お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

筆について

毛の種類
剛毛(馬、山馬、狸、鼬、鹿など)

・馬毛…「天尾」は馬の尻尾の付け根辺りの毛で剛毛筆の高級筆。

・山馬毛…東南アジアに生息する水鹿の一種の毛。今日では良いものは入手困難な為高価。

・狸毫…狸の毛で高級品。

・鼬毫…鼬の毛で高級原料として使われる。

・狼毫…中国北方に棲息する鼬の一種の尻尾。

柔毛(羊・猫・兎など)

・羊毛…中国の江南地方に生息する山羊の毛。

「羊毫」「純羊毫」「純白羊毛」に分けられる。

「宿浄純羊毫」「細光鋒」「細微光鋒」「細光鋒」「粗光鋒」など純羊毫でできた筆は高価。

・玉毛…猫の毛。毛質に粘りがあり、あたりがソフトで鋒先が利く。

・紫毫…ほとんどが野ウサギの毛。

中国では紀元前から原料として使用されており、兎の中で一番良い毛とされている。

兎により黒、うす茶などの色がある。日本での常識的な表現は黒色。

「精制大七紫三羊」「選豪円健」などの原毛に使われることが多い。

・白毫…白ウサギの毛。

代表的な唐筆には「写巻」「下筆春蚕食葉声」がある。

剛毛で弾力の強い筆の中でも特に強い部類に入る。

兼毛(剛毛と柔毛の混合)

狸・鹿・馬毛の毛。組み合わせにより兼剛、柔毛の筆になる。

筆の硬さでは硬いほうに属し、筆先の戻りも良いので初心者に向いている。

リスなどの赤毛や黒い毛の筆が多いが中には白色のものもある。

鼬やコリンスキーに馬尾脇などを混ぜ書道家向けの筆も作られている。

筆選びのポイント

明時代の屠隆は良筆の条件を言い表すのに「尖」「斉」「円」「健」を筆の四徳として言い表している。

「尖」穂先の部分がとがっていること。

「斉」穂先全体がよく整っていること。

「円」穂全体がきちっとした円錐形になっていること。

「健」穂先の腰の弾力がほどよく、筆運びがスムーズであること。

分類

毛…馬毛、山羊毛、狸毛、鹿毛、羊毛、玉毛など

形…長鋒、中鋒、短鋒

産地…唐筆(中国製)、和筆(日本製)

穂先…鋭く尖り、毛先が揃っていて、角がなくしっかりしている形の筆が良い

唐筆

唐筆製作の伝習により製作される中国製の筆。

獣毛を使って現在のような筆を作ったのは秦時代の蒙恬将軍。

管を枯木、柱を鹿毛、被を羊毛で造った筆を始皇帝に献上したのが始まり。

1956年に国営上海工芸が設立され、李鼎和の名柄を中心に名称を変更して製造を開始した

(工房・製造商)

李鼎和、上海工芸、善璉湖筆厰、杭州武林卲芝厳筆荘、中国工藝、戴月軒、金閣、北京湖筆店、蘇州湖筆厰、老周虎臣筆墨荘、善璉湖筆二廠、善璉集芸斎湖筆有限公司、北京李福寿など

(銘柄・商標)

双羊牌、金鼎牌、火炬牌、大極牌、宿浄純羊毫、仿蘭蕊式宿凈純羊毫、京さ、二號鶴甲、加料條幅、選毫圓健、蘭蕊羊毫など

和筆

日本の三筆(平安時代初期)…空海、嵯峨天皇、橘逸勢。日本書道史上最も優れていた能書家

寛永の三筆(江戸時代初期)…本阿弥光悦、近衛信尹、松花堂昭乗

平安時代の三跡…小野道風、藤原行成、藤原佐理

世尊寺流の三筆…藤原行成、世尊寺行能、世尊寺行尹

黄檗の三筆…隠元隆琦、木庵性瑫、即非如一(江戸時代に来朝した黄檗宗の僧)

幕末の三筆…市河米庵、貫名菘翁、巻菱湖

明治の三筆…日下部鳴鶴、中林梧竹、巌谷一六

(生産地)

熊野筆…広島県熊野町。全国の筆の80%が生産されている

川尻筆…広島県川尻町。現在、全国シェアの約20%を生産

江戸筆…練り混ぜ法(元禄時代、細井広沢によって確立された手法)で明治5年、学制発布と共に広まった

豊橋筆…水を使い練り混ぜを行う為、墨吸が良く墨はけが遅いが墨になじみやすいため書き味が良い

仙台御筆…宮城県仙台市。宮城野萩を軸に作らており、竹軸より少し重いが手になじむ

奈良筆…獣毛(馬、狸、羊、鹿など)を使い練り混ぜ法で作られている

固め筆…関西。筆先の半分から3分の2を崩して使う

捌き筆…東京・新潟・仙台。軸際まで墨を付けて使う

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA