お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

エルメス(HERMES)の成り立ちと代表作

時計の歴史

1920年、ジャガー・ルクルトやユニバーサルなどの時計メーカとの共同作業で時計を作成したのが始まりです。 1927年に革を使った「ベルトウォッチ」を発表。ベルトウォッチはゴルファー向けに作られた時計で、ウエストベルトのバックルに時計の文字盤を隠して衝撃から時計を守るというアイディアから生まれました。 1978年にはスイスのピエンヌでエルメスの時計専門の子会社「ラ・モントル・エルメス」を設立させ、本格的に時計の製作に乗り出しました。

9世紀の帆船の窓を模した文字盤と、ブレス部分に「H」をあしらった時計「クリッパー」シリーズや、ケリーバッグの正面に用いられている南京錠と同じ形の文字盤をあしらった「ケリー」シリーズ、そして「H」を模した長方形の文字盤が特徴的な「Hウォッチ」シリーズは、一目見たらエルメスと分かる特徴的なものです。

 

エルメスクリッパー㉒ エルメスHウォッチ㉒

左「クリッパー」 右「Hウォッチ」

 

また、エルメスの時計作りのコンセプトは「美しい作品にも機能が伴っていなければならない」、実用性ばかりでなく、ユーモアや遊び心も忘れないデザインから年齢を問わず多くの人々に支持され人気があります。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA
査定・買取依頼する
簡易WEB査定