お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

セイコー(SEIKO)の成り立ちと代表作

セイコー誕生の歴史

1881年、「服部時計店」を創業。創業当初は中古時計の修理と販売から事業を開始し、1892年に時計製造工場「精工舎」が設立されました。 当初は人力による原始的な工作機械により製造を行なっていました。工場設立から約2ヶ月後には、掛時計1ダースの製造に成功しました。1894年に日清戦争による好景気に後押しされ、生産能力が著しく向上し、業績を伸ばしました。

時計の歴史

懐中時計の開発に着手。1895年、初の懐中時計「タイムキーパー」が完成しました。

1913年、まだ懐中時計が主流だった時代、やがて来るであろう腕時計の時代に備え、腕時計の試作・研究を続けました。そして、国産初となる腕時計「ローレル」が完成しました。当時の技術では小さい腕時計の製造は困難を極め、懐中時計の生産が1日200個程度に対し、「ローレル」は1日30個程度の生産が限度だったといわれています。

1929年、国産時計として高い性能が認められ、鉄道時計に指定された懐中時計「セイコーシャ」を製造。また、電話交換手が通話時間を計るために使用した交換時計としても採用されました。1937年、精工舎は腕時計の生産増強を図るため、腕時計部門を切り離し、新会社「第二精工舎(亀戸)」を設立する。しかし、日中戦争、1939年の第二次世界大戦、1941年の太平洋戦争と戦局は急を告げ、精工舎・第二精工舎ともに本格的に兵器類の生産に移行せざるを得ず、民間用時計の生産は年を追って減少。終戦の年の1945年にはほぼ生産中止状態でした。 戦後、日本政府は「民需品の生産力の回復」を最優先課題とし、「輸出立国」を基本とした行政施策をとりました。軽工業の時計産業は優先的な位置づけとなり、官・学共同の品質向上の支援が続けられました。 また、1948年から通産省が実施した国産時計品質比較審査会をきっかけに国産時計の品質が一段と向上することになりました。

1956年、紳士用機械式時計「マーベル」を商品化。セイコーが初めて独自設計した製品で、腕時計の原理原則(狂わない、壊れない、美しい)に立ち返り、新しい設計方針と生産技術設備の導入により開発されました。1959年、「マーベル」をベースにさらに高精度を追及した「クラウン」を開発。 1960年、クラウンをベースにさらなる高精度化のために、部品精度・組立技術・調整技術のすべてを注ぎ込んで誕生したのが「初代グランドセイコー」です。 当時の世界最高の精度基準(国際クロノメータ検査基準(B.O)優秀級規格)より、厳しいグランドセイコー規格を作り、名実ともに世界最高峰の腕時計としての地位を現在でも確立しています。

 

セイコーグランドセイコー⑩

「グランドセイコー」

 

1963年、「セイコースポーツマチックファイブ」を商品化。マジックレバーと呼ばれる独自の自動巻機構、防水構造、すっきり見やすい日曜一体窓、切れないゼンマイや耐衝撃構造の搭載等、当時としては革新的な技術・要素を盛り込むみ大ヒットとなりました。 また翌1964年、東京オリンピックの公式計時を担当したことにより、世界的にセイコーの認知度が高まり、ファイブは海外でも大きく売り上げを伸ばすことになりました。 1969年に世界初のクオーツ腕時計「セイコークオーツアストロン35SQ」を発売。価格が45万円と当時の大衆車と同等の価格でした。 後にセイコー方式に収斂し世界標準方式となり、セイコーの技術の卓越性と先見性が証明されることになりました。

 

セイコーアストロン⑩

「アストロン」

 

1973年、世界初のデジタルクオーツを発売。セイコーが現在の主流となっているFE方式液晶を搭載しました。1975年には世界初の多機能(クロノグラフ付き)デジタルクオーツ0634を発売。1977年にはソーラー発電時計を発売。アラームクロノグラフ付きデジタルクオーツA159を商品化し多機能化が促進しました。

1988年、腕の動きで発電する世界初で唯一の自動巻発電クオーツ「キネティック」を商品化。以降改良が加えられ、現在では、腕から外すと自動的に節電モードに入り、動きが加わると、あたかも眠りから覚めたように針が動き出し、正確な時刻を表示する「オートリレー」機能を搭載するなど、着実に進化を遂げています。

1990年代に入り、標準電波(時刻信号)を受信して、電波の時間標準源である原子時計の時刻に合わせる電波修正時計が開発。日本の標準電波の送信局は、福島県大鷹鳥谷山(送信周波数40kHz)と福岡・佐賀県の県境に位置する羽金山(送信周波数60kHz)の2か所でほぼ日本全国をカバーしています。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定