お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

金鵄勲章・・・戦前の日本の勲章

功七級金鵄勲章

(写真)功七級金鵄章

金鵄勲章とは

金鵄勲章は、1890年(明治23年)の紀元節(2月11日)に、明治天皇が発した「金鵄勲章創設ノ詔勅」によって創設され、同日に「金鵄勲章ノ等級製式及佩用式」によってその製式等が定められました。「武功抜群ナル者」を、「功一級」から「功七級」まで7等級の功級に叙した上で、勲章を授与しました。 画像は功七級金鵄勲章です。
デザインは神武天皇が東征のみぎりに金色の霊鵄が弓にとまり、長髄彦の軍勢がそれに目が眩んで降参したという逸話に基づいています。赤色七宝の旭光の上に金色の霊鵄を配し、下に大神宮の盾、矛、剣を配した物です。功級により金鍍金の範囲が異なりますが、ほとんどの等級で意匠は同一のものになっています。裏面の装飾はありません。功一級の副章及び功二級の正章のみ、斜めの旭光部分に黄色七宝が用いられています。
受章対象は軍人軍属のみでかつ相応の戦功がなくては授与されず、大将や皇族軍人といえども相応の武功がなければ授与されなかった貴重な勲章です。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定