるニューヨーク(アメリカ)、ジュネーヴ(スイス)、ウィーン(オーストリア)の国連管轄の郵便局で毎年販売されます。

 

テーマも多様で、その時代に世界が抱えた問題や願いが象徴されているのも特徴的です。発行された国連切手のテーマの一例として、1961年〈ユニセフ〉・1970年〈日本の平和の鐘〉・2009年〈国際非暴力デー〉などがあります。

実用性よりも見た目重視?世界の変わり種切手

海外で発行された切手の中には、素材が紙ではないものがあるのをご存じでしょうか?布製のもの、ガラス製のもの、そして宝石付きの切手まで存在するのです!

布製切手

2016年に伊勢志摩サミットを記念して発行された切手をご覧になったことがあるでしょうか?この切手は絹(シルク)製で、光沢があり手触りも良いです。香港やクリスマス島(オーストラリア)では、年賀切手として絹製切手が発行されたことも。カナダ国旗の50周年記念に発行された切手はレーヨン素材でできています。ニジェール共和国(西アフリカ)には、レーヨンによく似たナイロンペーパーで作成された切手があるそうです。

ガラス製切手

オーストラリアでは、ガラス製の切手が製造されたことも!2016年にオーストラリアのHinterglasmuseum(ガラス絵美術館)で原画がデザインされたもので、厚さ約3mmの透明なガラスの裏面に切手が印刷されています。マリア像とキリスト像が描かれており、紙製の専用ケース付きでした。素材がガラスのため実用性はないような気もしますが、コレクターの心をくすぐったことでしょう。

宝石付き切手

イギリスのジャージー島では、なんとダイヤモンドが付いた切手が発行されました。エリザベス女王在位60周年を記念して2012年に発行されたもので、女王の王冠部分には直径1.25mmの本物のダイヤモンドが一粒。こちらも実用的というよりは鑑賞用としての要素が高めです。

 

この他にも、世界では木製の切手や、砂漠の砂が混ぜられた切手、B5用紙サイズに近い巨大切手なども存在します。切手にご興味のない方でも、ちょっと見てみたくなりますよね。お手持ちの切手の中に変わったデザインのもの、紙以外でできた切手などをお持ちの方も、ぜひ一度『くらや駒沢大学駅前店』にご相談ください。

超プレミア?!エラー切手

4:45 am

いくつかの偶然が重なり、何かしらの理由で世に出回ってしまった珍品〈エラー切手〉。一体どの様なものが流通しているのか、これから幾つかご紹介します。

図案ミス

1962年に発行された北陸トンネル開通記念切手。実はこの切手には〈あってはいけないもの〉が描かれてしまっているのです。

 

・本当は2本しかないのに、切手には数多くのケーブルがある
・実際はトンネル横の壁についているはずの電灯が、切手では中央に位置してしまっている
・実際のレールはコンクリート床道に固定されていたのに、切手では普通の枕木になっている
・特急〈白鳥〉にあるはずの乗務員用ドアと梯子段がない

 

本来のトンネルの姿と切手の図案が食い違ってしまった理由は、トンネルの工事日程の遅れにより前年に撮影したトンネルの写真と完成予想図を元に、切手が作られてしまったからだとか。

彩色エラー

本来とは違う色で間違えて印刷されてしまった切手が存在します。有名なところで言うと、スウェーデンで発行された〈3シリング・バンコ〉。正しくは青緑色で印刷される切手ですが、印刷機の取替時に何らかの手違いが起こり、間違えて黄色で印刷されてしまったものがあるのです。流通する前に誰も気が付かなかったのでしょうか…。

 

2010年にスイスで開催されたオークションでは、この黄色い切手に740万ドル(現在の日本円にして約7億6580万円)の値が付き、エラー切手としては過去最高額でした。

逆刷エラー

切手の印刷時に、印刷用紙を間違った方向でセットしてしまったために、本来の図案と逆さまでプリントされてしまった切手もあるのです。最も有名なのがアメリカで発行された航空切手〈カーチス・ジェニー〉。

 

1918年にニューヨーク・フィラデルフィア・ワシントンD.Cを結ぶ定期路線の開設を記念して発行された24セント切手ですが、航空機(カーチスJN-4、通称ジェニー)が上下逆さまに印刷されてしまっています。それゆえ〈宙返り24セント〉〈逆さまジェニー〉などと呼ばれ、世界中でも屈指の知名度と価値を誇るプレミア切手です。

印刷漏れエラー

本来印刷されるべき色が抜けてしまい、そのままプリントされた切手もあります。印刷漏れエラーで有名なのが〈ソメイヨシノ10円〉。この切手にちなみ、〈ソメイヨシノ10円灰味紫印刷もれエラー〉などと呼ばれています。〈ソメイヨシノ10円〉に関しては、他にも〈無目打ちエラー田型〉という全く目打ちが見られないエラー切手も存在し、4枚綴りの切手すべてが無目打ちになってしまっているものもあります。

オフセンター

印刷が端に寄ってしまっている切手を今までにご覧になったことがあるでしょうか?端寄りになることで図案の一部が見えなくなっていたり、余白部分が大きくなってしまっています。一方で余白とのバランスがとれ、切手の真ん中に図案が印刷されている状態の切手を〈ウェルセンター〉と言い、綺麗なウェルセンターの切手は重宝されるもの。

 

反対にオフセンターの切手はコンディションが悪いと評価されてしまうため、買取価格は下がってしまうことが多いです。ですが、極端なオフセンターの切手は逆にその珍しさが評価され、高く買取してもらえることもあります。

 

他にも〈用紙裏表〉〈目打エラー〉など、エラー切手にも様々な種類があり、億単位の金額がつけられ取引されるものもあります。エラー切手で面白いのは、その見た目はもちろんのこと、エラーが起こってしまう過程に歴史や裏話があることです。お客様の身の回りでも、意外と近くにエラー切手が存在しているかもしれません。

 

「これはエラー切手かな?」や価値が判らない切手をお持ちの方は、『くらや駒沢大学駅前店』にご相談ください。価値をしっかり見極め、丁寧に査定いたします。未使用の切手だけでなく、使用済みの切手も捨ててしまわず是非お持ちください。プレミアのあるお品物には付加価値をつけてお買取をいたします。

 

査定・相談はもちろん無料です。〈店頭買取〉はもちろん、ご自宅へお伺いする〈出張買取〉や宅配便を使った〈宅配買取〉も実施しております。

 

お客様からのお電話・ご来店を心からお待ちしております。

 

 

↓↓ くらや 駒沢大学駅前店はこちらです ↓↓

 

東京都世田谷区で日本切手や外国切手など切手の高価買取

 

世田谷区周辺の出張査定、出張買取も対応いたします!!
<対応エリア>
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、調布市、三鷹市、狛江市、神奈川県川崎市

 

※出張内容によっては、ご相談させていただく場合もございます。

 

店舗:くらや 駒沢大学駅前店
住所:東京都世田谷区上馬4-4-3
電話:03-5432-9501
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定