お役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報

木版画(伝統木版画、創作版画)について

木版画とは

彫板、板木、版木、摺り形木、形木などと呼ばれる原版に彫刻刀などで溝を彫り凹凸を付け作られた凸版画のことをいいます。

現在知られている最古の木版画は、唐時代(866年)に作られた金剛般若経の扉絵(中国敦煌)といわれています。
世界最古の木版による印刷物として知られているのが法隆寺に保存されている「百万塔陀羅尼文」です。

木版画の種類
伝統木版画

江戸時代、東洲斎写楽などの版画のほとんどが木版画
安定した画を維持する為印刷数を制限し、シリアル番号などを付けて版数を管理する方法。竹中木版竹笹堂(京都)、アダチ伝統木版画保存財団(東京)が浮世絵の復刻版を制作されています。

創作版画

自ら絵を描く、彫る、摺る自刻版画
明治40年山本鼎、森田恒友、石井柏亭が刀画と称していた自刻版画「方寸」を発刊し創作版画運動を始めました。
※他に創作版画を作成した人物…石井鶴三、戸張孤雁、織田一磨、石井柏亭の弟
石井鶴三…「版画」という名称を使った先駆けの一人。明治38年「平旦」(山本鼎との同人誌)に「虎」を発表。
織田一磨…明治40年、第1回文展に入選、「方寸」で創作版画活動に加わる。大正7年日本創作版画協会設立に関わる。
石井柏亭…中島青果堂(版元)より「東京十二景」を版行
戸張孤雁、織田一磨、石井柏亭は彫師、絵師、摺師の分業による新版画作品も発表している。

ご相談お気軽にお問い合わせください

買取品目

買取品目

LINE査定・WEB査定
買取専門店KURAYA