お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

良質の硯とは??

硯とは

瓦、石等が原料で墨を水で磨りおろすために使う道具で、古来から文房四宝の王者と言われてきました。
産地によって、和硯(国産)と唐硯(中国産)に分けられます。
また、硯は作硯されてからの年月によって新硯、古硯に分けられます。
【古硯】
最低でも100年以上(中国では清時代末以前)経っているもののことを指します。
また、新古の中間的なものを旧硯と呼ぶこともあります。

硯箱
硯及び附属する道具を収める箱。桐や花梨でできているものが多く見られます。

墨池
墨を溜める窪み(海)のことを指します。

墨堂
墨を磨る部分を(丘)といいます。

墨の中でも、松花江緑石硯、紅糸石硯、陶硯などは墨の降り方、発墨が優れており高価に取引されるものもあります。

良質な石質とは

良質な石質とは硬くてツルツルしていない。石の粒子が細かい。磨った時に墨と石質が混じらないもののことを指します。
石の中の鋒鋩がほどよく混じり合い、ほどよい硬さで石質が溶けることなく墨がおろせるのが特徴です。

和硯(日本産硯)の種類について

和硯について

国の伝統的工芸品に指定されているのは、雄勝硯(宮城県)と赤間硯(山口県)の2つ。

雄勝硯

【産地】宮城県桃生郡雄勝町
【材料】粘板岩(雄勝石、玄昌石) で不純物の無い肌がきめ細かい石。天然漆。キレイな墨をすることができる
【石質】雨畑石よりやや柔らかい
【技法】荒彫り、ふち立て、加飾彫り、仕上げみがき

雨畑硯

日本を代表する硯の一つで、別名「和端渓」「雨畑真石硯」とも言われる。
【産地】山梨県南巨摩郡早川町雨畑区
【歴史】元禄時代頃が始まりと言われている
【色】蒼黒、淡青、紫色の3色、大半は黒色
【石質】緻密な粘板岩で粒子が細かく硯に一番適している。磨墨、発墨が良い

玄昌石硯

現在、一番多く作られている硯で、年間の生産高の約9割を占めている。実用、学童用が多い

土佐硯

墨色が鮮やかで愛硯家の間では「日本一」 と称賛されている名品。
【産地】高知県幡多郡三原村
【色】青黒色で特殊な銅粉を含み金星が見られる
【石質】黒色粘板岩で磨墨に優れ溌墨も良く 墨のおり具合がほどよい

那智硯

【産地】三重県熊野市神川町神上
【石質】鋒鋩(石に含まれる細かい粒子)がきめ細かい。磨墨の速さは遅いが鮮明で美しい墨色が得られる。

唐硯(中国硯)の種類について

唐硯について

【代表的な硯】

端渓硯

肇慶(中国広東省広州辺りにある町)に西江という河が臨んでおりそこに注ぐ谷川を端渓といい、ここで採れる石を使った硯。
○種類
・老坑…最高級の硯材。一定の範囲から産出する硯材のみを「水巖」という。
・坑仔坑…老坑の次にいい硯材。
・麻仔坑…かつて老坑に匹敵するといわれた硯材。
・宋坑…宋時代に開発開始し比較的安い硯材。
緑端渓…比較的長い歴史をもつ端渓硯のひとつ。
白端渓…幻の硯と呼ばれている。名前の通り白色の端渓硯。

歙州硯

端渓硯と並ぶ名硯。
歙県で採れる石を使った硯。羅紋が特徴。
採石期間が短い為現存する硯は少ない。端渓硯の約5%程度と言われている。
鋒鋩がやや粗く、凹凸は鋭く深く大小不同に分布しており磨墨が早い。

洮河緑石硯

北宋中期甘粛省洮県の洮河の深底から採石された硯。
端渓硯を超える名硯とされるが河の氾濫により採石場所が不明となったため、短期間で途絶えた。
現存するものは極めて貴重であり入手はほぼ不可能。現在販売されている端渓緑石、新洮河緑石などは全くの別物。

澄泥硯

江河の砂や泥を使い作られた硯。
唐墨と相性が良い為、超濃墨や超淡墨での作成に最適とされている。
砂の違い、焼成の温度と時間によって色調が変わり七種類に分類される。
【種類】
緑豆砂・・・くすんだ緑色に青が混ざっており小さな斑点がある。鱔魚黄の次に質が良い
蟹殻青・・・灰蒼色、青黒色
玫瑰紫・・・玫瑰(はまなす)のようなくすんだ紫色
蝦頭紅・・・茹でエビのような赤色に少し青色の層がある
魚肚白・・・魚の腹側のような紅白色
豆辨砂・・・黄色に大きい斑点
鱔魚黄・・・くすんだ黄色、ベージュ。一番質が良い。

価値のある「硯」の形・良い条件・選ぶポイント

硯の形、条件、選ぶポイント

硯は形状により、様々な種類があります。
・長方硯
・円硯
・方硯
・板硯
・天然硯
・太史硯
・挿手硯

良い条件

・よく磨れること
・筆を傷めない
・安定感があり、ぐらつかない
・硬さが適当で、摩滅しない
・色艶がよい

選ぶポイント

・使いやすさ・耐久性・機能性

新版画(大正時代~昭和初期頃の木版画)について

明治30年前後から昭和初期に江戸時代の浮世絵版画と同じ技法をいかし、版元を中心に彫師、絵師、摺師の分業によって作られ描かれた木版画のことをいいます。
大正版画ともいわれます。

歴史

江戸時代全盛だった浮世絵版画も日清戦争(明治27年)後に力を失い、明治30~40年代頃に衰退していきました。
しかし、大正初期、渡邊庄三郎(浮世絵商)が版元になり伝統的な浮世絵版画の良さをいかし、彫師、絵師、摺師の分業による新しい版画作り(大正新版画運動)を目指し、その考えに賛同したチャールズ・ウィリアム・バートレット、フリッツ・カペラリ、エリザベス・キースらなど外国作家の作品を翻刻しました。

【主な動き】
・大正時代、渡辺版画店(明治39年創業)が高橋弘明に輸出用の木版画(山水人物画)を要請し販売し出した。
・大正4年、橋口五葉が下絵を制作し、大正5年、渡辺版画店より新版画の1作目「浴場の女」を版行
・大正5年、伊東深水は渡辺版画店より第1作「対鏡」を版行、名取春仙が「鴈治郎の紙屋治兵衛」(役者絵)を版行
・大正7年、川瀬巴水が第1作目「塩原畑下り」「塩原おかね路」(風景版画)を版行
・大正7年、中島青果堂(版元)が美人版画「郭の春秋」を刊行
・大正10年、吉田博が渡辺版画店より第1作目「牧場の午後」を版行。
・大正14年、私家版にて作成開始。
橋口五葉も私家版による作品を制作している。
私家版…自らの工房を開設し全てを監修し作品を発表すること。
大正14年、佐藤章太郎(版元)より三木翠山、吉川観方が美人画を版行
<主な作家>
橋口五葉、伊東深水(美人版画)、川瀬巴水(風景版画)、名取春仙(役者絵版画)、
山村耕花(役者絵版画)、吉田博(風景、山岳画家)、高橋松亭など
<新版画の制作に携わった人物>
土屋光逸、高橋弘明、伊藤孝之、石渡江逸、笠松紫浪、井出岳水、楢崎栄昭、小原祥邨、北川一雄、古屋台軒など
成田守兼(美人画)、華泉(美人画)、渡辺幾春(美人画)
小林清親…豊原国周、月岡芳年と共に明治浮世絵界の三傑のひとりに数えられる。
「明治の広重」「最後の浮世絵師」といわれた。

<版元>
土井版画店…大正時代開業。川瀬巴水、土屋光逸、ノエル・ヌエットの作品を版行。
渡辺版画店、アダチ版画研究所、高見沢木版社、日本版画研究所、馬場静山堂、
芸艸堂(京都)、京都版画院(京都)、まつ九(京都)
西宮書院(兵庫)…山川秀峰、和田三造、大野麦風などの作家作品を発表している

木版画(伝統木版画、創作版画)について

木版画とは

彫板、板木、版木、摺り形木、形木などと呼ばれる原版に彫刻刀などで溝を彫り凹凸を付け作られた凸版画のことをいいます。

現在知られている最古の木版画は、唐時代(866年)に作られた金剛般若経の扉絵(中国敦煌)といわれています。
世界最古の木版による印刷物として知られているのが法隆寺に保存されている「百万塔陀羅尼文」です。

木版画の種類
伝統木版画

江戸時代、東洲斎写楽などの版画のほとんどが木版画
安定した画を維持する為印刷数を制限し、シリアル番号などを付けて版数を管理する方法。竹中木版竹笹堂(京都)、アダチ伝統木版画保存財団(東京)が浮世絵の復刻版を制作されています。

創作版画

自ら絵を描く、彫る、摺る自刻版画
明治40年山本鼎、森田恒友、石井柏亭が刀画と称していた自刻版画「方寸」を発刊し創作版画運動を始めました。
※他に創作版画を作成した人物…石井鶴三、戸張孤雁、織田一磨、石井柏亭の弟
石井鶴三…「版画」という名称を使った先駆けの一人。明治38年「平旦」(山本鼎との同人誌)に「虎」を発表。
織田一磨…明治40年、第1回文展に入選、「方寸」で創作版画活動に加わる。大正7年日本創作版画協会設立に関わる。
石井柏亭…中島青果堂(版元)より「東京十二景」を版行
戸張孤雁、織田一磨、石井柏亭は彫師、絵師、摺師の分業による新版画作品も発表している。

3 / 3123
ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA