お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

清水卯一【人間国宝】

清水卯一(しみずういち)

 

清水卯一は、中国の鉄釉や柿釉の技術を研究し

 

制作した作品で有名となり

 

人間国宝に認定された陶芸家です。

 

日本伝統工芸展に自身の作品を出品して

 

注目を集めるようになってからは、

 

ブリュッセル万国博覧会でグランプリを受賞するなど

 

国内外から高い評価を受けました。

 

晩年には病気に悩まされながらも

 

亡くなる直前まで古典の作品を作ると口にしており

 

誰よりも陶芸を愛した陶芸家でした。

 

 

清水卯一とは

 

清水卯一は1925年に京都で生まれました。

 

彼の家は陶工に関わる職人を束ねていた

 

陶器卸問屋をしており

 

幼いうちから陶芸に触れた生活を送っていました。

 

卯一が11歳の時に父は病死してしまい

 

家業を継ぐために立命館商業学校に入学しました。

 

しかし次第に陶芸に興味を持ち、学校に行かなくなると

 

卯一は近隣のろくろ師の家に通うようになります。

 

これに困った親は、卯一をのちに初代人間国宝となる

 

石黒宗磨のもとに弟子入りさせることを決め、

 

陶芸を本格的に学ばせました。

 

石黒宗磨のもとで卯一は、中国陶芸を学んでいきます。

 

しかし、戦時中により石黒のもとに通い続けることが

 

困難になった卯一は、やがて

 

石黒の弟子としての道をあきらめました。

 

その後、国立京都陶磁器試験場伝習生を経て

 

京都市工業研究所窯業部の助手になり

 

終戦を機に自宅に仕事場を設けて

 

本格的に陶工として歩み始めたのです。

 

1970年には

 

京都から滋賀県滋賀郡の蓬莱山のふもとに移り

 

新たに窯を開きました。

 

ここでは、陶器の原料となる土や石を

 

全て蓬莱でとれたものだけを利用するという

 

こだわりを持って作品を作っています。

 

そして、1985年、鉄釉陶器が認められた卯一は

 

人間国宝の認定を受けたのでした。

 

 

清水卯一の作品の特徴

 

清水卯一は「感激一瞬」を人生のテーマに

 

作品を作り続け

 

人々の心に感動を与える作品を追求していきました。

 

戦後まもなく、人々の生活が困難だった時代には

 

温かみのある陶器を見て心を癒してほしいとの願いから

 

「柚子肌釉」を使った

 

優しい味わいの作品を作るようになりました。

 

柚子肌釉を用いた陶器は名前の通り

 

柚子のような質感が出て

 

温かみのある作品となります。

 

また、石黒宗磨のもとで修業していたこともあり

 

鉄釉を用いた渋い黒や茶色の、味のある作品も

 

多数制作しました。

 

 

代表作

 

清水卯一の作品として有名なものに

 

「鉄釉大鉢と小鉢」や

 

「蓬莱磁彫刻花文花瓶」などがあります。

 

「鉄釉大鉢と小鉢」はシンプルなデザインに

 

素朴ながらも美しい鉄釉の輝きが映え、

 

思わず見とれてしまうような作品です。

 

また、原料の全てを蓬莱山から調達して作った作品は

 

蓬莱の名前が作品につけられており、

 

蓬莱磁彫刻花文花瓶もそのうちの一つとなります。

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA