店舗ブログ
上尾店
2021/05/24

埼玉県上尾市 洋酒の買取|コニャック アルマニャック|古いブランデーにこそ価値があります

6:39 am

はじめに

こんにちは。海外旅行の土産品などで、飲むことなくご自宅で眠ったままの〈洋酒〉はありませんか?買取専門店『くらや上尾店』では、ブランデーやウィスキーなどの〈洋酒〉を高価買取しておりますので、お持ちの方はぜひご相談ください。

 

「古くなったお酒を飲むのは気が引ける…」という方も少なくないのではないでしょうか?実は、古いお酒の方が査定額が高いということもあるのです。

 

『くらや上尾店』では、古いお酒も買取しております。1本でのお持ち込みも大歓迎です。本数が多い場合等は、鑑定士が直接ご自宅等へお伺いし査定から買取までを行う〈出張買取〉もご利用ください。

 

上尾市だけでなく、さいたま市・桶川市・北本市・鴻巣市・行田市・川越市など近隣の市からも出張買取のご依頼を多くいただいております。遠方でもお伺いいたしますので、お気軽にご連絡ください。

 

今回は〈ブランデー〉について、その歴史や産地、ランクなどのお話をしていきたいと思います。

ブランデーとはどんなお酒?

ブランデーを「日常的に飲んでいる」という方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか?アルコール度数が高いことはもちろん、ちょっと高級感のある洋酒ですよね。

 

ブランデーとは、果実酒を蒸留した洋酒をさします。ブドウを発酵し蒸留させたお酒のことを〈ブランデー〉、リンゴ・洋ナシ・チェリーなどといった他の果実を蒸留させたお酒のことを〈フルーツ・ブランデー〉と区別するのが一般的です。

 

アルコール度数は40度以上のものがメインで、かなり強めのお酒と言えるでしょう。果実のまろやかな口あたりやふんわりとした甘い香りが特徴であるブランデーは、アルコール度数の割には飲みやすいという方も多いかもしれません。

 

ブドウを主原料とした洋酒といえば〈ワイン〉。実はワインとブランデーは親戚のような関係で、ワインを蒸留させたてできたものがブランデーなのです。

 

ワインと比べると、ブランデーに使われるブドウは糖分が少なく、酸味が強いものが求められます。またアルコール度数にも違いがあり、ワインのアルコール度数が10%~14%程度であるのに対し、ブランデーは40%~50%です。

 

蒸留させた直後のブランデーは無色透明ですが、木の樽で1年以上熟成させることによって琥珀色へと変化していきます。

ブランデーの歴史

ブランデーは、有史以前の歴史を持つワインと比べると新しいお酒です。諸説ありますが、13世紀にスペインの錬金術師で医者であった人物がワインを蒸留し、気つけ薬として珍重したという文献があります。

 

16~17世紀にヨーロッパを襲った大寒波や宗教戦争の影響でワインの品質が落ち、酸味が強くなってしまったという記録も。

 

このような状況を打開するべく、ワインを蒸留しアルコール度数を高めるという方法が編み出されます。これが大変美味しいと評判になったことがきっかけで、ブランデーが誕生することとなったのです。

 

当初はブランデヴァイン(焼いたワイン)という名で流通していたようですが、次第に〈ブランデー〉と呼ばれるようになりました。

ブランデーの産地

ブランデーの産地として有名なところは、フランス・南アフリカ・中南米・オーストラリアなどです。ブランデーはブドウから作られることが多いため、ブドウの名産地が自ずとブランデーの産地にもなります。

 

フランスの中でも、特に上質なブランデーがつくられている3つの地域をご存知でしょうか?フランスの南西部にあるコニャック市を中心とする地域、ボルドー地方南に位置するあるアルマニャック地方、フランス北部にあるノルマンディー地方とブルターニュ地方です。

 

その3つの地域でつくられたブランデーは、それぞれ〈コニャック〉〈アルマニャック〉〈カルヴァドス〉と呼ばれ、世界三大ブランデーとされています。産地によって原材料や製法はもちろん、味わいもそれぞれ個性があって違うので、お好みのブランデーを飲み比べてみるのも楽しいでしょう。

世界三大ブランデー

ここからは、世界三大ブランデーといわれる3つのブランデーついて、それぞれ深掘りしていきたいと思います。

コニャック

フランス南西部のコニャック市を中心にした地域でつくられたブランデーです。白ブドウからワインを作り、蒸留します。

コニャックの蒸留は、単式蒸留器を使用しているのが特徴です。直火での加熱と2段階で行われる蒸留でアルコール度数を高めていきます。そして、製造方法をはじめ厳しい規定をクリアした高品質なものだけが〈コニャック〉を名乗ることができ、格式の高いブランデーと称されるのです。

 

コニャックには800以上の銘柄があり、その中でも5大コニャックと呼ばれる〈ヘネシー〉〈マーテル〉〈カミュ〉〈レミーマルタン〉〈クルボアジェ〉は人気があります。ブランデーファンからも支持が高い銘柄と言えるでしょう。

 

また、コニャックには〈BNIC〉というフランスの協会が定めたランクがあります。ランクを見ればコニャックの熟成年数が分かるようになっているのです。

 

ランクは高い順に、〈Hors d’age/オルダージュ〉〈X.O.〉〈Napoleon〉〈V.S.O.P.〉〈V.S.〉〈スリースター〉の6種類に分けられています。ランクが高いほど熟成年数も高く、口あたりが良く飲みやすいのが特徴です。後ほど詳しくお話します。

6:39 am

アルマニャック

フランス西部のアルマニャック地方で作られるブランデーです。白ブドウからワインを作り、半連続式蒸溜機という機械で1度だけ蒸留させます。

 

樽に入れ熟成したのち、熟成年数の違うブランデーを調合。そうすることで深いコクをつくりだし、やや男性的と言われる力強い味を生み出しているのです。

 

通常様々な原酒がブレンドされる〈アルマニャック〉ですが、表示された収穫年のブドウだけを使ったヴィンテージ(古酒)とされるブランデーもあります。ヴィンテージ表記をする場合には10年以上の熟成期間を設ける規定があるため、希少価値の高いブランデーです。

 

ブドウの栽培面積は、コニャックの1/5程度なのだそう。生産量も少なく、その半数程度はフランス国内で消費されるため、日本国内で入手できるアルマニャックは非常に限られています。

 

アルマニャックはブドウを作る土壌によって3つの生産域に分かれているのも特徴的です。最も高級とされる〈バ・アルマニャック〉(Bas-Armagnac)、〈テナレーズ〉(Tenareze)、〈オー・アルマニャック〉(Haut-Armagnac)の3つとなっています。

 

人気の銘柄は、〈ジェラス10年〉〈マルキ・ド・コサード・ナポレオン〉〈ダローズ20年レ・グラン・アッサンブラージュ〉〈シャボーX.O.〉などです。

カルヴァドス

フランス北西部のノルマンディー地方でつくらているブランデーで、リンゴが原料となっています。リンゴからつくられる〈アップル・ブランデー〉は世界各地で販売されていますが、その中で〈カルヴァドス〉と名乗れるのはノルマンディー地方でつくられたブランデーだけです。

 

フルーティーな味わいなので、コニャックやアルマニャックに比べ飲みやすいと感じる方も多いでしょう。人気の銘柄は、〈ブラーグランソラージュ〉・〈クール・ド・リヨン ポム・プリゾニエール〉・〈デュポン オルダージュ カルヴァドス〉・〈ルモルトン レゼルヴ10年〉などがあります。

ブランデーの格付け

6:39 am

先述の通り、〈コニャック〉と〈アルマニャック〉には熟成度合を表すランクがあります。コニャックとアルマニャック以外のブランデーはこのランク基準はあてはまりませんので、ご注意ください。

コニャックのランク

コニャックは、フランスの〈全国コニャック事務局〉(BNIC)により定められた基準でランク付けされています。熟成年数の単位は〈コント〉です。

 

蒸留した年のコントは〈コント00〉とし、翌年4月1日から翌々年3月末日までを〈コント0〉と数えます。毎年4月1日を境に、コントが1つずつ上がる仕組みです。

 

コニャックは2年熟成完了にならなければ出荷できないルールがあるため、販売されているものはすべて〈コント2〉以上のランクのものとなります。

 

以下はコニャックのランクの一覧です。熟成年数によって決められ、下に行くほど、高いランクになります。

 

■スリースター・・・コント2以上
V.S.(Very Special)・・・コント2以上 (平均熟成年数4~7年)
V.S.O.P(Very Superior Old Pale)・・・コント4以上 (平均熟成年数7~10年)
Napoleon・・・コント6以上 (平均熟成年数12~15年)
X.O.(Extra Old)・・・コント10以上 (平均熟成年数20~25年)
Hors d’age・・・コント10以上 (一般的にX.O.より品質が高いとされるもの)

アルマニャックのランク

アルマニャックは、フランスの〈全国アルマニャック事務局〉(BNAI)により定められた基準でランク付けされています。コニャックと同様、〈コント〉という単位でランクが決められていますが、数え方が少し異なるので注意が必要です。

 

蒸留が終了した5月1日から翌年4月30日までを〈コント0〉とし、蒸留後の翌年5月1日から翌々年4月30日までを〈コント1〉として数えていきます。

 

■スリースター・・・コント1以上
V.S.( Very special)・・・コント2以上
V.O.(Very old)・・・コント4以上
V.S.O.P. ・・・コント4以上 (平均熟成年数5~10年)
Napoleon・・・コント5以上 (平均熟成年数5~12年)
X.O. (Extra old)・・・コント5以上 (平均熟成年数20~30年)

まとめ

今回は、日本ではややなじみの少ない〈ブランデー〉にスポットを当てお話してまいりました。ブランデーは産地や熟成年数によって価値が変動するため、よく知るためには学ぶことも必要な奥が深いお酒です。

 

ヴィンテージ(古酒)としても世界的に価値の高いブランデーですが、そのランクには非常に細かい基準があるということもお分かりいただけたでしょうか。

 

お客様のご自宅に飲まずに眠っているブランデーがありましたら、ぜひ正しい価値を知っていただきたいと思います。「ただの古いお酒でしょう?」と思っていたものが、実は希少性の高いお酒だったということも多々あるのです。

 

『くらや上尾店』には、ブランデーなど洋酒に関するプロの知識を持った鑑定士が在籍しており、ひとつひとつ丁寧に査定して高価買取を行っています。捨てるに捨てられず保管したままの洋酒がありましたら、ぜひ『くらや上尾店』までお問合せください。

 

相談・査定・出張費用は無料です。お客様からのお電話・ご来店を心よりお待ちしております。

 

 

↓↓ くらや 上尾店はこちらです ↓↓
埼玉県上尾市でブランデーやウィスキーなど洋酒の高価買取

 

<対応エリア>
埼玉県
上尾市、さいたま市、桶川市、北本市、鴻巣市、加須市、久喜市、幸手市、蓮田市、春日部市、白岡市、越谷市、吉川市、戸田市、蕨市、川口市、草加市、三郷市、八潮市、ふじみ野市、富士見市、志木市、朝霞市、和光市、新座市、所沢市、狭山市、入間市、日高市、飯能市、川越市、鶴ヶ島市、坂戸市、東松山市、羽生市、行田市、熊谷市、深谷市、本庄市、伊奈町、宮代町、杉戸町、松伏町、三芳町、毛呂山町、越生町、鳩山町、川島町、吉見町、滑川町、嵐山町、小川町、ときがわ町、東秩父村、横瀬町、小鹿野町、皆野町、神川町、長瀞町、寄居町、三里町、上里町

 

周辺町村の方もどうぞ

 

店舗:くらや 上尾店
住所:埼玉県上尾市仲町1-7-25
電話:048-782-6611
営業時間:10:00~19:00
定休日:なし(年末年始を除く)

一覧に戻る

この店舗別買取ブログ

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定