お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

リシャール ミル(RICHARD MILLE)の成り立ちと代表作

リシャール ミルとは

1999年スイスにて創業。高級時計の中でも最も高い部類の時計を生産する。その価格帯は500万円から数千万円するコレクションもある。

時計の歴史

2001年「RM001」を発表。

 

リシャール ミルRM001⑳

「RM001」

 

文字盤を取ってしまったかのようなデザインで機械の動きが見える時計で、メカニカルであり近未来的なデザインが注目を集める。時計に関してはオーデマ ピゲの傘下の「ルノ・エ・パピ」社が製作。一流の職人が関わり、技術的な部分でもトップクラスで、トゥールビヨンを搭載した時計、動きに合わせて巻き上げ効率を調整する「可変慣性モーメント・ローター」など独自機能も発表。非常に高い技術力に加え、耐久性が高いことでも有名。

高級時計作成の基本スタンスを無視して、現代の最新科学を最大限に活用して、ハイテクなやり方で時計を作成。厳選された素材を最高の環境と技術で加工することで時計を作成しており、その機能性や高級感は決して他の高級時計メーカーに劣るものではない。

 

リシャール ミルRM055⑳

「RM055」

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA