お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

中国清代家具(清時代~1920年)について

清代家具とは

明のスタイルを受け継ぎ、様々な種類の木材、技術を使い装飾した家具。
西洋文化の影響を受け中国と西洋の二つのスタイルを混合した家具。

乾隆帝時代に入り、明式家具が消え、皇宮の要求に応えるため豪華なデザインの広式家具(広州製))が現われた。
明時代は室内が暗かった為、淡い色調の黄花梨木製家具が多く作られたが、清時代に入り紫檀製家具が作られるようになった。

歴史背景

明時代終わり頃から、伝道師が西洋の文化、宗教を中国に持ち込み、ルネッサンスの影響を受けた家具が作られるようになった。

明式家具の特徴

彫刻技術が家具の製作に使われるようになった

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA