お役立ち情報
骨董品
2018/11/22

大坂弘道【人間国宝/木工芸】

大坂弘道(おおさかひろみち)

 

大坂弘道は19372月に

 

鳥取県倉吉市にて生まれました。

 

22歳で東京学芸大学美術科を卒業すると

 

美術教師の道へ進み、木工に関する技術を

 

独学で取得しています。

 

30代半ばからは木工芸家の本橋玉斎から教えを受け

 

その後唐木細工や指物の技術を

 

氷見晃堂や竹内碧外に師事する事で

 

習得していきました。

 

その後41歳からは2年連続で

 

日本伝統工芸展にて賞を受賞し

 

1984年になると正倉院宝物 紫檀木画箱の

 

複製作業を任せられるまでとなっています。

 

この頃には教師を辞め、創作活動に専念して行きました。

 

そして1997年、60歳のときに人間国宝に認定され、

 

現在に至ります。

 

 

 

功績

 

大坂弘道の活動履歴で特に注目されているのは

 

正倉院宝物 紫檀木画箱の複製作業に務めた事です。

 

その作業を宮内庁から依頼されたのは

 

もちろん氏自身の技術による所があります。

 

大坂弘道の場合は複雑な模様の木画の上から

 

水晶や金銀、象牙などを当て込む技術に優れており

 

複雑な作業を要する木画箱に適していました。

 

とは言え大坂弘道の技術をもってしても

 

紫檀木画箱の複製は容易なことではなく

 

木画箱の構造調査には7年もの時間を費やしています。

 

複製作業の中には、必要な象牙や角、木材や金属、

 

膠などの材質を割り出す

 

繊細な作業なども含まれました。

 

また複製の中では幅1cmの模様のために

 

30枚もの細片を使う事が分かるなど

 

正倉院宝物 紫檀木画箱の技法全体の究明にも

 

貢献しました。

 

 

 

技法

 

また正倉院宝物 紫檀木画箱の複製にあたって

 

鉱物の一種である錫が使われている事が判明した事は

 

大坂弘道の作品にも影響を与えました。

 

錫は花鳥作品や唐草文様として使われ

 

錫の源流を探る事に繋ります。

 

大坂弘道自身の作品でも糸鋸での透かし彫りや

 

嵌荘技法に発展していきました。

 

 

 

近年、作品発表が見られなかった大坂弘道

 

大坂弘道は練馬区立美術館にて

 

201211月から20132月にかけて、

 

「人間国宝大坂弘道展 正倉院から甦った珠玉の木工芸」

 

を展示しました。

 

この展示は大坂弘道の作品を愛する者には

 

貴重な催し物となっています。

 

と言うのも、大坂弘道は2003年から

 

作品の制作はしていても、販売の形含めて

 

世に出すことはありませんでした。

 

拘り主義のために、大坂弘道の作品は

 

年に二回ほどしか完成しないと言われています。

 

2003年から約9年間で作ったおよそ20作品が

 

ここで初めて見られ、改めて大坂弘道の技術の高さが

 

伺えるようになりました。

 

 

 

一覧に戻る

片づけ始める前にご相談ください

賢い遺品整理・蔵整理

眠っている品物に思わぬ価値がある場合があります。

遺品整理業者・リサイクル業者は、骨董美術品類に高額をつけることはできません。

さらに処分費もかかります。無料査定・買取で賢い遺品整理・蔵整理をお勧めいたします。

  • KURAYAにご相談ください

    • どのように物が売れるのか知りたい
    • 骨董品などの遺品整理に困っている

    買取専門店KURAYAは,骨董品,金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、ダイヤモンド、切手、古銭、勲章、日本刀・鎧兜、掛け軸・絵画、版画、おもちゃ・ノベルティ、 高級食器、珊瑚、翡翠・鼈甲・琥珀、カメラ、鉄道模型,、着物・小物、鉄瓶・茶道具 ,墨・書道具など確かな目で高額買取いたします。

    買取専門店くらやは、新しいもの・古いもの、どんなお品も対象に鑑定する買取専門店としてオープンいたしました。貴金属・ブランド品買取をはじめとし、 古物・切手の買取・骨董品の買取に力をいれております。 ご自宅に眠っている貴金属・ブランド品・骨董品などはございませんか?古物・貴金属・ブランド品などを整理したい方、 現金が必要な方、お引越しで荷物を整理したい方、遺品整理、古い蔵を取り壊して中身を処分したい方など、様々なお客様からご利用いただいております。

査定・買取依頼する
簡易WEB査定