買取実績

  • TOP
  • 買取実績
水戸駅前店
刀・鎧

土屋安親 象文小柄

買取店舗 水戸駅前店
カテゴリー 刀・鎧
買取ポイント 江戸中期の装剣金工師、土屋安親の小柄をお買取りしました。 奈良利寿・杉浦乗意と共に、奈良三作として珍重された一人です。 表面は魚々子地、象文様金銀象嵌細工、裏面に鼠の彫刻が施されていました。 とても細工の良いもので意匠も面白いため精一杯評価させていただきました。

《土屋安親》略歴

1670年 出羽国田川郡鶴ヶ岡城下に、庄内藩士の子として出生。
1703年 江戸神田に居を構え、同郷の珍久の師・奈良辰政に師事。
1711年 この頃、奥州守山藩藩主・松平大学頭頼貞に仕え、頼貞好みの刀装具を制作。
以降も鐔、縁頭、目貫、小柄など数々の作品を残しています。
代表作は重要文化財「浜松千鳥図鐔」、重要美術品「竜図鐔」、重要文化財「豊干禅師図鐔」等。
1744年 逝去。

買取金額 200,000円
ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA